北海道の田舎で安く土地を探して買うなら、地主さんに直接当たれ




こんにちは、寝袋!です。

移住して3年後、私達は予定通り500万円という資金を手に入れました。

次にやるべきは、ペンションをやる土地を手に入れることです。

北海道の土地事情は独自の事情がありました。

試行錯誤の連続でしたが、私達なりに経験したノウハウがありますので、書いていきたいと思います。

不動産屋さんはダメ。直接地主を探すべし。

休日などを使用して、ペンションをやるのに適した場所を探しました。とりあえず私達が考えた条件は・・・

土地の条件
住宅地ではなく自然に囲まれた静かな場所がいい。

安いこと。

利便性を考えてあまりにも市街地から遠いのはダメ。

まず私達が間違ったのは、「売り土地」などと看板が出ている土地(=不動産屋が扱っている土地)を探してしまったことです。

不動産屋というのは地主と買い手の間に入って中間マージンを取る商売ですから、安い土地は扱いません。安い土地を売っても利益がないからです。

100坪で200万円、300万円なんて言われて買うわけにはいきませんでした。

私達が求めているのは、雑草ぼうぼうの荒れ地でいいから、とにかく安いのが条件でした。整地なんていらねえ!

地主は土地を売りたがってはいない。

不動産屋が当てに出来ないとなると、どうやって地主を探せばいいんでしょうか?

私は3年田舎で暮らしてきて「田舎はとにかくみんな知り合いみたいなもの」と感じていました。

「あの人は誰ですか?」

と聞くと、

「俺は直接は知らないけど、たしか○○さんの知り合いだったかな?」

というように、芋づる式にわかることが多かったのです。

そこで、職場の人や知り合いに、

「そろそろペンションをやる土地を探そうと思っているんだけど、どこか知りません?」

と言いまくることにしました。すると、

「土地のことなら、△△さんがいろんな地主知ってるから、あの人に言えば一発だ」

というアドバイスをもらいました。早速△△さんを訪ねてみると、あそこはどうだ、あそこもいいぞと、出てくるわ出てくるわ。

「よし、すぐに見に行こう」

とあちこち案内してくれるという話の進みよう。

「こんなに土地があるのに、どうして『売り土地』の看板ないんですか?」

と聞いてみたら、

「当たり前だ! 先祖が開拓した土地を積極的に売りたいやつなんていないさ。売って欲しいという人間がいたら売ってもいいと思ってるだけだ

なるほど、これは開拓して間もない北海道独自の土地事情かもしれない。売ったら先祖に申し訳ないと思っているみたいです。

お金は見ていない。人を見ている。

こうしていくつか土地を見せてもらって、一箇所気に入った場所がありました。

もともと畑をやっていたけど放置された荒れ地で、高台で見晴らしがよく、木々に囲まれた場所でした。

理想に近い土地でした。

地主さんに会うと、いきなりお酒を出されて、どこから来た? 今何してる? 何するんだ? と身辺調査が始まりました。

身辺調査というと語弊があります。初めて合う人同士の単なる飲み会でした。これが田舎流か。

「前にもあの土地欲しいってヤツいたけど、そいつ産婆さんだったから売らなかった。奥さん看護婦だろ?この辺り老人ばっかりだからいざという時助かるわ! ガハハ」

決まった・・・のか? 土地を手に入れたのか? やったーーーっ!

ちなみに・・・土地の値段

私が買ったのは1500坪。値段は25万円でした。

なんなんだ、土地の値段って。

相場よりかなり安い値段だったと思います。

「土地をよくするのは若者、よそ者、バカ者と相場は決まってる」

とても嬉しい言葉でした。

もしこれから北海道の田舎で土地を探す人がいたら、ぜひ地主さんに直接コンタクトをとって、会って話を進めてはいかがでしょうか。

不動産屋を通すより安いですし、いろいろ力になってくれる場合が多いと思います。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応