「軽いから」という理由でアルファ米を使うのは間違いです




こんにちは、寝袋!です。

登山する人が山で食べるご飯(お米)は、ほとんどの人がアルファ米だと思います。

お湯を入れて10数分待つだけで、ご飯が出来上がります。

とくに技術もいらないし、誰でも簡単に、同じように食べられますよね。

種類も豊富で、お好みでいろいろな味を選べるのも良いところ。

でも、少し勘違いされていることがあるので、そのあたりをお伝えしたいと思っています。

ずばり、

「アルファ米は軽くはないよ」

「軽いからアルファ米を選ぶのは間違いですよ」

ということです。

もちろん、軽さ以外にもメリットがありますので、とても便利なものです。

アルファ米のことをちゃんと知った上で、長所短所を理解して、使ってくださいね。

アルファ米は軽くはありません

これはカレーを入れて食べた時かな

「アルファ米は軽いから、山ではこれでしょ!」

っていう言葉、あなたも聴いたことありますよね。

実際、私もアルファ米は軽いと思っていました。

でも、それが間違いだとわかったときは驚きました。

アルファ米の重さ

アルファ米116g

試しにアルファ米1袋の重さを量ってみると、116gありました。

これが完成すると260gになります

パッケージには、できあがりは260gと書いてあります。

米1合の重さ

比較対象として、普通のお米を比べてみましょう。

お米1合とジップロックで158g

お米1合をジップロックに入れて重さを量ると、158gありました。

問題は、お米1合はできあがるとご飯何gになるかですね。

じつは、ご飯は1合で340gになります。

ということは?

比較してみると?

「もとの重さ1gあたり、何gのご飯に出来上がるか」計算して、わかりやすく表にしてみました。

重さ 出来上がり もと1gあたり
アルファ米 116g 260g 2.24g
158g 340g 2.15g

多少アルファ米のほうが大きい数字が出ましたが、ほとんど差がないことがわかると思います。

そうなんです。

アルファ米は「軽いから」選ぶというのは間違っているんですね。

じゃあ大きさは?

大きさを比較してみると・・・?

「ええ!でも、アルファ米は山では常識でしょ?重さが変わらないのなら、かさばらないとか?」

そう思う疑り深い人もいるかもしれません。

あまりアルファ米とお米って並べて比べることありませんからね。

答えは上の写真を見ていただければ一目瞭然ですね。

お米1合のほうが、(それより出来上がりが少ない)アルファ米1袋より小さいでしょ?

「いやいや、パッケージから出したら変わらないんじゃない?」

と言われれば、じつはそうなります。

お米もアルファ米も体積は同じと言っていいでしょう。

でも、少なくともアルファ米のほうが、かさばらないということはないんです。

せいぜい同じ程度なんです。

結論:アルファ米は軽くはないしコンパクトでもない

以上、アルファ米はお米より軽くはないし、コンパクトでもないことがわかりました。

あれ? じゃあ、アルファ米はどうして登山で使われるんでしょうか?

もちろん、メリットがあるからですよね。

次に、アルファ米のメリット・デメリット、対してお米のメリット・デメリットを考えてみましょう。

アルファ米のメリット・デメリット

昔はよく使ってました

メリット

  • お湯を入れるだけという手軽さ
  • いざというとき水でも戻せる
  • お湯を入れておいて、あとで食べられる
  • いろいろな味が食べられる
  • 燃料はお湯を沸かすまで

ちょっと補足すると、例えばテント泊の朝に、アルファ米の中にお湯を入れて、そのまま持ち歩くことができるのです。

どんどん冷めてしまいますが、お昼ごはんとして食べることができます。

日帰りならばおにぎりを持っていけますが、縦走ではそうはいかないので、手軽なお昼ごはんになるというわけです。

デメリット

  • イマイチおいしくない(いつものとは違う味)
  • 単価が高い
  • ゴミが出る

味に関しては個人差がありますが、お米から炊いたご飯より美味しいと言う人はいないでしょう。

ゴミが出るから、ジップロックに入れたりすることは出来ます。

米のメリット・デメリット

慣れれば簡単

メリット

  • 美味しい(いつも食べてる味)
  • 安い
  • 量を調整できる

デメリット

  • 炊く方法を覚える必要がある
  • お湯では駄目、必ず火が必要
  • 燃料消費はアルファ米より少し多い

実は簡単ですよ!

私としては、ほんとうは炊飯方法を覚えることをデメリットには入れたくありません。

やってる人はみんな知ってると思いますが、

「炊飯は難しいと思いがちだけど、じつは簡単」

だからです。

食わず嫌いといいますか、やらないから尻込みするだけなんですよね。

まとめ:アルファ米を軽いから使うのは間違いですよ

いろいろな味があるのはいいですけどね

長々と説明してきましたが、知ってほしいことは唯一つ。

アルファ米を軽いから選ぶというのは間違い!

ということです。

アルファ米にも、お米にも、フリーズドライにも、それぞれ長所・短所があります。

みなさんそれぞれが自由に選んでもらっていいのですが、

「アルファ米って軽いしコンパクトだからいいよね!」

と、勘違いで選んでほしくないんです。

あれ? 軽くないなら、コンパクトでないなら、アルファ米ってどうして選ばれるんでしょう?

ちなみに私は、昔アルファ米を使っていましたが、今では「美味しさ」を重視してお米を選んでいます。

あなたはなぜアルファ米を選んでいますか?

山やキャンプでご飯を炊く超基本「失敗しないコツは1つ」

【防災・登山】非常食のアルファ米の秘密【意外な1番人気がこれ?】

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。



スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。