【よくやる間違いも見てね】簡易ハーネスの作り方【シートベント】




こんにちは、寝袋!です。

簡易ハーネスとは、カラビナとスリングを使って、補助的に使える安全対策です。

クライミングで使うような本格的なハーネスは、鎖場のある登山や縦走などでは、持っていきませんよね。

そこで予想以上に危ない、怖い難所が出てきてしまったとしたらどうでしょう?

そういうときに、現場でサッと作って、自分を確保して、致命的な滑落から守る手段です。

  • 簡単に覚えられる
  • 準備しておくものが少ない
  • 応用が効く

方法ですから、ぜひ、覚えてみてはいかがでしょう?

「よくある間違った方法」も解説しますので、初めての人でも簡単に覚えられますよ。

万が一にも落ちたらヤバイ・・・そんな難所の恐怖心を乗り越えられる「保険」をかけましょう。

簡易ハーネスとはどんなもの?

簡易ハーネス

簡易ハーネスは、スリング(ひも)とカラビナを使って作る、補助的なハーネスです。

本来のハーネスは、岩壁のクライミングなどで使うものです。

一般的な登山や縦走には、わざわざ装備していきませんし、持っていない人が多いでしょう。

鎖やワイヤーなどの支点にカチャッと掛けて、万が一足を滑らせたときに、転落を阻止するために使います。

こんな時に使います

剱岳のカニのタテバイ

一般の登山者が登る山でも、ちょっと怖くなるような岩場はあるものです。

有名なものでは、剱岳や槍ヶ岳などが思い浮かびます。

そういう場所で、

「怖いなあ、落ちそうだから慎重に慎重に」

と、手足が縮こまって、なかなか進めない人もいます。

そういうとき、簡易ハーネスで確保しながら登ることは、安全につながります。

遅いようで、かえって速く通過できたりするものなんですよね。

簡易ハーネス「準備するもの」

120cmのスリング(白いほう)とカラビナ1個で出来ます

簡易ハーネスを作るのに必要なものは、

  • 120cm(もしくは150cm)のスリング(強いベルトを縫い合わせて輪っかにしたもの)×1
  • クライミング用のカラビナ×1

です。

上の写真には、120cmのスリング、短い60cmのスリング、カラビナが2つ写っていますが、これはのちほど説明します。

スリングにはいろいろなベルト幅があるのですが、20mmまでが使いやすいかと思います。

私のもの(写真)は、携行性を考えて8mm幅です。

幅が広いほど、体に食い込まない長所があります。

簡易ハーネスの作り方

それでは、簡易ハーネスの作り方を、写真で説明していきますね。

写真撮影のためにウェアを使っていますが、自分の体と思って下さい。

作り方の手順解説

スリングに片腕を通します

背中を回して、もう反対側の脇の下に持ってきます

ここで説明のために、片側を赤色のスリングに置き換えますね

腕を通したほうが「白」、脇の下を通したほうが「赤」です。

赤を白の輪の中に通します

白の輪の後ろを通します。下から上へ。

白を巻くように、上から下へ、くぐらせます。

グッと引っ張って締め付けます。結び方はこれで終了です

結び方は、たったこれだけです。簡単でしょう?

これは、シートベントという結び方なのですが、

  • 結び目が動かない(引っ張っても締め付けられない)
  • ほどくのは簡単

という特徴があります。

これにカラビナをつけて、簡易ハーネス完成です

1、2、3で完成。わかりますでしょうか?

