移住後の家計と、ペンション開業資金の貯め方




こんにちは、寝袋!です。

移住する費用と、仕事が決まるまでの生活費で貯金がゼロになってしまった私達。

これからは定期的な収入が見込めるようになったので、具体的にペンションの開業資金を貯めていかなくてはいけません。

あまり長く時間をかけると、またサラリーマン生活にどっぷりと浸かりそうだから、なるべく早く貯めなければいけないなと考えていました。

まずは当時の家計の概要を

記録がないのでだいたいの数字ですが、当時の家計の収支を書き出してみます。

月々の収入
私の給料 15万円

妻の給料 15万円(妻は看護婦の免許があり比較的給料が高かった)

合計 30万円

月々の支出
家賃 4万円

光熱費 1万円

食費 4万円

燃料費 2万円

保険その他 4万円

合計 15万円

こんな感じだったでしょうか? 単純計算で月々15万円の貯金ができます。

ただ、帰省費用や時々の旅の費用、本などの娯楽にも使うだろうし、時々は外食もすると考えると、もっと少なくなると思いました。

私達は話し合って、貯金の目標をとりあえず

「3年で500万円」

と決めました。まずはこれだけ貯めてみようと。

私が考える貯金の仕方

コツその1 貯金は定額だけ

目標を達成するのに必要な金額を計算して、それ以上でもそれ以下でもなく貯金していく。マシーンのように。

私達の例でいうと、3年で500万円だから、

500÷3÷12=13.9≒14万円

14万円だけ貯めればいいわけで、15万円貯める必要はない。意気込んで

「節制して月々貯めれるだけ貯めるぞ!」

などと考えると、節制に際限がなくなって辛くなってくると思いました。

もしかすると逆に14万円を下回る月も出てくるかもしれません。人間弱いものですからね。こういうバラツキは天敵です。

給料もらったらすぐに14万円を貯金に送り、残ったお金は自由に使っていい

欲しいものがあれば食費を削ってもいいし、余ればたまには贅沢な食事をしてもいいでしょう。そうしたやり方のほうが生活にメリハリが出てゲーム感覚で楽しいと思いました。

コツその2 目標は必ず紙に書いて冷蔵庫に貼っておけ!

3年という月日は長いです。

人生80年だとしたら約4%。懲役3年というと相手をぶん殴ってかなりの重傷を負わせた傷害を起こしてしまった場合に相当するようです。(関係ないか)

知らないうちに目標を見失ってしまったり、最初に決めたルールを破ろうとする弱い心が出てくるものです。自分もそうなる恐れがあると思ったので、紙に書いて冷蔵庫に貼っておきました。冷蔵庫の扉なら毎日必ず目に入りますから。

おかげさまで、3年経って紙が日焼けで茶色くなる頃、無事に目標を達成することができました。

おまけ

私はこのころ、映画『ショーシャンクの空に』を何回も何回も観ていました。

有名な映画ですが、観ていない人にはネタバレになるので細かいことは書きません。観たことある人ならわかりますよね。

「俺はきっと穴を開けてみせる」

そう奮い立たせていました。年月を耐え忍ぶのに最適な映画です。

 






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応