【最高の女房役】クライマー中島健郎【絵がお上手】




こんにちは、寝袋!です。

可愛らしい童顔と、「ケンロー」という呼びやすい愛称のクライマー、

中島健郎

さんを記事にしたいと思います。

テレビなどで姿を観る機会が増えてきた彼ですが、彼の雰囲気はクライマーたちのなかでも独特なものがあります。

彼が誰とどのように山へ登っているのか、それを調べていくと、彼の個性が見えてきます。

この記事を最後まで読めば、中島健郎さんのことがわかりますよ。

登山家としての実績

彼は、平出和也さんと組んだシスパーレ北東壁登頂の功績が認められて、

ピオレドール賞(登山界のアカデミー賞)

を受賞しています。

他にも、エベレスト、マッターホルン、デナリ(マッキンリー)など登っています。

私たち一般人から見るとすごいですが、クライマーとしては特色があるものではないです。

テレビ番組に同行したり、先鋭的クライマーたちのパートナーとしての登頂が多いからです。

私も彼のことを、人柄などを好んではいましたが、

「クライマーとしては平凡なのかな?」

などと侮っていました。

平出和也さんと一緒に登頂した、シスパーレ北東壁の新ルート開拓で、

「正直、彼を見直した」

のです。

ダウラギリのエピソード

左が竹内氏、右が中島健郎

2014年、竹内洋岳さんが、8,000m峰14座完登をかけて、ダウラギリ(8,617m)に挑みました。

8,000m峰14座完登とは?
地球には、標高8,000mを越える山が14座あり、それをすべて登ることは、登山家の目指す目標の1つです。

竹内岳洋さんは、2014年にこのダウラギリが14座目でした。

そこで、彼のパートナー兼カメラマンとして同行したのが、中島健郎だったのです。

中島健郎は体調が悪く、7,000m付近で動けなくなってしまいます。

本人はもっと登る意志を示していたのですが、

「これから上に行って、調子がよくなることはないよ。悪いけど、ここで引き返して欲しい」

と竹内洋岳さんに説得され、引き返すことになりました。

竹内洋岳さんは一人で登頂し、疲労困憊で帰ってきたときに、

「ケンローがいないから、苦労しちゃったよ(笑)」

と、穏やかに声をかけていました。

その時は、竹内洋岳さんの優しさを感じたシーンでした。

デナリのエピソード

デナリ(マッキンリー、6,168m)にテレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」でカメラマンとして登りました。

主役のイモトアヤコが登頂したときは、悪天で景色が悪かったため、翌日、1人でもう一度登って山頂からの景色を収めて帰ってきたのです。

「2日連続で登頂って・・・」

近所の山でさえ2日連続で登れと言われたら嫌なのに、仕事とはいえ、すごいなと思いました。

中島健郎はクライマーでありカメラマンでもある(平出和也さんと同じ)ので、自分だけで行って撮影できるという強みがあります。

「1人で登った2回目の方が、山を楽しめたんじゃないの?」

と、本人に聞いてみたいところです。

シスパーレのエピソード

シスパーレに登ったときの様子は、NHKの番組で詳しく観ることができました。

平出和也さんの記事を書いたときに、そちらは詳しく書いていますので、そちらも読んでいただけると嬉しいです。

【シスパーレ】クライマー平出和也さん【裸で縄跳び高度順応】

2019年2月5日

今回は、それ以外の中島健郎さんの様子を書いてみたいと思います。

お好み焼きをふるまうシーン

登山の天候待ちの間に、彼がお好み焼きを作って振る舞うシーンがありました。

関西人だけあって、お手の物なのでしょう。

とても楽しそうに作って、食べていました。

「暇さえあれば懸垂」というナレーション

平出和也さんとともに、暇さえあれば懸垂していたようです。

しかし、どちらかというと、平出さんが習慣的にやっているのを、後輩の彼が無理やりやらされていた感もあって、微笑ましかったです。

苦しそうに笑っているのが、こちらも楽しい気分にさせてくれます。

彼は、そういう雰囲気の人なんだというのが、伝わってきました。

本題の登攀ですが、今回、最後のほうは平出さんがかなり体力を消耗しているのに対し、中島健郎さんは最後までタフで強かったです。

「彼がパートナーじゃなかったら、登頂は難しかったんじゃないだろうか?」

そう思えました。

とくに、テレビでは収録されていない「下山の様子」が、ブルーレイのほうでは観ることができます。

平出さんは消耗しきっていて、

「俺、バテてるから、しっかり確保してくれ」

とお願いして、2人でなんとか下山したのです。

中島健郎、強し!

