登山へ一眼レフカメラを持っていく方法(ロープロ/トップローダー50AW)




こんにちは、寝袋!です。

みなさんは、登山へ行く時にカメラは持っていきますか?

私は必ず持っていきます。

写真上手なわけではないですが、自分が観た風景を写真に撮ります。

ブログに書く時にも使いますし、なによりあとで見返して、その山を思い出すきっかけにもなります。

記憶ってどんどん曖昧になって薄れていくので、そのためにもブログや写真に残しておくのはおすすめです。

登山するうえで悩むのが、

カメラをどのように運ぶのか?

ということです。

カメラはいつでも取り出せるようにしておかないと、面倒になってほとんど撮りません。

「結局カメラは重い荷物なだけだった」

という経験がある人も多いのではないでしょうか?

コンパクトデジカメは簡単です。

小型ポーチをショルダーベルトに付けたり、ウエストベルトのポケットに入る場合もあります。

問題なのは、

デジタル一眼レフのような大きなカメラを持って行く場合

です。

私がベストだと思っているのは、チェストバッグという選択です。

私が使っている2つのチェストバッグを紹介して、あとで比較してみたいと思います。

まずは、

ロープロ トップローダーAW50

です。

【登山にカメラ】ロープロとパーゴワークスのチェストバッグ比較レビュー

2018年11月20日

登山へ一眼レフカメラを持っていく方法(パーゴ/パスファインダー)

2018年11月19日

そもそもチェストバッグの利点は?

登山にデジタル一眼レフを持って行く方法は、大まかに次の4つです。

  1. ウエストバッグ
  2. ザックの中に入れておく
  3. 首からストラップで下げる(手に持つ)
  4. そして、チェストバッグ

私はどれも試してみたのですが、それぞれ、

  1. 足を上げる時に干渉しやすい。腰辺りがベルトだらけになり煩雑。
  2. 取り出さない。撮る枚数激減。
  3. 危ない。カメラぶつける。

という欠点が嫌でやめてしまいました。

チェストバッグはウエストバッグに似ていますが、下げた位置が胸から腹辺りになるので、足には干渉しません。

ザックに取り付けることが出来るので、体が楽でした。

登山に大きなカメラを持っていくなら、チェストバッグがベストだと思います。

ロープロ・トップローダーの詳細

それでは、ロープロ・トップローダーの詳細を見ていきます。

前側のポケット

チャック付きの薄いポケットが前面についています。

私は手帳とペンを入れています。

レインカバー収納

レインカバーが背面に収納されています。

メイン気室

チャック付きの蓋を開けると、メイン気室です。

蓋の裏にはSDカードなどの薄いものを入れるポケットが付いています。

これもチャック付きです。

仕切り板なしの様子

仕切り板が付属していて、カメラの長さに合わせて調整できるようになっています。

私の場合は仕切り板はいらないのですが、衝撃吸収が上がると思って、一番底に敷いています。

OD-D EM-1に12-100mm

私が使っている、オリンパスOM-D EM-1に12-100mmf4で、ぴったり入ります。

フードは逆付けですが。

これが私のいつもの収納状態です。カメラと手帳。

garminのGPS 62Sを外付けで。

サイドのベルトを利用して、GPSを取り付けています。

このロープロ・トップローダーの長所は、ロープロというメーカーがそもそもカメラバッグを作っている会社なので、作りがとても頑丈だということです。

例えば中に何も物を入れなくても、外観は変わりません。

つぶせないのです。

他の多くのチェストバッグが「かばん」だとしたら、これは「ボックス」という感じでしょうか。

カメラを保護する性能は1番だと思います。

質実剛健、シンプルイズベストなチェストバッグです。

ザックへの取り付け方

トリコニ60に装着

ザックへの取り付け例を見てみます。

ザックのショルダーベルトにたいてい付いているDリングに、なんらかの方法で取り付ける必要があります。

残念なことに、取付用のアタッチメントのようなものはありません。

そこで私は、このようなS字型のカラビナを使っています。

通常のカラビナでもいいのですが、私はこちらのほうが付け外しがスムーズでした。

ちなみに愛用のザック、トリコニ60には適当な場所にDリングがなかったので、手作りでステンレスの輪っかを縫い付けてあります。

以上、ロープロ・トップローダーの説明でした。

もう1つのパーゴワークス・パスファインダーとの比較や使い分けのほうは別記事にまとめます。

【登山にカメラ】ロープロとパーゴワークスのチェストバッグ比較レビュー

2018年11月20日

登山へ一眼レフカメラを持っていく方法(パーゴ/パスファインダー)

2018年11月19日

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。