パタゴニアロゴの山の名前と、タグの年代による変化




こんにちは、寝袋!です。

パタゴニアのロゴマーク、ちょっと変わってますよね。

デザイン化されたマークなのに、フリーハンドで書いたようなところもあります。

パタゴニアをよく知るファンから、まったく知らない人まで、

パタゴニアのロゴの由来と歴史

がわかるように、調べてまとめてみました。

パタゴニアロゴの意味は?

パタゴニアのロゴの成り立ちを、名前とデザインの両面で考えてみましょう。

パタゴニアの名前

パタゴニアは、創業者のイヴォン・シュイナードが、青春時代から憧れた土地です。

南米アルゼンチンとチリとの間にある、冒険者憧れの大地。

パタゴニアの厳しい環境の中でも、ちゃんと使えるウェアを作る

ということから、この名前が付けられました。

また、パタゴニアという単語は、

世界中のどの言葉でも正確に発音できる

という特徴もあるそうです。

ロゴは何を現しているの?

ロゴの、あのフニャフニャとしたものは、何を現しているのでしょう?

黒いのは山に見えますが、そのとおりで、

パタゴニアにあるクライマーの聖地フィッツロイ山群

を現しています。

白い縁取りは、雪。

夕焼けに染まる空と、青い海をバックに、そびえ立っています。

フィッツロイ山群とは?

パタゴニアにあるクライマー憧れの山々、フィッツロイ山群。

山というより、針のように尖った岩峰が、いくつも天をついています。

登山をしない人でも、絶景の1つとして、写真などを観たことが、あるのではないでしょうか。

ただ登るだけでも難しいのに、とても天候が荒れる地域です。

そのため、クライマーにとっては、難易度の高い課題なのです。

ロゴの山の名前

それでは、ロゴに描かれている山々を、1つずつ名前を紹介して、解説します。

①アグハ・サンテグジュペリ

2,558m。1970年初登頂。

山の名前は、ご存知「星の王子さま」の著者にちなんでいます。

②アグハ・ラファエルファレス

2,482m。1974年初登頂。

昔は「イノミナータ(無名峰)」と呼ばれていましたが、アルゼンチンのクライマーの名が付けられました。

③アグハ・ポインセノット

3,002m。1962年初登頂。

フランスの登山家ジャック・ポワンスノーにちなんで命名されました。

現在もフランス人だけがポワンスノーと呼びますが、一般にはポインセノットと呼ばれるようになってしまいました。

高さだけでは、フィッツロイに次ぐ2番目です。

④セロ・フィッツロイ

3,405m。初登頂1952年。

巨大な岩塊という意味で、パタゴニアを象徴する山です。

先住民による名前は「チャルテン」。

周囲から1,000m近く抜きん出てそびえている姿は、まさに主峰。

パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードは、たしか3番目の登頂だったはずです。

日本人では、長谷川恒男や山野井泰史といったクライマーも訪れて登っています。

⑤アグハ・バルビオイス

2,653m。1978年初登頂。

先っぽのほうが少ししか見えていません。

実際は、隣のメルモスと同じで、大きく鋭く尖った山だそうです。

⑥アグハ・メルモス

2,732m。1974年初登頂。

これも上のバルビオイスと同じく、遠くになるから小さく見えるだけのようです。

⑦アグハ・ギジャメ

2,579m。1965年初登頂。

案内書によると、登るのが比較的簡単だそうですが、どのレベルで簡単と言っているのかはわかりません。

そして、フィッツロイ・トラバース

上に書いた7つの山を、全部続けて登攀することを、フィッツロイ・トラバースと呼びます。

世界屈指の困難度を誇る、縦走課題です。

数々のクライマーの挑戦を、はねのけてきました。

しかしとうとう、2014年2月、トミー・コールドウェルとアレックス・オノルドによって、初制覇されました。

番外セロ・トーレ

3,102m。1974年初登頂。

フィッツロイと並んで、この山群の象徴です。

残念ながら、フィッツロイと離れているために、パタゴニアのロゴには採用されていません。

山というより塔のようで、名前の「TORRE」は英語で「TOWER」です。

コンプレッサーで岩に杭を打ち付けて登った、いわくつきのルートもあり、

登頂不可能

と思われてきたルートでした。

デビッド・ラマ

「機械を使うなんて、登ったうちに入らない!」

と考え、コンプレッサールートを命綱と素手だけで登った、フリークライマーがいます。

2008年クライミングチャンピオンのデビッド・ラマです。

スポーツの世界から、岩の世界へ。

彼の挑戦を描いたドキュメント映画があります。

タグの年代別変化

パタゴニアを、ファッションとして評価している方たちの中では、ヴィンテージファッションとして人気があるようです。

主にタグの変化によって、年代を見分けるらしいです。

私はあまり詳しくないので、一生懸命調べてまとめてみました。

けっこう変わってきているんですね。

私は『雪なしタグ』までは実際に知っています。

白タグは、一時復刻版に付けられていたので、形だけは知っていました。

登山をするうえで、わざわざ古いウェアを使う人はいないでしょう。

豆知識として読んでください。

タグ 年代 特徴
70年代前半 通称白タグ。初期のタグは黒ではなく白でした。

空の夕焼けがオレンジ一本です。

字のフォントも大きめで、現在と違いますね。

70年代後半 同じ白タグですが、夕焼けが変わっています。
80年代前半 現行のデザインに近いですが、大きいです。

そこで、通称デカタグ。

「R」マークがないので『デカタグRなし』と呼ばれます。

80年代後半 デカタグで®が付きます。
92-94年 稜線を彩る雪の白い線がありません。

®も簡略化され、◯の中が点だけです。

通称『雪なしタグ』

93-96年 フィッツロイではなく波を形どったロゴです。

通称『波タグ』

現行 現行のタグです。

デカタグより小さくなっています。

初期は®でしたが、現行は◯に点です。

愛すべきパタゴニア

パタゴニアのファンになると、製品を使うだけではなく、いろいろなバックボーンを知りたくなるのがマニア心です。

今回は、タグの年代による変化について調べてみました。

調べて初めて、古着がヴィンテージモデルとして、高価で売買されているのを知りました。

ファッションのことはよくわかりませんが、

今でもダメにならず、大切に現役で使われている

ということが、なんだか嬉しく感じました。

パタゴニア製品は本当に長持ちします。

大切に使っていこうと、あらためて思いました。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応