【初心者必携】北海道登山はこのガイド本で調べろ(北海道夏山ガイド)




こんにちは、寝袋!です。

みなさんは登山に行く時、ルートの情報はどうやって調べますか?

今はインターネットで調べる人が多いのではないかと思います。

だけど、やはり本も手放せません。

登りたい山が決まったあとは、インターネットの情報量は圧倒的ですが、

「次はどの山に登ろうか?」

と、登る山を漠然と探す段階では、やはり幅広い山をカバーしている「本」という媒体が便利です

北海道の山を登る場合『北海道夏山ガイド』というシリーズが定番です。

北海道内では広く知られていますが、案外北海道以外の登山者には知られていません。

北海道の山々を登るならば、必携の書です。

なぜなら、北海道の登山道がある山を、すべて網羅したガイド本だからです。

シリーズは全6冊

地域別に6冊に

「北海道夏山ガイド」は、北海道を地域別に6つに分け、全6冊で発行されています。

登山道の様子は時代とともに変わるので、数年に一度改訂されますが、地域分けは変わらないので、常に6冊です。

  1. 道央の山々
  2. 中央高地の山々
  3. 東・北大雪、十勝連峰の山々
  4. 日高山脈の山々
  5. 道南・夕張山地の山々
  6. 道東・道北・増毛の山々

と区分されています。

地図で

北海道は東北全域よりも広い大地なので、本州で言えば「県別」相当です。

登山道のある山は網羅している

このシリーズは、登山道のある山の、全てのルートを紹介することに目的を置いています。

なので、沢登りやバリエーション的な登山は紹介されていません。

内容

人気のあるなし関係なく

登山のガイド本は、世の中にたくさん存在します。

ですが、各会社、各個人によって好き勝手に山を紹介する場合が多いです。

どの本を見ても紹介されている山(トムラウシ山など)もあれば、全く紹介されない不人気な山もあります。

このシリーズは、

  • 「人気・不人気に関わらず」
  • 「山の大小に関わらず」

すべてカバーされているのです。

私自身も、今でも読んだことのないページも存在するくらいです。

今でも「こんな山あったのか」と驚かされて熟読したケースもあります。

このシリーズに載っていないということは、一般登山者が行っていい山ではないということです。

登山愛好家たちが手分けして取材

このシリーズは北海道新聞社が発行しています。

著者名は代表で2名のお名前が書かれていますが、実際は、

北海道の多くの一登山愛好家たちが、手分けして各山の取材を行って

作られているのです。

詳細な説明は省きますが、北海道には「HYML(北海道山メーリングリスト)」と呼ばれるグループがあり、その方たちが中心になって作っています。

ガイド本にありがちな、全部が快晴の日の写真ではなくて、取材日によってあまり天候に恵まれていないことも、手作り感満載で個人的に面白いです。

登山グレード

超初心者向けから上級者向けまで、幅広い山を含んでいます。

間違って実力以上の山に入っていかないよう、グレードで区分されています。

単純に、高い低いだけで判断していないので、とても参考になります。

実経験に基づいているので正確です

ちょうどよい詳細さ

巻頭の「編集方針」の項に書いてある一文。

編集方針
簡潔すぎるガイド記事は不安を募らせるものだ。

逆に詳細すぎる記事は未知に対する興味をなくする欠点もあるが、本書では「独力登山」にウェートを置いているので・・・

(中略)多くの人が理解できるように心がけた

この本を読むと「なるほど」と実感しますよ。

地図も見やすい

著者の方はこう書いていますが、詳しく書くところは書いているのに、

「山で見たものは全部本で知ってた」

というようなことにはなりません。

何から何までという説明ではないのです。

インターネットで見られる「すべて丸出し記事」とは違います。

節度ある編集方針です。

上級者向け縦走路も

まとめ

北海道の山をすべて網羅したこのシリーズは、北海道の山を登る時にとても役に立ちます。

この本で次に登る山を探して、そのうえで、リアルタイムな情報をインターネットで調べるのがいいです。

大変な労力で作られているためか、一冊あたり2,000円以上となかなか高価です。

まずは身近な地域の山域のものを一冊読んでみて、順次買い揃えていくのがいいと思います。

私も何年かかけて6冊揃えました。

これから登山を始めようという北海道の登山者、本州から登りに来られる登山者に、

「北海道にはこんなにたくさんの山々があるんだ!」

と知ってもらいたいです。

『北海道夏山ガイド』は、

  • 最初に買うべきガイド本
  • これさえあれば何もいらないという最後のガイド本

です。

この本を手元において、素晴らしい北海道の山々、楽しんでください。

 

 






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応