【2019年度版】登山ガイドにアンケート すごい道具ランキング【BEST100】




こんにちは、寝袋!です。

先日、山仲間たちとお酒を飲んでいた席で、ふと、こんな話題になりました。

「最近、山の道具で凄いものあった?」

みんな、普段はあまり道具のことは気にしていないようだったのに、出てくる出てくる。

登山ガイドもこうなると、やっぱり1人の山好きの顔に戻るものです。

定番なモノから、聞いたこともないモノまで。

ウェアなどの必須アイテムから、「そんなものいらないだろ」というオマケもありました。

あまり興味はないかもしれませんが、お茶など飲みながら、暇つぶしにでも読んでください。

題して、

登山ガイドにアンケート! すごい登山道具BEST100! 全ジャンル混在ランキング

目次

登山ガイドアンケートの方法

じつは、話が盛り上がりすぎて、1回では終わらず(それでも3時間はやったかな?)、翌日も少し続きをやりました。

こういう山談義も面白いものです。

参加者

  • 北海道の山岳ガイド・・・3名
  • 中部北陸の山岳ガイド・・・1名
  • 一般登山関係者・・・4名

アンケート方式

「なんでもいいから、気に入ったものを教えてよ!」

という、ざっくばらんなアンケートです。

「ああ、あれは外せないね」

とみんなが一致するものもあれば、

「なんだそれは?」

と、本人以外は誰も知らないものもありました。

私もメモっていましたが、よくわからず、名前だけ書いたものもいくつかあります。

ランキング?

ランキングと書きましたが、100個にまとめるだけで精一杯で、順位付けはしていません。

だって、ジャンルもバラバラですし。

ただ、ネタ的な意味で入れたものはありません。

みなさん真面目に考えたものばかりです。

ウェアや登山靴、ザックなど、各ジャンルに分けて書き出してみました。

それでは、どうぞ。

ウェア部門

ウィックロンクールジップシャツ(モンベル)

速乾性能が優れている安価なTシャツ。山でよく見かけます。

スキンメッシュ(ファイントラック)

元祖ドライレイヤー。

ドライナミックメッシュ(ミレー)

「ミレーのアミアミ」というだけで通用するほど有名になりました。

R1プルオーバー(パタゴニア)

フリースの超定番。レギュレーターフリースという名は伊達じゃない。

R1フーディー(パタゴニア)

R1のフーディー版。クライミングではこちらを重宝する人が多いです。

フェーズシリーズ(アークテリクス)

最高峰のベースレイヤーとして評判。値段も評判。

オアシス デラックスラグラン クルー200(アイスブレーカー)

縦走でもぜんぜん臭くならない、すごいベースレイヤーです。

プラズマ1000ダウンジャケット(モンベル)

モンベルのダウンの質は高いです。

ナノエアフーディー(パタゴニア)

登山界に革命を起こしたアイテム。亜種も多いですが、厳冬期は元祖がいい。

Typhon50000ST(ミレー)

ミレーが送り込んできた新種の防水ジャケット。

マイクロパフフーディー(パタゴニア)

ダウン並の軽さを実現した化繊インサレーションの防寒着。ナノパフを過去のものにするか?

レインテックスプラズマ(ノースフェイス)

ノースフェイスの軽量レインウェア。

ヘリウム2(アウトドアリサーチ)

軽量レインウェアというと、これが先鋒でした。

メリノ250ベースレイヤー(スマートウール)

スマートウール社のメリノウールは評判がいいですね。

フーディニジャケット(パタゴニア)

定番にして不動のウインドブレーカー。

ボアフード(ホグロフス)

ホグロフスのミッドレイヤー。

ベントリックスフーディー(ノースフェイス)

運動時と停滞時で、性質が変わるらしいです。ナノエアの牙城を崩せるか?

ベータSLハイブリッドジャケット(アークテリクス)

価格以外は文句の付けようがない一品。デザインも格好いいですね。

トランゴパーカ(ノースフェイス)

ノースフェイスの化繊インサレーションジャケットです。

ライトコンポジットジャケット(ミレー)

ソフトシェルとインサレーションを部分ごとに分けているのに加えて、なんと袖が外せるというアイデア!

組み合わせでいろいろな状況に対応しようという考えですね。

エマージェンシージャケット(ノースフェイス)

ダイニーマという高級素材を使った、超薄型の防水性ジャケットです。

軽量で防水で、コンパクト。でも、50,000円オーバーって誰が買うんだ?

