入手困難「本物のシエラカップを知ってますか?」オリジナルを使う喜び




こんにちは、寝袋!です。

「あなたは、本物のシエラカップを知ってますか?」

もしこう聞かれたら、ほとんどの人がこう答えるでしょう。

「本物も偽物もないでしょ? いろんなメーカーが作ってるし」

「そもそも、『シエラ』じゃなくて『シェラ』じゃないの?」

「本物ってなに? 使いやすいってこと?」

じつは、『シェラカップ』は『シエラカップ』ですし、世の中のほとんどが模倣品で、本物というのは確かにあるのです。

まあ、私も愛用していますが、本物だから偉いというわけでもありません。

ただ、

シエラカップには「本物」があって、こういう歴史で作られた・・・

というのを知っておくと、ちょっと物知り顔出来るかも知れません。

あと、本物ならではの使いやすさ・便利さはありますので、そちらも紹介します。

現在では入手困難です。

この記事を読んで、少しでも興味があれば、見つけたら買って損はないですよ。

シエラカップは「Sierra-club-cup」

シエラカップとは、正確には「sierra-club-cup」といいます。

アメリカの自然保護団体「シエラクラブ」のカップということです。

シエラクラブとは?

シエラクラブは、アメリカの伝統ある自然保護団体です。

1892年、自然保護の父と言われるジョン・ミューアによって設立されました。

世界に広がる「国立公園」という考えを作った人です。

クライマー憧れの聖地・ヨセミテ渓谷周辺にある、ジョン・ミューア・トレイルというロングトレイルで有名です。

シエラクラブの会員限定アイテム

そのシエラクラブ設立当時、クラブの会員の証として会員が持っていたのが、シエラカップというわけです。

刻印ナンバー1はジョン・ミューア

当時、シエラカップには会員ナンバーが刻印されていました。

ナンバー1は、当然ジョン・ミューアが持っていました。

本物のシエラカップ

これがシエラカップです

みなさんも、きっと見たことありますよね。

「いかにもアウトドアって感じがプンプンする」

無骨で飾り気のない金属製のカップです。

底に、「Sierra club」と刻印してあるのがわかりますか?

これが、本物のシエラカップです。

といっても、シエラクラブの会員に配られるものではなくて、資金集めのために一般的に売り出されたものですが。

「シエラカップと言えばこういう形」というイメージ通りの姿をしていますね。

後で詳しく紹介しますが、実は同じようで同じではなく、本物ならでは長所があります。

見た目でわかりますか?

答えは後ほど。

シエラカップの優れたところ

私もいろいろ持ってます

シエラカップの良いところを見ていきましょう。

鍋と食器を兼ねる

シエラカップは、飲んだり食べたりする食器としても使えますが、煮たり焼いたりという鍋としても使えます。

目玉焼きを作ったり、ソーセージを焼いたり、コーヒーを飲んだり、お皿としても使えます。

安定している

底が広くて、上部がさらに広がっている形状で、置いたときに安定しています。

同じ容量でも、カップより重心が低いんですね。

重ねられる

シンプルな形なので、同じものを何枚も重ねて、コンパクトに収めることができます。

個数が増えても、ザックの中でかさばりません。

分厚くて頑丈

軽量化が進む現在には珍しく、肉厚で重いです。

といっても85gですけどね。(チタン製で50g前後)

そのぶん頑丈です。

直火にかけられる

アルミやステンレスで出来ていますので、直火にかけることが出来ます。

たとえばインスタントコーヒーを飲む場合、シエラカップでお湯を沸かし、そのまま飲むことができます。

お湯の量がピッタリで余りません。

私のシエラカップも焦げていますが、たしかスパムを焼いた時だったかな?

上手く使えば、これ一つでけっこう幅広く使えます。

持ち手が熱くならない

持ち手と本体は別部品で、持ち手は遅れて熱くなります。

肉厚なのも関係しているでしょう。

似ては、います

現在のシエラカップは・・・

エバニューのチタンシエラカップ

シエラカップは本来、上記のような長所を持っています。

ところが、現在のシエラカップは違うと思いませんか?

簡単に説明すると、

  • 素材が薄くて直火では使えない
  • 軽量化のためにチタン製が多い(焼けません)
  • 持ち手が折りたたみの物が多く、耐久性がない
  • 結果、せいぜい飲み物を飲むだけ

となっていて、

「アウトドアっぽい雰囲気を味わうただのコップ」

という働きしかしません。

軽いし、エバニューのこれは使いやすいですけどね

本物を使ってニンマリ

好きな人は好きでしょう?

最初に書いたとおり、本物のシエラカップならではの長所もありますが、さほど差はありません。

私も、エバニューのチタン製シエラカップと併用しています。

ただ、飲み物を飲むとき、洗っているとき、自分の目にチラッと飛び込んでくる「Sierra club」の刻印。

これが、なんとも言えない気分なんです。

大自然の中で、ちょっとだけジョン・ミューアの気分?

時代を越えて、距離を越えて、ヨセミテ渓谷にいるような・・・。

静かなテントの夜、ウイスキーを入れてシエラカップで飲んでいると、そんな満足感を味あわせてくれます。

好きな人は、好きでしょう?

現在は、どこにも売っていません。

どうしてなんでしょうか?

気になる人は、もしどこかで見かけたら、すぐにゲットしておくのがいいでしょう。

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応