【簡単】エスビット固形燃料で自動炊飯する方法【ミリタリー1個14g】




こんにちは、寝袋!です。

登山などのアウトドアで、自分で炊いたご飯というのは美味しいものです。

お湯で戻すアルファ米も便利ですけど、私は断然『炊飯派』です。

炊飯と言っても難しく考えることはなく、ガスはもちろん、固形燃料やアルコールでも簡単にご飯が炊けます。

とくに、火力調整の出来ない固形燃料は「災い転じて福となす」で、

着火するだけで最後まで何もしない『自動炊飯』

が出来ます。

エスビットの固形燃料(ミリタリー14g)を1個だけ使って、自動炊飯する方法を詳しく解説します。

「12分しか燃えないのに、ご飯が炊けるはずないよ!」

という疑問も、実験で説明します。

固形燃料に着火するだけで、自動的にご飯が炊けるので超簡単!

軽量な固形燃料でごはんを炊きたい!

ご飯の炊けるいい香り

炊飯の基本の流れ

アウトドアでご飯を炊くとき、基本的な流れは以前ガスストーブでの炊飯で解説しています。

炊飯の基本的な流れをご存知ない人は、まずはこちらの「山やキャンプでご飯を炊く超基本」をお読みくださったほうがわかりやすいかと思います。

基本的には、

  1. 米を水に30分つける
  2. 強火で沸騰させる
  3. 沸騰したら弱火で20分
  4. 10分ほど蒸らす(放置)

となります。

ガスの場合は火力調整が簡単ですが、固形燃料は火力調整ができないところが問題点です。

そのため、

「1回火をつけるだけで、放置するだけでご飯が炊けなければいけない」

という、いわゆる『自動炊飯』が必要になるわけです。

炊飯の条件

今回使ったものは、

  • エスビット チタニウムストーブ
  • エスビット固形燃料ミリタリー14g・・・1個
  • 風防

です。お米を1合炊く場合を想定しています。

12分じゃダメじゃない?

エスビット固形燃料ミリタリーは「14gで、約12分燃焼する」と書かれています。

ここで多くの人が疑問に思うでしょう。

「沸騰させたあと、20分間弱火で炊く必要があるのに、12分しかもたない燃料で炊けるわけがない!」

そうなんです。私もそう思っていました。

でも、炊けるんです。

エスビット燃料で自動炊飯した様子

それでは、実際に自動炊飯してみた様子をみてください。

米を1合水に30分以上漬けます

超軽量なエスビットチタニウムストーブを愛用しています

ミリタリーを1個置いて、風防をセットします(今回は室内ですが)

着火!

クッカーを載せます

8分ほどで沸騰しました

約8分で沸騰

そのまま放置してスタートから約21分で火が消えました

12分しかもたない燃料が21分?

キレイに炊きあがっていますね

そのまま15分ほど蒸らしました(放置しただけ)

焦げもなく完璧に炊きあがりました!

結果を言いますと、

  • 12分しかもたないはずの燃料で
  • 8分かけて沸騰して
  • その後13分弱火で維持して

自動炊飯成功です。

私がやったことは最初に着火しただけで、蒸らしまで約35分間放置しただけで、ご飯が炊けました。

ハッキリ言えば「ガスで炊くより簡単だった」のですが、どうしてうまくいくんでしょう?

私には3つの疑問が浮かびました。

エスビット固形燃料の3つの疑問

そもそも「12分しかもたない」と公式に書かれているのに、21分も燃焼するのもおかしいです。

「どうしてだろう? 理由を突き止めなくては安心して使えない」

と私は思いました。

そこで、次の3つの疑問に答えを出すべく、実験してみたのです。

  1. 実際のところ、エスビット固形燃料は何分燃えるのか?
  2. 炊飯のときはどうして20分以上燃えたのか?
  3. 燃焼時間を調整するために、固形燃料を増やしたらどうなるか?

固形燃料をいくつか無駄にしましたが、その成果は次のようになります。

疑問「エスビット固形燃料は実際何分燃えるのか?」の答え

最初の実験は、ただ固形燃料を燃やしたら、何分間燃えるのかを調べました。

はたしてメーカーの言うとおり、12分燃えるのか?

着火前

着火!

