【登山を楽しく】マナー違反に「うんざり」しているあなたへ特効薬




こんにちは、寝袋!です。

楽しいはずの山へ出かけていったのに、イライラしていませんか?

「あの人、マナー悪くて腹が立つ!」

「どうしてこんなに、マナー守らない人が多いんだよ!」

お休みを調整して、お金をかけて、楽しみにして来たのに、

やっとたどり着いた山が台無し!

という思いを、みなさん一度は経験しているでしょう。

私も何度もありました。

しかし、今現在は、あまりそういうことはなくなりました。

シンプルに山と向き合って、楽しい時間を過ごせています。

今、マナー違反にイライラしている人も、きっとそのうち、大丈夫になります。

そして、山でイライラしている人を、高みから見下ろせるようになるのです。

今回は、その時期をちょっとだけ早めるために、私がコツをお教えしましょう。

マナー違反にイライラするのは負け

まず最初に知っておいてほしいのは、

「マナー違反にイライラするのは負け」

ということです。

イライラするくらいなら、相手を怒鳴りつけたほうがまだ効果があります。

イライラしても相手には伝わらず、ただ自分だけがムシャクシャするだけです。

気分よくないものだから、挙句の果てに第三者から、

「なんだあの人、イライラしてて気分悪いやつだ。そんな顔するんだったら山に来るなよなー」

などと、「ミイラ取りがミイラ」になってしまいます。

怒鳴りつけて注意する勇気がないのならば、心おだやかに、マナー違反を心に留めないのが一番です。

そこは山じゃない。観光地だ!

「なんだ、山ってマナー悪い人多いな」

と思わないで下さい。

私が心がけていたのは、

「ここは山じゃない。山のことを知らない人でも来れる観光地なんだ!」

ということです。

私たちは、観光地には人があふれて、マナー違反、ルール違反がたくさんあることを知っています。

あなたは山に登っているつもりかもしれませんが、そこは観光地なんです。

誰でも来れるような山だから、季節だから、ルートだから、マナーが悪いのです。

涸沢カール、槍ヶ岳、富士山、他にもいっぱい思い浮かびます。

そんな観光地に行って「マナーが悪い」などと嘆いても、

そりゃー当たり前

です。

  • ちょっと季節をずらして行ったり
  • マイナールートに変えたりすると

そこには、観光客じゃなく登山者しかいません。

人が少ないところは、確率的にマナー違反も少ないです。

そして、人が少ないところほど、

山を知ってマナーがいい登山者

が多くなります。

早くそこを抜け出そう

なにも難しいことはありません。

誰でもそのうち、そういう場所に行けるようになります。

初心者向けと言われる山を登って、経験を積めば、みんなそうなれます。

「アウトドアブームに乗って、ちょっと山を登ってみた」

ような人は、そんな山には来ません。

そのとき、あなたは気づくでしょう。

「あ、いつのまにかマナー違反にイライラすることなくなったな」

とね。

よりよい登山、よりよいマナーを考えている、真面目に登山と向き合っている人の世界。

「マナー違反者が悪いんじゃない。そんな人がいる観光地に登っている自分が未熟なだけ」

そう心に置いて、自分を磨いて、早くそこから抜け出してください。

素晴らしい登山の世界が待っています。

そこにいる人こそが「登山者」です。

登山におけるマナーまとめ「案外知らないマナーがあるものです」

2019年9月8日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応