A級放浪計画とは




こんにちは、寝袋!です。

私がこのブログを書こうと思った理由を、ここではっきりと書いておきたいと思います。

一度しっかりとブログの存在目的を書いておかないと、なにより自分自身がぶれていくかもしれません。

いつのまにか、アニメとかアイドルとかの熱狂的おたく記事ばかり書くようになってしまっては、元も子もありません。

いや、それで私が幸せに感じるというのなら、それでいいのかもしれないのですが。

ネーミングについて

永久に放浪するための計画。

「永久」「放浪」「計画」というキーワードで、いろいろ考えました。

英語にしてみたり、同じような意味の言葉に変えてみたり、組み合わせを試してみたり。

3日ほど、ない頭を振り絞っても、結局キーワードをそのままくっつけただけの「永久放浪計画」に落ち着きました。

「考えた意味あったのかな?」

と自分自身にガッカリしましたが、なんとなくゴロもいいですし、何度も口に出して言ってみると、なかなかしっくりきました。

一応もう少し時間を置いて考えてみましたら、

「そういえば最近、車中泊のマナーが悪いヤツラが多くなっている」

と思い出しました。

道の駅とかの注意書きが増えているのを見かけます。

「食べ残しを捨てて行かないでください」

「駐車場でバーベキューをしないこと」

というような、子供でもわかるような低レベルな注意。

利用者はいったい、何を考えているんだろう?

お前らのようなヤツラがいると、車中泊というスタイル自体が悪者にされてしまうじゃないか!

ずっと車中泊で生活していく者として、ちゃんとルールとマナーを守ってやっていきたいのです。

それで、「永久」をもじって「A級」に変えてみました。

格好いいと自分では思っています。

自分で気に入るのが一番大事ですしね。

第一は、記録すること

「拠点を持たず永久に放浪して生きていく」

というアイデアを思いついたはいいけど、これから実現するまではいろいろな道のりがあると思います。

類まれな才能を必要とする夢じゃない。

努力すれば必ず実現するという夢だから、いつか私は実現するでしょう。

そして、実現したあかつきには、それからの放浪旅のことを、日記に書いていきたいと思っています。

その時、いきなり、

「今日から放浪生活始めます!」

というスタートより、それまでの遠い道のりがあったほうが、日記に深みが出るんじゃないでしょうか?

おそらく死ぬまで書き続ける日記のつもりだから、こだわっていきたいのです。

今回ブログを始めるにあたって、移住してペンション開業するまでの、自分たちの歴史を簡単にまとめて記事にしました。

「当時から全部リアルタイムで書いていたら面白かっただろうな」

と強く感じましたので、その教訓を活かすという意味でもあります。

第二は、書きたいことを書く場所が欲しかった

私達はペンションを営んでいます。

一応ここではペンション『シュプール』という仮の名前にしておきましょう。

じつは、ペンションのブログを10年以上書いています。

田舎暮らしをしていて感じたこととか、周りの自然の良さとか、そんなことを書いてきました。

そちらは今後も続けていきますが、ペンションの看板を背負うと、なかなか書けないことも多くてストレスでした。

ペンションっていろいろな人が来るので、極端な意見は書けない(書く勇気がない)のです。

どうしても、無難なお花畑のような記事ばかりになってしまうのです。

何度書きかけた記事を削除してきたことか!

「本当はこんなこと書きたいんじゃないのに!」

たぶん私は書くことが嫌いじゃないです。

全然上達しているとは思えませんが、書くことは楽しいです。

文章にして書くと、自分の頭の中を整頓できるような気もしますし。

ここには、書きたいことが書ける。私のオアシスです。

第三に、誰かの役に立ち、放浪の礎となる

ブログを書いていますと、自分が予想もしない人たちが記事を読んでくれることがあります。

例えばペンションのブログでも、その中でたまたま書いた、映画の感想などの記事にアクセスが集まったりすることがありました。

これからこのブログを続けていくと、いろんなことを書いていくと思います。

本筋の放浪ストーリーを読んでもらえると一番嬉しいけど、実現まではまだまだ遠いから・・・。

そんな記事が、誰かが求めている情報に一致して、読まれることによって誰かの役に立つのなら、それは書き手として嬉しいことです。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応