メガネ登山者の憂鬱と問題を解決したい【曇り・破損・サングラス】




こんにちは、寝袋!です。

中学生の頃から視力が悪くなって、それからずっとメガネと一緒に生きてきました。

メガネは近視の自分を助けてくれる素晴らしいものですが、そのぶん不便さも与えてくれる諸刃の剣です。

お風呂に入るとき、プールで泳ぐとき、おしゃれしたいとき、

「不便だなあ。こんな苦労するなら、もっと視力に気をつければよかった」

と思いながら過ごしてきました。

ところが、登山を始めると、もっと不便になりやがった!

「メガネ使用者は、一流の登山者にはなれないかも・・・(おおげさ)」

そう思いながらも頑張ってきましたので、かなり解決できたように思います。

メガネで登山するときの、いろいろな憂鬱や問題、そしてその解決法を語ります。

すべてのメガネ登山者仲間に、幸あれ!

メガネが曇る

こんな感じ。カメラのレンズが曇った写真。

メガネを使うことの、最大の問題点!

日常生活では、お風呂に入るときや、温かい部屋に入ったときだけ気をつければいいことでした。

ところが登山では、自分の吐く息で、メガネが曇ってしまいます。

晴れた夏山ならばそんなことないのですが、寒くなったり、湿気を帯びてきたり、ゼーゼーと吐き出した空気が、そのままメガネのほうへ上昇してきて曇っちゃいます。

そう、メガネは「辛い時に、もっと辛くしやがる」のです。

バラクラバをすると曇る

バラクラバが必要な冬は最悪

寒い時期の登山では、バラクラバ(目出し帽)を使います。

これが、まあ最悪です。

口から出た吐息が、逃げる場所がないので、鼻の隙間を通過して全部メガネの方へ集中してきます。

対策はされてるけど・・・

  • 通気性のよい素材
  • 鼻のところだけ下向きに換気口
  • 口元には細かい通風孔

そんなメーカーの工夫や宣伝文句は、焼け石に水です。

頑張って対策してくれるのはありがたいのですが、「少し曇っても、めっちゃ曇っても一緒」なんです。

「これもダメだったか・・・」

完璧な対策を夢見つつ、メガネ登山者は何度泣かされてきたでしょう。

私の結論はパタゴニアR1フーディー

私の解決法は、パタゴニアのR1フーディでした。

このフリースのフードは、ピッチリと顔に密着するので、空気が上に上がってきません。

そのかわり、内側は濡れて・・・凍ります

通気性が良くて、口の部分から空気が抜けていくので、それがいいんですね。

ただし、口元の内側はそのうち濡れてきて、冬だと凍ります。

しかし、メガネの曇り防止という意味では、今のところこれで解決できています。(妥協と言ったほうがいいかな)

「バラクラバ買うより、これでいいや」

って感じでしょうか。

パタゴニアさん、ぜひ、R1素材でフェイスマスク作ってください!

ゴーグルをすると曇る

冬に視界を確保するものとして、ゴーグルがあります。

ところがこのゴーグルも、メガネ使用者にとっては「視界確保」にはなりません。

顔の皮膚から発生した蒸気がゴーグル内にたまって、ゴーグルが曇るのです。

メガネがない人でも曇るのですが、メガネ使用者の場合、ゴーグルも曇ってメガネも曇ります。

曇りのダブルパンチです。

ただ、このゴーグルに関しては、登山者の間では曇り問題は解決されています。

SWANS 634-XED<2020>〔スワンズ スキーゴーグル〕

SWANSの販売している電熱ゴーグルがファイナルアンサーとして定着しているのです。

バッテリーでレンズ自体を発熱させ、曇りを除去するという画期的なアイテムです。

これ以前の換気ファンなどではダメだったんですが、これで一気に解決しました。

オンリーワンです。

ゴーグルを曇らないようにする熱が、メガネの曇りも防いでくれます。

雨風で視界が奪われる

雨、ガスは天敵

自分の吐息で曇らなくても、メガネは雨やガスで曇ってしまいます。

右はガスによる水滴。左は風で吹き付けられられた砂ぼこり

真っ白いガスの中や、風混じりの雨の中を歩いていると、どんどんメガネの視界が奪われていきます。

これが、拭いても拭いても意味がないので、結局はそのまま歩き続けることになることが多いです。

ずっと濁った視界のまま歩く辛さ

キャップが大活躍

冬ならばゴーグルをすればいいのですが、夏はそんなもの着けたくありませんよね。

私は未だに解決できていませんが、多少はマシになる「基本的な対策」があります。

それは、キャップをかぶることです。

ハットじゃなくキャップがいい

これは、水滴が細かいガスでは意味がありませんが、水滴が大きくなればなるほど効果的に防げます。

上の方から落ちてくる水滴を、キャップのツバが防いでくれますからね。

登山では、ハットやキャップ、いろいろなスタイルの帽子がありますが、メガネ使用者はキャップを強くオススメします。

注意!下手に拭いちゃダメ

そうそう、地上では絶対にしないのに、登山ではついやってしまうミスがあります。

それは、視界欲しさについティッシュやハンカチでメガネを拭くことです。

登山では、知らないうちにメガネにほこりが付いています。

「あー見づらい」

と思って、曇りを適当に拭こうとしてはいけません。

あっという間に傷が付きます!