5分経過・・・強火のままです

10分経過・・・やや弱まりました

11分・・・弱火

12分・・・ここで燃え尽きるはずなのに

13分たちました

14分

15分

消えました

約16分でした

なんと、エスビット固形燃料は、16分間燃えて消えました。

「12分燃える」という公式の説明は、

「ある程度強い火力がもつのは12分ですよ」

ということなのだと思います。

これで「16分燃えます」なんて書いてあったら、ちょっと困りますね。

良心的な注意書きだと思います。

しかし、こと炊飯に限って言えば、沸騰させた後の「トロ火」が重要なので、

エスビット固形燃料は16分燃える

と考えていいのです。

しかし、先に書いたように、実際の炊飯では21分燃えました。

公式説明より長く16分燃えることはわかりましたが、まだ疑問は残りますよね。

疑問「どうして炊飯のときは20分以上燃えるのか?」の答え

そこで、クッカーを置いて、実際の炊飯に近い状況で燃やしてみました。

クッカーの中には、空焚き防止のために、水だけ入れてあります。

着火!

5分経過

10分経過・・・このあたりまで強火です

15分経過

20分経過・・・あれ?なんで?

消えそう・・・

消えました

20分以上もってる!

なんと、上にクッカーを置くと、20分以上燃えるようになりました。

観察していたのですが、上にクッカーを置くと、最初から火力がやや弱めに燃焼している感じでした。

これは、

  • クッカーと風防で酸素の供給量が少なくなる?
  • 熱がこもりやすいので燃料が長持ち?

のだろうと推測しています。

とにかく結果的に、炊飯の状況では、

エスビット固形燃料は20分以上燃え続ける

ということがわかったのです。

これならば、炊飯に必要な、

強火で沸騰させて、その後弱火で20分ほど炊き上げる

という条件に、ある程度近くなる(沸騰8分・その後12分ですが)ことがわかりました。

だから、エスビット固形燃料で自動炊飯が可能なのです。

疑問「固形燃料増やしたら長くもつのでは?」の答え

ここで私は考えました。

「だったら、固形燃料を少し増やしてあげれば、もっと長く炊けるのでは?」

そこで、固形燃料を1.5個(エスビットは手で簡単に割れます)にして、燃焼時間を計測してみたのです。

1個の上に半分を置きました・・・アホな説明ですね

着火!

5分経過・・・めちゃくちゃ強火です

10分経過

15分経過・・・あれ?

消火!

16分ちょっと

着火後から、通常より大きな炎が上がって、

「おおっ、これはすごい」

と思っていましたが、時間的にはたいして変わりがない16分で燃え尽きてしまいました。

つまり、

固形燃料は量を増やしても長持ちしない

火力が上がるだけ

という結果になりました。

ということは、もし固形燃料を使って燃焼時間を長くしたいならば、あとで追加していくなどの方法が必要になるのでしょう。

それは面倒なので、自動炊飯には使えません。

補足
そもそも1個で上手に炊飯できるので、燃料を増やす必要はありません。

勘違いしやすいところなので、参考までに実験してみただけです。

まとめ「エスビット固形燃料で自動炊飯する方法」

固形燃料の燃焼のイメージ

実験のために記事が長くなりました。

グラフにまとめると、上のようなイメージです。

「細かいことはいいから、とにかく自動炊飯のやりかただけ教えてくれ!」

という人は、簡単です。

  1. お米を30分以上漬け込む
  2. エスビット固形燃料(ミリタリー14g)1個着火
  3. そのまま放置
  4. 35分後に食べなされ

以上!

固形燃料は、序盤は火力が強く、後半はチョロチョロ弱火が続くので、炊飯に向いているのです。

ただ、ご自分のクッカーとストーブで、1回は練習してから山へ行ってくださいね。

私はガスで炊飯すると、うっかり時間を忘れて、火力調整が遅れてしまうこともしばしば。

そういうおっちょこちょいでも簡単な「エスビット固形燃料による自動炊飯」ぜひお試しください。

たったの15g・・・最軽量かな?

愛用の風防。ハサミで切って使います。チタン製でたったの15g。

ガスから固形燃料で一気に軽量化のおすすめ「じつは難しくない」

↑そもそも固形燃料のメリット・デメリットについて知りたい人はこちらの記事もどうぞ。

 

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。