パタゴニアR1が一瞬で好きになる動画とラインナップの変更2020




こんにちは、寝袋!です。

2019年、パタゴニアのR1フリースが、20周年を迎えました。(2020年秋追記)

新しいカタログが送られてきましたが、ラインナップがけっこう変更になったようです。

これからR1フリースが欲しいと考えている人にわかりやすいように、ラインナップをまとめてみました。

また、パタゴニアが公式動画としてアップしている、

『R1でデキたこと』

という動画が秀逸なので、紹介します。

パタゴニアのR1フリースとは?

パタゴニアのR1フリースは、世界最高の登山用フリースです。

適度な保温性を持ちながら、通気性を両立している、

レギュレーターフリース

というものを確立しました。

動いている時は涼しく、上に何かを羽織った途端に暖かくなる。

登山者なら誰でも知っている、スーパーアイテムですね。

フリース=パタゴニア

そもそも、フリースというもの自体、パタゴニアがこの世に作り出したものです。

パタゴニアが、現ポーラテック社と共同で作り出して、世の中に送り込んだ登山用衣類、それがフリースというものです。

現在、ほとんどのブランドが、ポーラテック社の素材を使って、フリースを製造しています。

しかし、極端に言えば、

「パタゴニアが新しいフリースを作り出すために開発した素材を、他のブランドにも使わせてあげている」

という表現がピッタリ来ます。

ポーラテック社とパタゴニアとは、そういう関係なのです。

パタゴニアのフリースを越えるものは、他のブランドは作れない理屈ですね。

とくに、R1に使われる、ポーラテック・パワーグリッドという素材は、パタゴニア専用で、他では使用できません。

『R1でデキたこと』R1が一瞬で好きになる?動画

R1を使って大好きになってしまった人間は、こうなってしまうのでしょうか?

それはともかく、こんな高揚した気持ちになることは、理解できます。

R1ラインナップの変更点

2019年に変更された、R1のラインナップの変更点を表にしてみます。(2020年追記)

これまで 2019以降
R1フーディー R1プルオーバーフーデイー
R1フルジップフーディー
R1プルオーバー R1プルオーバー
R1フルジップジャケット 廃止
ーーー R1クルー
  • フーディータイプが、ハーフジップフルジップの2タイプに分かれました。
  • それにともない、フルジップのフードなしが廃止されました。
  • 新しくクルータイプが追加されました。

R1プルオーバーフーディー

従来どおりの、プルオーバータイプのフーディーです。

もう変えるところがない、完成品といっていいでしょう。

R1をまだ持っていない人には、これをまずオススメします。

比べると、フルジップよりタイトなのがおわかりいただけますか?

これがいいんです。

R1プルオーバーフーディー

写真をクリックすると、公式サイトでより詳細な説明やレビューが見れますよ。

icon
icon

信頼の置ける温かいレイヤリング・アイテム。バラクラバ・スタイルのフード、ハーネスやパンツの下にたくし込んで着用できる長めの丈、スリム・フィットなど高山で役立つ機能を備え、クライミングやスキーツアリングに最適

R1フルジップフーディー

プルオーバータイプより脱ぎ着のしやすいのが長所です。

両腰にポケットが付いていますし、ややゆったり目のシルエットです。

クライミングではない登山、トレッキングには、こちらのほうが使いやすい面もあると思います。

R1フルジップフーディー

写真をクリックすると、公式サイトでより詳細な説明やレビューが見れますよ。

icon
icon

岩場からトレイルまで、クライミング、ハイキング、マウンテンバイキングなどさまざまなスポーツで活躍する多用途型のフルジップ・フーディ。涼しい天候下でのアクティビティで保温性と動きやすい機能性を提供

R1プルオーバー

フードがいらない人には、こちらです。

一番幅広く組み合わせて使えます。

R1プルオーバー

写真をクリックすると、公式サイトでより詳細な説明やレビューが見れますよ。

icon
icon

冷涼な天候下のアクティビティで保温性と快適さを提供する、これなしでは出かけられないというほど定番のシンプルな中間着

亜種①テックフェイスシリーズ

レギュレーターフリースの亜種として「テックフェイスシリーズ」というのがあります。

生地の表面がややツルッとしていて、多少の耐風性をもたせたシリーズになります。

ややアウター向けにシフトしていて、使う人を選ぶと思います。

亜種②R1エアシリーズ

2020年11月、生地が大きく変わった「エア」というシリーズがラインナップされました。

生地がスカスカに軽くて通気性に特化しているように見えます。

現在は発売前なので実戦レビューはまだ上がってきていません。

R1エアシリーズ

写真をクリックすると公式サイトの解説とレビューが見れます。

icon
まだ実戦レビューが少ないので、あくまでも想像ですが、テックフェイスとは逆にインナー側にシフトした雰囲気です。

生地の強さは大丈夫なんでしょうか。icon

初めてのR1なら

いくつかR1を使用したことがある人は、それぞれどんな使い勝手なのか、想像できると思います。

しかし、もしあなたが初めて、

「R1シリーズを使ってみたい」

と考えているなら、

R1プルオーバー・フーディ もしくは、R1プルオーバー のどちらかを選ぶと、後悔はしないでしょう。

長年(それこそ20年)、少しずつ作り込まれてきた結果の完成品だからです。

他のものが使い方によって評価が分かれるのに対し、これら2つは、

誰でもかならず便利だと感じる

アイテムです。

ぜひ、R1を使って山へ行ってみてください。

動画で楽しそうに浮かれている、あの人達の気持ち、たぶんわかりますよ!

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。