【おすすめ冬用ザック】ドイターフリーライダープロ30のレビュー




こんにちは、寝袋!です。

冬山を楽しむ際に、どんなザックを使っていますか?

夏山用のザックをそのまま使っている人も多いとは思いますし、それほど不便でもありません。

しかし、冬山はアイゼン、ピッケル、スノーシュー、スキー、スノーボードなど、独自の道具を持っていきます。

そうすると、冬山用に作られた専用のザックがあると、とても便利なんですよ。

ドイターが販売している

フリーライダープロ30

というモデルは、その名の通りドイターの冬用ザックの最高峰です。

なにしろ「プロ」ですから。

とても使いやすいので、詳しく紹介したいと思います。

冬用ザックとは?

冬用ザックは、どういう特徴があるのでしょう?

詳細部分はあとの説明を読んでもらうとして、大きく2つの特徴があります。

スキーなどを運べる

冬山は、楽しみ方によって、持って行く道具が変わります。

スキー、スノーボード、スノーシュー、アイゼン、ピッケル、スコップ、ストック・・・など。

最初から最後まで身につけていくものならばいいのですが、たいていは、ザックに取り付けて運搬する時間があります。

予定通りの場合もあれば、イレギュラーな場合もあって、そういうときにザックに取り付けられないと、とても困ったことになります。

手に持って歩くわけにはいきませんからね。

冬用ザックは、そういう

様々なスノーアイテムを運べるように工夫されている

のです。

頑丈な作り

冬用の道具は尖ったものや重いもの、固いものが多いです。

夏用ザックの薄い生地だと、あっさり穴が空いてしまう場合もあります。

そこで、冬用のザックは生地も厚めですし、各所に補強がされていて、質実剛健な感じなのです。

フリーライダープロ30の詳細

雨蓋はない

公式HPより
バックパックの厚みを抑えたデザインや身体の動きに連動するヒップベルトを備えるなど、ライディング時の一体感を重視しているトップモデルです。スノーボードやスノーシューを取り付けたままでも背中側から荷室へのアクセスが可能です。(ヘルメットホルダー付き)

  • 重量:1720 g
  • 容量:30 ℓ

各部の説明

アルパインバックシステム

左右に分厚いメッシュパッドが並んで、その間の空間を熱気が上方へ抜けていく仕組み。

ドイターのザックは、昔から熱気対策が一歩進んでいる印象があります。

小型の30㍑ザックだけど分厚いウエストベルト

運搬する道具が重いので、小型ザックなのにウエストベルトも縦走モデルのようです。

ウエストベルトのポケット(右側)

ウエストベルトの左側はギアループ(カラビナなどを吊り下げる)

両側面には大型ポケット(収縮性ありのメッシュ)

ギアが当たる正面は固い補強面

ザックは雨蓋がないタイプで、上下ではなく、前後に大きく分けられた2気室です。

冬ならではの構造といえるでしょう。

薄めの1気室目。ポケットが多い。

メッシュポケットが便利。右の細い場所は、棒状の物を入れるスペース

あると便利なキーチェーン

2気室目のジッパーは大きくて連結式。間違って開かないように、

2気室目も収納部が多い。

3気室目というか、大きめのジッパー付きポケット

内側はフェルト生地になっている。ゴーグルに傷がつかないように。

チェストベルトが緊急用ホイッスルになっている

各種運搬方法

スノーボード、スキー取り付け①背面

スキー取り付け②側面

スノーシュー

話は逸れますが、スノーシューを途中でデポする人もいます。

その場合、突然吹雪かれて、元の場所に戻れない可能性もあるので要注意です。

ちなみに、私は必ず背負って歩くと決めています。

ピッケルは2本まで

ギアなどはループに下げられる

スコップはこのように薄めの1気室目に収納する

ヘルメットホルダーが別部品で付属してくる

ヘルメットはこのように

このループにヘルメットホルダーを取り付ける

背面からアクセス可能

ギアを取り付けたまま、背面から内部にアクセスできるようになっています。

けっこう違うでしょ?

ざっと説明してきましたが、夏用ザックと冬用ザックって、けっこう違うでしょ?

私は、夏用ザックは時々買い換えましたが、冬用ザックは頑丈なのでめったに壊れません。

一つ持っていると便利でいいと思います。

こんな人にオススメです

冬山だって、夏用ザックで登れないわけではありません。

でも、冬も積極的に楽しむなら、一つ持っているととても便利です。

とくに、

スキー、スノーボード、スノーシューを使う人

は絶対に快適さがアップします。

フリーライダープロは、特にそういう「ライダーたち」にピッタリに設計されています。

名前に偽りなし。

日帰りスノーツアーにはベストだと思います。

それでは、みなさん、安全に山を楽しみましょう。お互いに。

注意
私が説明に使ったものより、バージョンアップされています。

完成されているモデルのため、細部が改良されている程度です。

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応