【初心者向け】登山用ザックの選び方と目的別おすすめ




こんにちは、寝袋!です。

今回は、登山に行くために、必ず準備しなければいけないものの一つ、

登山用ザック

について解説します。

  • ザックの各部の名称と、その役割
  • ザックのカテゴリー(目的別)
  • ザックの選び方
  • サイズについて
  • 目的別のおすすめモデル

を、詳しく説明していきます。

目的にあっていて、背面パネルや各ベルト類のフィット感がいいものを選べれば、長く愛着のあるザックになることでしょう。

これを読めば、登山ザックに関する知識は完璧です。

ザック各部の名称

まずは、ザック各部の名称を書き出してみます。

たくさんあるので覚えるのも大変ですが、使い方さえわかっていればOKです。

ザック各部の役割

雨ぶた ザック上部を覆って雨の侵入を防ぐ。収納の意味も強い
フロントポケット 一時的に何かを入れておく収納
サイドストラップ 本体の厚みを調整したり、長いものを固定する
サイドポケット 水筒、ストックなどを入れる
ピッケルホルダー ピッケルやストックを取り付ける
グラブループ ザックを片手で持ち上げるための持ち手
ショルダースタビライザー ザック本体の重心を体に引き寄せる
ヒップベルト ザックの重さを腰で支えるためのベルト
ショルダーベルト 肩にかかるベルトで、荷重に耐えるためクッション性がある
背面パネル 背中に接する面。背負いやすくする機能が満載
チェストストラップ ショルダーベルトがずりおちないようにする
ショルダーストラップ ショルダーベルトの長さを調整する

一番知ってほしいのは、登山用のザックは、

「肩でなく、腰で背負う」

ということです。

荷物が重くなればなるほど、ヒップベルトが重要になってきます。

ヒップベルトを見れば、そのザックがどの程度の重さを想定しているのか、わかりますよ。

女の子の足がヒップベルト、腕がショルダーベルト

肩だけじゃキツイですよね

ザックによって、こんなに厚みが違います

ザックのカテゴリー

ザックを選ぶ際に、まずはザックのカテゴリーを知っておきましょう。

ザックの容量は、リットルで表します。

現在はザックも多様化して、容量だけでは区別できなくなっていますので、あくまでも目的別に選ぶべきです。

ハイキングザック(20~35㍑)

日帰り行動を基準にしたザックです。

背面パネルにメッシュを使ったり、形状を工夫したりして、快適に山を歩くことを目的に作られています。

小物の収納に便利なポケットが、多く付けられている傾向です。

バックパッキングザック(50~100㍑)

重くかさばる荷物を、長時間背負って歩くことを目的に作られています。

日本では、縦走登山にあたります。

ショルダーベルト、ヒップベルトともに分厚いパッドを使用して、肩などが痛くならないように工夫されています。

ザックのサイズ調整に必要な、背面長(背中にあたり部分の長さ)を細かく調整する機構が、ほとんどのモデルについています。

アルパインザック(30~50㍑)