ビショビショに濡れていれば比較的大丈夫なんですが、中途半端な濡れのときが危険です。

ついやってしまうんですよね。

私はレンズに傷をつけるのは、いつも山です。

サングラスが作りづらい

上がスポーツサングラスです

メガネ登山者が困ることの1つが「サングラスが作りづらい」ことです。

地上では、ただの度付きサングラスを作ればいいだけですが、登山で使うスポーツサングラスは簡単には作れません。

スポーツサングラスとは?

私が愛用しているモデルです

スポーツサングラスとは、レンズのカーブが大きいものです。

スポーツ選手がよく着けているあれです。

登山では、正面からだけではなくあらゆる方向から紫外線が入ってくるので、普通のサングラスではよくありません。

顔のカーブに沿って、なるべく隙間が出来ないものが必要です。

スポーツサングラスで度入りを作る場合

ところが、スポーツサングラスのレンズはカーブが大きいので、専門メーカーじゃないと、とても歪みが大きくなってしまうのです。

きれいに見えるのは真正面だけ、視線を横向きにすると、景色がグニャグニャです。

そして、専門メーカーに注文すると、これがまたバカ高い!

私も作りましたが、普通のスポーツサングラスに、3万円ほど追加したような記憶があります。

参考に読んでみてください。

SWANS度付きスポーツサングラスのページ

オーバーサングラスも最近は格好良いです

安く済ませるならコレ!

サングラスに何万円も掛けたくない場合は、まずはオーバーサングラスはいかがでしょう?

オーバーサングラスとは、眼鏡の上からスッポリとかぶるような大きめのサングラスです。

さすがに大きく見えますが、実際はけっこう格好いい

さっと外せるのが便利です

数千円で買えますし、最近はデザインが良いものが増えてきて、格好いいですよ。

人と会話する時など、さっと外せるのが長所です。

度付きサングラスの場合、外してから普通のメガネに変えないと、相手の顔も見えませんからね。

個人的には、サングラスのまま会話をするのは、相手に失礼だと思っています。

予備メガネが必要

メガネ登山者には、予備メガネが必要です。

「え? 持っていかない?」

もし落としたら

登山でメガネを失くすって、じつはとても多いんですよ?

ちょっと転んだだけでメガネがどこかへ飛んでいくのって、結構あるトラブルですよ?

そこから裸眼で帰れる人はいいのでしょうが、私のようなド近眼は無理ですね。

寝る時に壊してしまう恐れ

また、寝るときにはメガネを外しますが、テントや山小屋で、自分のメガネを確実に守り通さなければいけません。

テント内では寝返りなどで自分で壊したり、山小屋で踏まれて、壊れても、

「すみませーん」

って言われて終了です。

仮に弁償してもらっても、それは帰ってからのお話ですからね。

私の解決法「2つ入るメガネケース」が便利です

こういうのが便利です

そこで私がオススメなのは、メガネが2個入るメガネケースです。

予備のメガネを入れておいて、寝るときは外したメガネも入れます。

2つで1つのケースで済むので、荷物が増えないのがオススメポイントです。

こちらで

こちらで詳しく書いていますので、どうぞ読んでみて下さい。

【おすすめ】メガネが2個入るケースがなにかと便利です

メガネ登山者に幸あれ!

「コンタクトレンズに変えようかな?」

「レーシック手術しようかな?」

そう考えたこともきっとあるでしょう?

私もそうでしたが、今でもやっぱりメガネなのは、みなさんそれぞれ考えた結果なんですよね。

私達、ずっとメガネと一緒に生きていくしかないのです。

登山靴が変わっても、ザックが変わっても、もしかするとメガネは変わらない相棒かもしれません。

失ってしまったクッキリビューを与えてくれる相棒なのに、時には私達を苦しめるツンデレな相棒です。

とくに、山では、ね。

私と同じように苦しみ、悩んで、苦労している「メガネ登山者」の仲間に、少しでも参考になればとまとめてみました。

お役に立てれば嬉しいですし、もっと良い方法を知っている人は、ぜひ教えて下さい。

メガネ登山者に幸あれ!






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。