【黒部の最重要拠点】阿曽原温泉小屋の宿泊ガイド【ブログ必読】




こんにちは、寝袋!です。

富山県黒部峡谷の奥地に、阿曽原(あぞはら)温泉小屋はあります。

登山者に人気のコース「水平歩道」や「下ノ廊下(しものろうか)」を歩く上で、欠かせない山小屋です。

いっぽう、登山者だけでなく温泉マニアにも、

「日本一行くのが危険な温泉」

として有名です。

黒部という特殊な土地にあるので、この山小屋は、他とはちょっと違う点もあります。

「阿曽原温泉小屋へ行ってみたい!」

「黒部峡谷を歩いてみたい!」

という人は、絶対に調べてから行くべきです。

わかりやすくまとめてみましたので、どうぞ。

阿曽原温泉小屋とは?

ここにたどり着くと、ホッとします

黒部峡谷は、日本の中でも最も厳しい自然環境の1つです。

その谷の奥に、崖にしがみつくように建っている山小屋が、阿曽原温泉小屋です。

もしこの山小屋がなかったら・・・もしこの小屋番がいなかったら・・・

黒部峡谷を一般の登山者が歩くことは、不可能になるでしょう。

黒部という大自然の中に、人間が立ち入るための最前線の砦と言えます。

誰がやってるの?

佐々木泉さん

小屋番は、佐々木泉さんです。

元富山県警山岳警備隊で、山のエキスパートです。

富山弁で豪快に話す姿は、一見怖そうですが、とても優しい山男です。

厳しさはすべて、登山者の安全のためなのです。

登山道の維持はこの小屋があってこそ

この佐々木さんをして、

「黒部に例年はない」

と言わせるほど、黒部の環境は毎年変わります。

豪雪、雪崩、強風、雪の融け方、で同じ年は2度とないのです。

そのため、登山道を臨機応変に直したり、新しいルートを工作したりしなければいけません。

佐々木さんほどの山男でなくては、務まらないでしょう。

私感ですが、日本最強の山小屋主人と思っていますし、大好きな人です。

余談ですが、ゴム長履いてさっそうと歩く姿、惚れ惚れします。

毎年組み立てて解体する小屋

組み立てと解体を繰り返す

「黒部にどんな立派な小屋を建てても、雪崩で壊されるのが関の山」

ということで、阿曽原温泉小屋は、毎年組み立てて解体することを繰り返します。

資材はトンネルの中で保存

冬の間は、小屋の部材はコンクリートのトンネルの跡地に保管されています。

もちろん佐々木さん一人で出来る仕事ではないので、佐々木さんを慕う仲間たちの手によって維持されているのです。

こういう方々がいつか居なくなってしまったら、この小屋は、このルートは、どうなってしまうのでしょう?

行けるうちに、たっぷり行っておきましょう。

阿曽原温泉小屋へのアプローチ

「どうしてこんな奥地に、山小屋が必要なのでしょうか?」

上の図のように、

  1. 欅平(けやきだいら)から水平歩道
  2. 黒部ダムから下ノ廊下
  3. 仙人池から雲切新道(くもきりしんどう)