軽量速攻の登山で、いかに安全に登って降りてくるか、を目的に作られています。

バランスを取りやすいように横幅も狭く、余計なポケットなどは付いていません。

多少の快適さより、質実剛健でシンプルさを重視した作りです。

初心者が、最初に買うべきザックではありません。

ザック選びのポイント

目的をはっきりとさせる

上で書いたように、ザックはその目的によって、容量だけでなく基本コンセプトが違います。

「日帰り登山でも使いたいし、いずれはテント泊でも使いたい」

と考えるより、

「まずは、日帰り用を買おう」

と決めて、あとで買い足したほうがいいですよ。

サイズ

サイズとは、容量のことではなく、背面長のことです。

ザックの正しい背負い方というのは、

  1. 肩の上端と、ザックのショルダーベルトの縫い付けてある箇所との差が、5~10cm程度
  2. ヒップベルトの中心線が、腰骨(出っ張ったところ)の上に来る

です。

人によって体型は違うので、実際に背負ってみて、

「正しい背負い方」

が出来るかどうか、確認しなければいけないのです。

ザックには、背面長を調整する機構が付いているので、ある程度融通が効きます。

お店で店員さんに見てもらって、自分に合ったザックかどうか、聞いてみるのがいいでしょう。

背面パネルの形状

背面パネルは、ガッシリとしたものから、メッシュ、ネットを使ったもの、いろいろあります。

「剛性をもったまま、いかに通気性を確保するか」

メーカーごとの、工夫の見せ所でもあります。

EVAフォームを使った背面パネル

ネットになったもの。背中が涼しい

ポケット類

ポケットの数、大きさは、好みが分かれるところです。

初心者は、素早く必要なものを取り出せるように、ポケットが多くて分別できるほうが、使いやすいと思います。

ヒップベルトのポケット

フロントポケット

サイドポケット

サイドポケットは、上のようにいろいろな形状があります。

個人的に、左右どちらかが前向きになったものがあると、便利だと思います。

体が固い人でも、ザックを降ろさずに水分補給が出来ます。

サイドポケット

水筒用のサイドポケット

水筒用に前を向いたサイドポケット

レインカバー

雨が降ったときにザックにかける、レインカバー。

モデルによっては、標準で内蔵されています。

別途買わなくていいのは、お得感ありますね。

レインカバー内蔵

色とデザイン

登山道具は、機能だけではありません。

やっぱり、カッコいいデザイン、色のものを使いたいですよね。

機能やサイズを重視するのはもちろんですが、格好よくないと愛着もわきません。

お恥ずかしながら、私、デザインだけで買ってしまった経験があります。

「ちょっとぐらいの不便さは、格好良さで急上昇中の『心の筋力』で乗り切る!」

案外、重要なことかもしれません。

【初心者向け】人気ハイキングザックのおすすめ

ここでは、3つのモデルを紹介します。

どれも人気で、間違いなく定評あるザックです。

初心者でも使いやすいように、あまり癖のあるモデルは選んでいません。

ドイター フューチュラ30
ドイターは、軽量ザックの通気性が大得意なブランドです。

背負心地もよくて、頑丈で、とてもいいザックです。

私のハイキングザックは、すべてドイター製です。

オスプレー ケストレル28

オスプレーは軽量なザックが得意です。

大型ザックは多少頼りない感じですが、日帰りではこの軽快さが大人気です。

ストックをワンタッチで取り付けられたり、独自のアイデアが詰まっているモデルです。

カリマー リッジ30

カリマーは昔から伝統あるブランドで、渋いながらいいザックを作っています。

「お、カリマー使ってるんだ!」

と、ベテランほど思うブランドです。

私は昔、クーガーという80㍑以上の大型ザックを使っていましたが、とてもいいザックでした。

小型ザックですが、背面長別に展開されていて、

type 1(42cm)、type 2(47cm)、type 3(50cm)の3サイズ

から選びます。真面目で安心できるブランドです。

【初心者向け】人気バックパッキングザック、1つだけ紹介させてください

大型のバックパッキングザックは、初心者が、一番最初に買うケースは少ないでしょう。

ですが、ここでは、1つだけ紹介させてください。

大型ザックは高価ですから、2個も3個も、ポンポンとは買えないですが、これを使えば失敗はないでしょう。

グレゴリー バルトロ65

グレゴリーは、

『Don’t Carry,wear it(パックは背負うのではなく、着るものだ)』

というコンセプトのもと、優れた背負い心地のザックを作っています。

他のブランドよりザック自体は重いのに、背負うと軽く感じる。

そんなグレゴリーの名実ともに最高峰がバルトロ(女性用はディバ)です。

私も、グレゴリーのトリコニ60(バルトロの前身)を、長年愛用しています。

グレゴリーは、一度使うとやめられません。オススメです。

最後に

ザックの選び方は、

  1. 目的をはっきりさせる
  2. 実際に背負ってみて、サイズを確認
  3. ポケットなどは自分好みか
  4. デザイン、色が好みか

で決めていくことになります。

初心者の方は、まず日帰り用のハイキングザックを買うことになるでしょう。

  1. 25㍑から35㍑ぐらい
  2. ポケットがたくさんある
  3. 軽量
  4. 格好いい、かわいい

ものを選んでください。

ザックは、その日に必要なものを全部入れて運んでくれる、大切な相棒です。

しっかりと選んだザックは、長い間、愛着をもって使えますよ。

初心者向け登山ガイド 全記事まとめ

2019年1月1日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応