【超簡単】岩場で一時的にストックを収納する方法【2通り】




こんにちは、寝袋!です。

登山用のストックを使っていて、困るときってありませんか?

たとえば岩場などにさしかかって、両手を開放したいのに、ストックが邪魔になります。

一度ザックを下ろして、ストックを収納すればいいのは、誰でもわかっているのです。

でも・・・面倒ですよね?

岩場が短くて、すぐにまたストックを使うことが見えている状況では、とくに!

そういうときに、私がやっている、超簡単な方法をお教えしましょう。

日帰りザックの場合と、縦走用ザックの場合、2通りの方法について説明します。

基本的なストックの収納方法

まず、本題に移る前に確認です。

「みなさん、ザックへの正しいストックの取付方法、知ってますか?」

ベテランでも案外知らない人がいるので、一応、読んでみてください。

登山ストック&ピッケルのザックへの正しい取付け方【意外と知らない】

2019年2月10日

オスプレーのザックの場合

まずは、オスプレーのザックに付いている、ストック収納機能

『ストウオンザゴートレッキングポールアタッチメント』(長いですね)

を見てみましょう。

これは、とても便利な機能です。

特許の関係なのか、オスプレー以外のザックではみかけません。

「いいなあ、これ」

と思いながらも、私はオスプレーのザックは好みではないのです。(いいものですけど、好みの問題です)

オスプレー公式HPより なぜこんなセクシーな格好で?

一応、これを覚えておいてください。

私が次に紹介する方法は、もっと簡単です。

しかし、その方法は、日帰り用ザック(せいぜい40㍑程度)では大丈夫なのですが、縦走用のザックになると、大きくて出来ないのです。

そこで、縦走用ザックでも私なりに工夫して、違う方法を考えました。

その方法の原型は、このオスプレー方式になります。

私の方法①日帰りザック

それでは説明に移ります。

この方法の優れたところは、

  • 超簡単で誰にでも出来る
  • 小型ザックならどれでも出来る

というところです。

いいですか? 3コマで終わりますよ?

①ストックを短くする

②背中とザックの間に差し込む

③はい、完成!

ウソのように簡単でしょ?

ザックの中には多少の荷物が入っていますから、その重みで体への固定は十分強いのです。

ほとんど動きません。

これは、じつはピッケルを一時的に収納する方法の1つ(に近いもの)です。

ピッケルから入らずに、ストックから使い始める最近の登山者は、案外知らないことです。

私の方法②縦走用ザック

先程の背中に差し込む方法は、縦走用の重いザックでも、無理ではないです。

しかし、縦走用には縦走用に適した方法があるのです。

先程も書きましたが、基本はオスプレー方式に近いです。

しかし、準備さえしておけば、どのザックでも可能だと思いますので、便利ですよ。

①ストックを短くします

②ストックの先端を、ピッケルホルダーに差し込みます

拡大。ピッケルホルダーはザックの底についているループです。

③ストックのアームバンドを揃えて

④あらかじめザックに付けておいたカラビナに通します

拡大。カラビナは自分の使いやすい位置に付けましょう。

⑤完成! このまま歩き続けても邪魔ではないです

準備としては、ウエストベルトなどに、大きめのカラビナを1つ付けておくだけです。

どんなザックでも大丈夫です。

最近流行りの、折りたたみ式ストックでは無理ですね。

この場合は、ショルダーベルトに直接固定するのが、トレラン界ではよくやりますね。

どうでしょう?

私的には、オスプレー方式よりストックが邪魔にならず、使いやすいと思っています。

最後に

岩場にさしかかった時、一度ザックを下ろしてモタモタしている人を尻目に、

「サッとストックを収納」

して先に行き、岩場が終わったら、

「サッとストックを取り出して」

さらに先へ歩いていく。

こういうスマートさが、山では大きな差になって現れてきます。

とても簡単な方法で、面倒なことが1つ減りますから、オススメです。

ぜひ覚えておいて、山で使ってみてください。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応