【初心者向け】アイゼン選びの注意点・・・取付方法の選択




こんにちは、寝袋!です。

冬山を登ろうとすると、必要になってくる道具の一つが、アイゼンです。

アイゼンについて一応説明しておきますと、氷や氷化した雪の上を歩く時に滑らないように、靴底に取り付ける金属製のツメのことです。

アイゼンには、

  1. ワンタッチ式
  2. セミワンタッチ式
  3. ストラップ式

と、3つの取付方法があります。

それぞれ長所短所があるのですが、現在、1番人気があるのはセミワンタッチ式です。

一般的に、

「簡単に取り付けできて初心者にも安心」

という説明の仕方をされています。

本当でしょうか?

初めてアイゼンを買う人は、ちゃんと違いを理解して、納得してセミワンタッチ式を買っているのでしょうか?

私は「ストラップ式」こそ、初心者向けだと考えています。

アイゼンの取付方法を説明して、その理由を書いていきます。

アイゼンの取付方法

それでは、まず取付方法を簡単に説明する。

ワンタッチ式

登山靴の前後の溝(コバと呼ぶ)に、金具とビンディングをはめて取り付ける方法。

前後にコバが付いている、専用の登山靴が必要だ。

セミワンタッチ式

ワンタッチ式が前後ともコバが必要なのに対し、セミワンタッチ式は、後側だけがビンディングで固定される。

登山靴は後ろだけコバがあればいい。

ストラップ式

前後ともすべてストラップで固定する、昔ながらの基本的な取付方法。

登山靴はとくに選ばない。

誤解を生む表現

誰でも最初は、(セミ)ワンタッチというと、

「スキーを履くように、ビンディングで『バチンッ』と固定されるんだな」

と考えてしまう。ところが、それは間違いで、じつは

「すべて最後はストラップで固定する」

のだ。コバとビンディングは、

「取り付ける時に噛み合って、固定されますよ」

というだけなのだ。

取付方法の比較

取付方法をいろいろな視点から比較してみよう。

登山靴との関係

まずは、登山靴との関係を表にしてみた。

前コバ 後コバ 相性 合わないと
ワンタッチ式 必要 必要 とても重要 外れる
セミワンタッチ式 不要 必要 重要 外れる
ストラップ式 不要 不要 なんでもOK 外れない


合わないとすぐに外れて使い物にならない。
コバを利用するものは、登山靴とアイゼンとの相性がある。

だから、アイゼンを買う時は、必ず登山靴をお店に持っていって、実際に合わせて買う必要がある。

また、最初に調整しておく必要があって、調整がズレるとやはりすぐに外れてしまう。

ここでお気づきの方もいると思うが、つまり、登山靴を変えるとアイゼンも買い換えなければいけない可能性があるということだ。

取り付け速度と固定力

次に、取付方法による、取り付け速度の違いと固定力の違いを表にした。

取り付け速度 固定力
ワンタッチ式 やや速い 強い。登攀などには安心。
セミワンタッチ式 やや速い 強い。登攀などには安心。
ストラップ式 普通 普通。

まず、取り付け速度だが、言葉で表すと表のように差がある。

だけど、実際の差がどの程度かと言うと、

「ワンタッチ式で3分かかるとしたら、ストラップ式だと3分30秒」

という程度なのだ。

慣れている人なら、ほとんど差はない。

また、ザックを下ろしたり、取り出したり、アイゼンを履くために停滞する時間全体からすると、誤差みたいなものだ。

どうだろう? イメージと違うという人が多いのでは?

アイスクライミング

「相性が良くて調整もバッチリ」な(セミ)ワンタッチ式は、固定力が強い。

ズレないので、アイスクライミングなど、前ツメを積極的に使う場合には大変頼りになる。

こういう登山を指向する人は、(セミ)ワンタッチ式を選んだほうがベターだ。

ストラップ式の取り付け方法解説

それでは、

「難しそう」

と言われる、ストラップ式の取り付け方法を説明していく。

地面に置く

登山靴を乗せる。夏靴でもOK。

前側のストラップの輪に靴の先端を差し込む

ストラップをリングに通す。

ラチェットに通す。これで前側終了。

ストラップを持ち・・・

反対側にまわしリングに通す

折返し・・・

ラチェットに通す

後ろ側終了。

前後ともギュッとストラップを引いてきつく締める

前側

後側

たったこれだけ。思ったより簡単だったのでは?

正直、ビンディングがあろうとなかろうと、「時間に差はない」と断言したいくらいだ。

最後に

私は、

  • 靴を選ばない
  • 外れにくい
  • 取り付け時間に差がほとんどない
  • 他人にも貸せる

というメリットが大きいので、初心者にはストラップ式のアイゼンをおすすめしたい。

(セミ)ワンタッチ式の長所は、取り付け時間などではなく、固定力の強さなのです。

もし前ツメを積極的に使うようなクライミングを楽しみたいなら、(セミ)ワンタッチ式を選ぶメリットは大きいです。

だが、そういうことをしないのならば、ストラップ式にデメリットは無いとお伝えしたいのです。

そもそも、ほんの少し前まで、ストラップ式しかなかったことを考えれば、ウソじゃないと解ってもらえるのではないでしょうか?

「ストラップ式で力不足」なシーンは、かなり上のレベルの話です。

どれを選んでも結構ですが、最初からストラップ式を除外するようなことだけは、しないでください。

それではみなさん、安全に山を楽しみましょう。お互いに。

私は信頼して使っています。

グリベルのエアーテックシリーズは、ツメが短めで歩きやすいので、初心者にはいいかもしれません。

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応