M260ZONEフーディー(アイスブレーカー)

アイスブレーカーは、地味ですが、いいベースレイヤーを作っています。

パンツ部門

Incendo Long

トレランやウルトラライト系の登山者に人気です。

アルパインライトパンツ(ノースフェイス)

特にすぐれものというわけではなく、値段も含めてバランスよく、登山者に浸透している人気アイテムです。

サイマルアルパインパンツ(パタゴニア)

パタゴニアの万能なソフトシェルパンツです。私も愛用しています。

アルパインライトパンツ(ブラックダイヤモンド)

2つ上のノースフェイスと名前が同じなので間違いやすいですね。圧倒的にこちらが認知度は低いですが、さすがBDです。

カミノパンツ(ファイントラック)

ファイントラックはベースレイヤー系だけじゃなく、パンツも評価が高い。

メンズMTM Thrill Twill(フーディニ)

フーディニのものは、デザインがいいんですよねえ。北欧風のスマートさ。

その他装着品部門

ラミースピンソックス(ファイントラック)

靴下は、下のスキンメッシュとの組み合わせで、最強だと評判です。

スキンメッシュソックス(ファイントラック)

私は普段も山も、毎日履いています。個人的に絶対にオススメ!

PhDプロミディアムクルー(スマートウール)

ウール系なら、スマートウールとアイスブレーカー。

CW-Xスタビライクス(ワコール)

文句なしの最強登山タイツ。

C3fitインスピレーション

こちらもタイツとしては双璧の人気ですね。

M260ZONEレギンス(アイスブレーカー)

これは機能性タイツとしてじゃなく、ベースレイヤーとして。

STEALTH(グリベル)

「今までにはない、ゴツゴツデザインがすごい!」とデザイン面で押されました。

たしかにいいですね。

シロッコ(ペツル)

軽量さなら一番。TJARなど、レースなどではみんなこれ。

登山靴部門

ALTRA ONE(ALTRA)

よくわかりません。ウルトラライト系では人気だそうです。

ガッシャブルムG5(ラ スポルティバ)

厳冬期の高山に行くと、よく見かけます。すごそうなオーラがありますね(笑)

ティカム2 GT(ローバー)

KENTO HIGH GTX(マムート)

GK83(キャラバン)

これを押してくれた人は、

「こんなに誰にでも合う登山靴は少ないんじゃない?」

とのことでした。たしかにこの会社のものは、合わない人が少ない気がします。

PF731(シリオ)

MT EXPERT GT EVO(ローバー)

ALTRA スペリオール4.0(ALTRA)

ザック部門

バルトロ65(グレゴリー)

もともと頭1つ飛び抜けていたバルトロ(トリコニ)シリーズでしたが、現行モデルになって頭2つに差が広がった?

縦走用ザックの最高峰。

RUSH28(パーゴワークス)

ファストパッキングの世界では評価が高いです。

この軽量で使いやすい特徴は、一般の登山者にももっと広がってもおかしくないですね。

バックパックトレイル10(サロモン)

バリアント52(オスプレー)

オスプレーのザックの中ではやや硬派なイメージのシリーズです。

先代のバリアントのほうが、カリッカリのクライマー向けでした。

リッジ30(カリマー)

「30㍑ぐらいのザックでオススメ聞かれたら、絶対これ」

という人が多いです。

アンキロ20

珍しい四角形のシルエットのザックです。かわいらしいデザインですね。

eVac ドライサック(SEA TO SUMMIT)

これは、問答無用。空気が抜けて小さくなる防水バッグ!

色も白だけなので、山小屋では名前書いておかないとダメなのが欠点!

dashpoint10(ロープロ)

ロープロはカメラ系のアイテムが素晴らしいですが、このミニケースも使いやすいです。

ザックのショルダーなどにピッタリです。

登山用品ブランドのものより、保護性能が高い。

サコッシュ(SEA TO SUMMIT)

テント泊部門

カミナドーム(ファイントラック)

ファイントラックが送り込んできた軽量テントです。

数年たって、細部の改良が進んでいます。

ステラリッジ2(モンベル)

超定番テント。欠点は、混んでいると自分のテントへの帰り道がわからなくなること?