と、どこから歩いても、1日歩かねばなりません。

どのルートも、登山者のあこがれで大人気です。

水平歩道

断崖絶壁に岩をくり抜いて作られた、驚くべき「水平歩道」。

「黒部に怪我なし」

つまり、黒部では落ちたら絶対に「死亡」で、「怪我で済むことがない」ということです。

志合谷のトンネル(ヘッドライト必須)など、変化があって飽きません。

スリルがあって、とても面白いルートです。

下ノ廊下

下ノ廊下は、「水平歩道」よりさらにアクロバティックで危険な道です。

手すりは針金だけ、足場は組んだ丸太だけ、という場所も多いです。

阿曽原温泉小屋に宿泊しよう

温泉がある山小屋

いずれのルートから来るにしても、この山小屋(もしくはテント)に泊まらないのは、もったいないです。

無理して通過できないことはありませんが、オススメしません。

めったに来れないところです。

ぜひ、ゆっくりして欲しいと思います。

なんと言っても、こんな山奥で温泉に入れるなんて、まさに贅沢です。

繁忙期以外は通常の夕食メニューです

阿曽原温泉小屋は、名物のカレーが有名です。

テレビなどで放送される時は、たいてい繁忙期の紅葉の季節ですから、毎回カレーのように思います。

しかし、じつは繁忙期以外は、通常のおかず、ご飯、味噌汁という一般的なメニューなんです。

ご主人の佐々木さんに黒部のお話を聞く時間があれば、ぜひどうぞ。

面白いですよ。

テント場もあります

繁忙期に混むのはテント場も同じ

小屋を少し下がった所に、テント場があります。

高山帯のテント場ではないので、環境的にはとても恵まれたテント場です。

温泉が湧くほど地熱が高いので、ヘビが出るのがちょっと困りものですが。

テント場利用者でも、もちろん温泉に入ることが出来ます。

混雑期について

いわゆる雑魚寝です

阿曽原温泉小屋は、繁忙期が他の山小屋とはちょっと違います。

お盆休みや夏休みに、人が押し寄せることは少ないと言えるでしょう。

黒部峡谷のトップシーズンは、紅葉が見頃になる9月下旬から10月なのです。

下ノ廊下の開通(雪融けにより時期は異なります)が、だいたい紅葉と重なります。

ですから、その短い期間に、大量の人が押し寄せるのです。

繁忙期の夕食は名物カレーです

定員は50人となっていますが、この時期は食堂もすべて寝るスペースとなります。

100人近い人が入ることもありました。

食事は30分カレー食べ放題の3回戦となり、食べる方も提供する方も必死の形相です。

阿曽原温泉小屋の名物は、カレーと言うよりカレーの食事風景というほうが的確?でしょうか。

注意
遭難救助などの緊急時の対応のため、食堂への人の詰め込みをやめる方針だそうです。

詳しくはあとで紹介する「阿曽原ニュース」をチェックしてください。

阿曽原温泉小屋は、救助隊も常駐する時期がある重要拠点ですから。

情報は小屋番のブログで

阿曽原温泉小屋の公式HPのなか、小屋番の佐々木さんが書いている日記「阿曽原ニュース」はとてもおもしろいです。

登山道の情報はもちろん、過去の事件、事故、山のあれこれ、警備隊時代の逸話など、ほぼ毎日更新されています。

阿曽原温泉小屋公式HP

日記「阿曽原ニュース」

阿曽原温泉小屋へ行く必読書

熱気の吹き出すトンネル

この阿曽原温泉小屋に泊まりに行くということは、黒部峡谷を歩くということです。

その時は、ぜひ、小説『高熱隧道』(こうねつずいどう)を読んでから行くべきです。

水平歩道の歴史、温泉の理由、黒部開発のあれこれがわかる、とても面白い小説(実話)です。

歩く楽しみが、2倍3倍になることをお約束しましょう。

阿曽原温泉小屋情報

かならず、公式HPの情報を確認してから、予約してください。

一から十まで電話で聞こうなどという、半端なことはやめましょう。

「HP見ればわかるようなことは、自分で調べてから電話してこいバカヤロウ!」

と、佐々木さんに怒鳴られるようなことが、ありませんように。

紅葉狙いの方々は別として、水平歩道目的の方、裏剱からの縦走者、温泉目的の人は、かえって人が少ない時期が狙い目です。

足元に気をつけて、楽しんで来てください。

【営業期間】7月中旬~10/29宿泊まで

【収容人数】50人

【料金】一泊二食 10,000円 素泊まり 7,000円

【テント場】30張 800円/人 温泉700円

【連絡先】〒938-0862 富山県下新川郡宇奈月町浦山1402-2 佐々木泉 :TEL 0765-62-1148






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応