【汗冷え対策】おすすめのメッシュドライレイヤー ミレー&ファイントラック




こんにちは、寝袋!です。

登山者を悩ませる「汗冷え」、みなさんも味わったことがあるでしょう?

登っている時にかいた汗が、山頂などで立ち止まったあとに急に冷えて、

ゾクゾクッ

と冷たく、寒くなるあの嫌~な感じ。

最近ではベースレイヤー(一番下に着るもの)の更に下に1枚、ドライレイヤーとも呼ばれる薄いウェアを着るのが、常識になりつつあります。

汗冷えをかなり解消してくれるスグレモノです。

私が使ってきた3種類(ミレー&ファイントラック)をレビューします。

あなたも汗冷えとはサヨナラしてください。

なぜドライレイヤーなのか?

ドライレイヤーというものを考えたのは、ファイントラックという日本のメーカーです。

今でこそ各メーカーが作っているので、いろいろ呼び名があります。

しかし、最初はファイントラックしかなかったので、敬意を表して私はこの類のウェアを、ドライレイヤーと呼んでいます。

汗冷え

さて、行動中にかいた汗をベースレイヤーが吸収し、速乾性能を発揮して、どんどん空気中に発散させていきます。

ところが、運動量が増えてくると、ベースレイヤーが乾くよりも速いペースで汗をかくので、ベースレイヤーはどんどん濡れてきます。

そして、山頂などで行動を停止した時に、乾ききっていない汗が冷えてしまうのです。

これが汗冷えです。

そこで

それならば、

冷たくなる汗を肌から離しておけば、冷たさを感じないのでは?

そう考えて考えられたのが、ドライレイヤーということになります。

汗と肌とを隔離するのが目的ですから、2つのアプローチがあります。

2つの考え

ファイントラック・・・超撥水性をもたせたドライレイヤーで、ベースレイヤーの水分を戻さない

ミレー・・・粗くて太いメッシュ素材で、物理的にベースレイヤーを肌から離す

ドライレイヤーのサイズ

これはドライレイヤー全般に言えることですが、必ず

「ピッタリフィット」

で着なければ意味がありません。

肌から離れていると、汗を吸収して外のベースレイヤーに受け渡すことが出来ないからです。

ファイントラック スキンメッシュ

まさにこれが「元祖」です。

スキンメッシュ

といいます。

もうヨレヨレ

生地アップ

最初、これを買って、まずやってみたのが水を掛けることです。

お店で宣伝映像で観ていたのを、確かめてみたくなるんですよね。

実際同じ様になって、嬉しくて何度も掛けてしまいました。

私は、何年も着てかなりヨレヨレになって、肌に密着できなくなってきたので買い替えました。

性能的に不満はなかったのですが、

「より汗をかくハードな運動向け」

という「パワーメッシュ」に変更しました。

ファイントラック パワーメッシュ

2着目に買ったのが、ファイントラックの

パワーメッシュ

です。

生地アップ

最初に買ったスキンメッシュと、生地の感じは違いますが、実際のところの差というのは、正直わかりません。

今回あげた3つはどれもそうなんですが、使用中に

「おお、どんどん汗が外に出ていってるぜ!」

などと感じるものではなく、

「あれ? そういえば今日汗で寒くなかったなあ」

と、あとで気づくものだからです。

「汗が冷えて寒~い」

と思っていないということは、どれもちゃんと働いているということなのです。

ミレー ドライナミックメッシュ

ドライナミックメッシュ

ものすごくメッシュが粗くて、見た目は過激です。

冬用と考えて長袖が欲しかったので買ってみました。

「もしかすると」ですが、効果はすごいかもしれません。

先ほども書きましたが、実感しないから気づかないのです。

ドライレイヤーとしての機能は、どれも差がなく優れていると私は思います。

生地アップ

ドライレイヤーの注意点

ドライレイヤーは機能に特化した、たいへん優れたウェアです。

ウェアの1番下に、隠れた戦闘服を着ている気分になるかもしれません。

「おれ、こんな高機能ウェア着て、カッコイイでしょ?」

でも、忘れてはいけないのは、はたから見ればかなりの薄着野郎ということです。

ドライレイヤーは、どれもスケスケで体にピッチピチです。

モデルさんのような体でさえ目をそむけたくなるのに、我々一般人の体では恐ろしいことになることでしょう。

決してそのことを忘れず、山小屋や帰りの温泉ではコッソリと着替えて欲しいと思います。

最後に

ドライレイヤーは、ベースレイヤーでは吸湿発散が間に合わない水分を、体から離してくれます。

いわゆる汗冷えを改善してくれるのです。

夏でも冬でも、いつでもサラリとドライに体を保ち、汗冷え知らずで快適な山登りを楽しんでください。





私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。