それもフライシートのカラーバリエーションで解決へ。

タニ2P(ニーモ)

大人気の軽量テントですね。

ポリゴンネスト6×4(ファイントラック)

化繊の寝袋なのに、コンパクトになります。

UDD BAG630DX

ダウンハガー900#3(モンベル)

FPマット125(エバニュー)

軽量コンパクトな登山をする人には定番の1つです。

ウルトラライト系のマットは、薄いけどとても密度が高くて、じつは寝心地がいいものが多いです。

折りたたみ式なのが使いやすいです。

Zライト(サーマレスト)

クローズドセルタイプのマットでは、一番の定番ですね。

季節を問わず、山を問わず使えます。

テンサーアルパイン(ニーモ)

冬用のテンサーです。

テンサー20M(ニーモ)

空気でふくらませるタイプのマットでは、最強の声多し。

私もそう思います。

【エアマット】ニーモ テンサーが最高な理由【かなりリード】

2018年12月31日

ヒートシートサバイバルブランケット(ソル)

ザックに忍ばせておくなら、これ。

ソルのエマージェンシー系アイテム(シュラフ)はいいですよ。

調理部門

ウルトラライトフォールディングテーブル(カスケードワイルド)

100gもない軽量折りたたみテーブル。便利です。

P-153(プリムス)

ガスストーブの定番のうちの1つ。

初めて買う人は、これか、下のウインドマスターから選ぶのが吉でしょう。

【初心者おすすめ】ガスストーブの選び方

2019年1月28日

SOD-310 ウインドマスター(SOTO)

冬山部門

クイックドロープロープ(ブラックダイヤモンド)

Xドリーム(カンプ)

ライトニングアッセント(MSR)

「これ買っておけば失敗はない」という意味では、最強です。

下位モデルでもいいですけどね。

防寒テムレス(ショーワグローブ)

ほとんどの登山用グローブを駆逐しつつある防寒手袋です。

弱点は強度がないことだけど、壊れたら買い換えられる安さだし・・・。

貧乏人の味方です。

これを上回るようなものは、下のガイド級になります。

ガイド(ブラックダイヤモンド)

厳冬期用のグローブでは、その道の人には定番にして不可侵な聖域です。

これでダメなら、他のグローブでもダメ。

GOLD LABEL(ブラックダイヤモンド)

HELI XED(スワンズ)

電池による電熱式で曇らない、無敵のゴーグルです。

腐海に突っ込む時には毒マスク、吹雪に突っ込む時はこれ。

スキークランポン(Voile)

その他部門

ディスタンスカーボンFLZ(ブラックダイヤモンド)

トレイルプロ(ブラックダイヤモンド)

STORM(ブラックダイヤモンド)

バッテリー式も出ていますが、結局、乾電池式の利便性の高さには敵わないのです。

Energizerリチウム乾電池

ORS経口補水タブレット

アミノバイタル(味の素)

登山におけるドーピング。

GPS64S(ガーミン)

ネットでよく探すと、「日本語版+地形図入り」で4万円ほどで買えます。

長年変わらないこの形状が、一番信頼感あります。

ソーヤーミニ

プロトレックWSD-F30(カシオ)

時計に地図が出る? とうとうここまできたか。

サイドキックリールキーホルダー(KEY-BAK)

吸水タオル(SEA TO SUMMIT)

こういうタオルが1枚あると、テント泊で助かります。

FLY750ml(エリート)

自転車用のアイテムは、簡単に飲めて使いやすいものがあります。

自転車漕ぎながら使うものですからね。

山専ボトル(サーモス)

似たようなものは他にもあるのですが、ネーミングで勝ちましたね。

キャプチャーV3(ピークデザイン)

ザックのショルダーベルトなどに、デジタル一眼カメラをワンタッチで取り付けられます。

カメラ好きには知られているピークデザインの便利アイテムです。

スイスライト(ビクトリノックス)

ナイフ兼予備ライト。テント泊で予備のライト持っていますか?

バードコール

すごい・・・らしいです。

洗濯紐(SEA TO SUMMIT)

最小の便利紐セット。

最後に

どうでしたか?

あまりに節操もない100アイテムですから、直接お役に立てるようなランキングではなかったかもしれません。

私たちも半分遊びで、楽しんで作ったランキングですから、ああだこうだ、話している時間だけでも楽しかったです。

むしろ、パソコンに打ち込む作業が辛かった・・・。

みなさんが、1つでも、

「え? なんだこれ? こんなものあるんだ・・・」

と思ってもらえたら、書き出したかいがあったというものです。

 






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応