簡易ハーネスを長くするオプション

さて、場所によっては、もっと長くして使いたい場合があります。

そのときに、簡易ハーネスを延長する方法も覚えておきましょう。

60cmのスリングをカラビナにまいて

キュッと固定します

それを簡易ハーネスに付けるだけです。簡単ですね。

私の場合ですが、120cmのスリングと60cmのスリングで、2段階の長さで使えるようにする方法をオススメしています。

例えば150cmのスリングで、最初から長めの簡易ハーネスを作るのもいいですね。

体型によっても違いますが、

  • 120cmプラス60cmの2本体制
  • 150cmプラス60cmの2本体制

のどちらかで準備すれば万全でしょう。

シートベントのよくある間違い

さて、ここでひとつ知っておいて欲しいことがあります。

それは、シートベントという結び方には、間違いやすいということです。

もし間違ってしまうと、結び目が移動するので、いざというとき体を締め付けてしまいます。

あえて、間違った結び方を説明しますので、違いを覚えてください。

見分け方も説明しますので、簡単ですよ。

白い輪を通した後、白の後ろを通さず赤の後ろを通してしまう

そのまま上から下へくぐらせると・・・一見同じように見えますが

間違った結び方ですと、赤の結び目に白いベルトが通っているだけです

先ほどの正しい写真をもう一度。比べてみてください。白と赤がからみあう

この説明では赤白で色分けしてありますので、間違いがわかりやすいですが、同じ色ですと・・・

これ正解

これ間違い

パッと見ただけでは、あまりわからないかもしれません。

「この結び方、合ってるのかな?」

と自信がない時には、簡単な見分け方をお教えしましょう。

それは、「結び目が動くかどうか?」です。

正しいシートベントは、3方向どちらへ引っ張っても動きません

間違った結び方ですと、どこかを引っ張ると、どんどん結び目が動いて、体を締め付けていきます。

これでは、落下した時に体が締め付けられて危ないですよね。

正しい方法を知るためには、間違った方法も一度やってみるのがオススメです。

そうすると、違いがよく理解できますからね。

簡易ハーネスの注意点

こういう場所には使えません

さて、簡易ハーネスを準備する上で、いくつか注意点があります。

カラビナはクライミング用を使うこと

クライミング用にはこういう数字が書いてありますので見分けましょう

カラビナは、絶対に強度のあるクライミング用のカラビナを使いましょう。

写真のように、いろいろな数字が書いてあるのがクライミング用の特徴です。

「どれだけの衝撃に耐えられるか?」

を表す数字なんですが、簡易ハーネスは落下を受け止めるわけではなくて、落下が始まらないように事前に停めるものです。

クライミング用であれば、数字はとくに気にしなくていいです。

自作スリングはやめておこう

スリングを準備するときに、輪っか状のスリングを買わず、ベルトを買って自分で輪っかにしようとしてはいけません。

ベルトは強度十分でも、縫い方がどれだけの強度があるかわかりませんよね。

同じく、ロープを自分で輪にしてやる方法も、よほど自信がない限り(ここを読んでいる人なら絶対に)やめましょう。

いざというときに輪がほどけたら、一発アウトです。

あくまでも保険です

例えば水平歩道でつまづくとか

簡易ハーネスは、あくまでも保険です。

「これがあれば絶対大丈夫」

という考えはやめて下さい。

例えば水平歩道のようなところを歩いていて、油断してつまづいた時、ワイヤーと繋がっていれば落下までにはいたらないかもしれません。

いざ落下してしまったら、本物のハーネスほどの効果は期待できないでしょう。

簡易ハーネスの作り方まとめ

落ちたら痛いかな?

スリングとカラビナによる、簡易ハーネスの作り方を説明してきました。

この記事を読まれたということは、そういう場所へ行く予定があるとか、もっと安全対策を覚えたいという人でしょう。

この機会に、スリングとカラビナを買って、何度か家で練習してください。

一度覚えてしまえば、写真で見ているより、ずっと簡単に出来ることがわかってもらえると思います。

スリングとカラビナをザックに忍ばせましょう。

簡易ハーネス以外にも、いざという時、いろいろ使えます。

あなた自身に役立つのはもちろんですし、恐怖心を感じるところで、同行者がちゅうちょするような場面、きっと出てきます。

危なっかしく登っていくのを見守るのは、自分が登るより心配なものです。

そんなとき、サッと簡易ハーネスを作ってあげて、優しくエスコートしてあげて下さい。

スリング選びの注意
スリングは、ナイロン製とダイニーマ製があります。ダイニーマ製のほうが、強く柔らかく使いやすく長持ちです。
カラビナ選びの注意
カラビナは大きめのものを選びましょう。鎖場の鎖は案外太いものです。小さいものでは掛けることができません。ゲートオープン(どれだけ入り口が開くか)が25mm以上あると安心です。





 

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。