ほんとうに見直しました。(上から目線ですみません)

このブルーレイは本当におすすめです。

BSで放送されたものも素晴らしかったですが、特典映像も含め、いろいろなシーンが追加されていますよ。

中島健郎が付けていた記録の文字が、最後のほうはほとんど読めないような文字でした。

いかにあの下山がキツくて、ギリギリだったのか、よく伝わってくる映像でした。

彼の特徴

私が彼に惹きつけられる個性、特徴を書き出してみたいと思います。

いつも微笑んでいる

彼はいつも柔らかい印象で、あまり前に出てこないシャイな性格です。

登山で起きる様々な過酷な環境を、他の人達は気合と根性で、力づくで乗り切っていくイメージなんですが、彼はノホホンと、淡々と乗り越えていく感じです。

もちろん、彼だって辛いのでしょうが、辛さはあまり感じさせないんですよね。

麦わら帽子を被っている(た?)

若い頃(彼は今も30代前半で若いですが)、いつも麦わら帽子を被っていました。

大きなザックに麦わら帽子という格好で、スゴイところを登っていく姿は特徴的でした。

今は、どうかわかりません。

絵が得意

シスパーレでは、彼が登攀ルートの計画や、登山日記を絵で描いています。

登攀計画

テントがスノーシャワーで埋まったときの絵

平出さんがスノーシャワーで埋まったときの絵

私のような絵心ない人間からすると、何気ないこういう絵が、とてもうまく感じます。

高度順応が苦手

彼は、残念ながら、非常に高所に弱いタイプの人間だと思います。

生まれつきで、強い人と弱い人がいるらしいです。

つらそう

さらに、つらそう

かわいそうなくらい、つらそう

平出さんが全然平気なのに、彼だけ、とても辛そうなんです。

上で書いたダウラギリのときも、結局は高度順応がうまく出来ずに体調を崩したのです。

彼にはこれからもどんどん活躍して欲しいですが、この「弱さ」を乗り越えなくてはいけません。

こういう弱点を持っているのも、彼の魅力だと私は感じています。

なぜ彼が選ばれるのか?

彼は、なぜいろいろなクライマー、TV番組でパートナーとして選ばれるのでしょうか?

私なりに考えてみました。

撮影が得意

まずはなんといっても、カメラマンとしての腕がいいので、

「記録を撮ってほしい」

ほうの人間からすると、喉から手が出るくらい魅力でしょう。

かつて、平出和也さんも竹内洋岳さんの登山や、三浦洋一郎さんの登山のカメラマンとして頑張っていました。

登れるカメラマン

は貴重なのです。

じつは登攀技術が優れている

クライマー同士の比較は私などには出来ませんが、シスパーレで平出さんが中島健郎にほとんどトップ(先に登ること)を任せています。

いわゆる、エースの立ち位置です。

これは、少なくとも平出さんが

「中島健郎なら大丈夫」

と、登攀能力を認めているということです。

「俺が俺が」じゃない

一般的に、登山家(とくに先鋭的な人になればなるほど)は、ギラギラしていてリーダー的な存在が多いです。

「俺が登ってやる!」

という意欲が半端じゃないのです。

たぶん、そういう人同士が組むと、うまくいかない場面も出てくると思うのです。

チームワークがとても必要なんじゃないかな?

その点、彼は一歩下がって立つような性格のようですし、温和な雰囲気もあって、彼らに重宝がられるのだと推測します。

一言で言えば、

「いい後輩」

なわけです。

彼が「自分の山」を登るときが楽しみ

先日、放送された番組で、平出和也さんが、次の目標を前人未到の

K2西壁

に定めて、偵察に行く様子が放送されていました。

パートナーは、中島健郎です。

クレバスに落下したシーン

2人で逆立ちの図

一筋縄ではいかないルートのようで、平出さんが、

「今ざっと見て、行けて半分」

と話していました。

私は、その挑戦が行われるのを、楽しみに待っています。

しかし、ファンとして、もう一つ楽しみにしていることがあります。

それは、シスパーレにしろ、K2にしろ、あくまでも平出和也さんの登山なのです。

もちろん、リーダーとパートナーとで、功績に差が出るとは思ってはいません。

でも、なんというか、

「彼が自分で行きたいと決めて、計画を立てる登山」

を見てみたいと思っています。

どんな山を登るのかなあ?

期待を込めて、これからの彼を見守っていきたいと思っています。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応