【面白い登山者】山へ「電気ひげ剃り」持って行く人




こんにちは、寝袋!です。

ペンション「シュプール」には、いろんな旅の人がやってきます。

その中で、北海道の山々を登る登山愛好家さんたちも、大きなウェートを占めます。

こっちが仕事しているのに、山へ登りに来た人たちの顔はキラキラしてて、目の毒です。

私の嫉妬はともかく、いろいろな登山者を観察していると、勉強にはなります。

勉強と言っても、反面教師もたくさんいますがね。

そして、愉快な習性の登山者を探すのが、ひとつの趣味になりつつあるくらい、楽しいことなのです。

私が鳥を観ていると

ある朝、私が愛用の双眼鏡で、窓から小鳥を観察していた時のこと。

誰かが隣に立った気配がした。

「双眼鏡ですか。山では世界が広がるんだよね。私も持っているけど、荷物が重くなるから持っていかなくなりましたよ」

これから縦走に出発する前のAさんが、体力あり余っていた若い頃を思い出すかのように、つぶやいていた。

「そうですね。持っていきたい物はたくさんあるけど、軽量化も大切ですからね~」

私も、山で双眼鏡を使う良さは知っているので、ちょっと同情する気持ちが湧いてきた。

頭を下にゴジュウカラ

え?

すると、Aさんが次に驚きの発言をしたのだ。

「私の場合、ヒゲが伸びるのが速いから、ひげ剃りは外せないからなあ」

私、思わずAさんを振り向いた。

「え? ひげ剃り持っていくんですか?」

Aさんは、私が何に驚いているのかもわからない様子で、

「うん、電気ひげ剃りね。山じゃ石鹸使えないでしょ?」

とおっしゃる。

「まあ、そうですけど・・・」

腑に落ちない様子の私を見て、

「縦走となると絶対伸びるから!」

力強く言い切るAさん。

Aさん、山では誰もヒゲのことなんて気にしないのでは・・・?

代わりに、双眼鏡持っていけばいいのに。

裏剱の山小屋で

それから数ヶ月経った秋。

北アルプス裏剱にある山小屋での出来事。

テント泊の予定が、台風の直撃を受けて小屋に逃げ込んだ翌朝だった。

その日は台風による増水のため、その小屋からすべてのルートが通行不可となり、皆が停滞を余儀なくされたのだった。

「はて、どうしたものか?」

それからのプランを練り直したり、小屋を修繕する様子を見たりして時間を潰していると、

ジジ、ジ、ジジジーー

なんと、電気ひげ剃りで、お顔をキレイにしている音が聴こえてきたのだ。

「ん? もしやAさん?」

と、チラリと視線を送ると、全然違う人だった。

おいおい、もしかして、縦走に電気ひげ剃り持って行く人って意外といるのか?

バカにしてたけど、私が無頓着なだけなのか?

「山は紳士のスポーツだ!」

などと一喝されたりするのだろうか?

みなさん、山に電気ひげ剃り、持っていきますか?






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応