9割の人が快晴の山を楽しんだその日、朝は荒れていたのです




こんにちは、寝袋!です。

初夏の2000峰での話です。

その日は天気予報は良かったのに、実際はガスで真っ白でした。

「まあ、山にはよくあること」

とあきらめて、黙々と登っていきました。

人がいた

駐車場には他に車があったのですが、なにしろ真っ白で前も後ろも人の気配が感じ取れません。

そんななか、前方のガスのなかに人影が見えてきました。

どうやらガスの中、岩に腰を下ろして休憩していた様子です。

挨拶を軽く交わして、先に進みました。

しばらくいくと吹きっさらしのコルにでました。

すると、それまでも多少強かった風が、まさに暴風として体にぶち当たってきたのです。

体はふらつきますし、キャップが飛ばされそうになるし、寒いしで、岩陰を見つけて座り込んで、レインウェアのジャケットを着込みました。

暴風の中

そうしていると、先程の人が下から上がってきました。

「じつはさっき一度ここまで来たんですが、あまりに風が強くて、先に進んでいいものかと悩んで、他に誰も居ないので帰ろうとしてたんです」

ああ、そうだったんですね。

たしかにそこのコルは両脇が残雪で真っ白で、ガスのために下がどうなっているかも分からないし、横風で飛ばされそうになって進むには怖かったはずです。

初めての道ならなおさらでしょう。

「私は先に進みますが、よかったら着いてきます? ダメだったら帰りましょう」

油断すれば体ごと倒されそうな風ですが、安全に進めないほどではないと判断しました。

自分史上最高の風よりも下回っていますし、(その人には未知でも)じつはそれほど滑落の危険もない場所だったので。

コルを抜ける

時々立ち止まって風に耐える必要はありましたが、私たちはなんとかコルを抜けました。

やはりコルというのは風の通り道なので、特別風が強い場合が多く、コルを抜けると数段風は弱まりました。

不安なところを越えたのに、いつまでも一緒に行くのも違うかなと思い、

「私ここで一服してから行きますので、どうぞ先へどうぞ」

と声をかけました。

真っ白な山頂

そこから1時間ほどで、山頂に立つことができました。

風は相変わらず強く、ガスで真っ白、な~にも見えません。

多少風が弱そうな面の岩陰で座って、しばらくじーっとしてました。

10分ほどいたでしょうか。

そのなかで、瞬間ガスが切れて景色が見れたのは合計5秒ほど?

「うん、今日はこんなものか」

と私は降りることにしました。

すれ違いに登ってくる人に、

「上はどうでしたか?」

と聞かれ、

「さっきまではダメでしたが・・・この先はどうでしょうね。風は強かったですよ」

と答えながら降りてきました。

登山あるある?降り始めると天気がいい

途中、登りで目をつけていた場所で、お湯を沸かしてコーヒーとパンを食べました。

すると、みるみるうちにガスが晴れていって、風もなくなり、天気予報通りの快晴となったのです。

悔しいですが、仕方がありません。

自分が行く先は雨、振り返ると晴れ、というのは登山あるあるですよね。

これから登っていく人は、

「超快晴!さっきまでガスって言ってたけど本当?カワイソ」

と思ってるかもしれませんね(笑)

登山口で

下山して装備を片付けていると、例の人が降りてきました。

「いやあ、ウソみたいにいい天気ですね。悔しいっすわ」

と言うので、笑ってうなづくしかできませんでした。

この日、夜明け前から登っていた私たちは、暴風とガスに見舞われ、朝から登った人は絶景と出会うことができました。

きっと9割の人が、一切苦労せず、怖い思いもせず、笑顔だったと思います。

私達といえば、緊張感でこわばる顔を風でぶっ叩かれながら、必死な形相だったのに(笑)

でも、面白い登山でした。

その人はガッカリしてたけど、きっと今日の経験が活きますよ。

次にあんな風に出会ったとき、きっと一人で乗り越えられると思うんです。

大げさに言えば、あの日のあの山で、一番いい経験をしたのは、きっとその人でした。

風で立ちすくみ、一度降り始め、人が登ってきているので勇気づけられ、なんとか乗り越えられたんですから。

いつか晴れた日にその山を登って、景色を見てくれればと思います。

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。

スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。