【修理してみた】ゴアテックスのレインウェアに穴!【リペアシート】




こんにちは、寝袋!です。

以前、ゴアテックスのレインウェアに、穴を開けてしまいました。

藪こぎのときに、木の枝に引っ掛けたか、刺さったかしたのだと思います。

心当たりはありすぎて、いつ、どこでやってしまったか、わかりません。

自分でもちゃんと修理できますので、やり方を紹介します。

ゴアテックスリペアシート

ゴアテックスの修理専用のリペアシートが、モンベルから販売されています。

他社のものもありますが、モンベルが一番安いです。

表生地用のリペアシートもあります。

ゴアテックス生地の修理

まず、レインウェアの生地を説明しますと、表側は強度のあるナイロン素材で出来ています。

そして、その裏地に、ゴアテックスが一体化しているのです。

つまり、防風、防水性能を担うゴアテックス生地を修理するのは、裏側からということになります。

レインウェアを裏返して、穴の開いているところを探します。

その穴より大きめに「パーマネントリペアシート」をハサミで切ります。

丸型に切るか、四角くても角は丸めるのがコツです。

あとは、日本手拭いなどの当て布をして、アイロンで温めます。

「160℃で約20秒」

と説明書に書いてありますが、私はもう少し長めにやってみました。

あとは、冷めるのを待って、ちゃんと貼り付いているか確認します。

まだまだ何回も使えそう

表生地の修理

「表生地は縫ってください」

と書いてありますが、私はナイロン用補修シートを買って、好きな形に切り抜いて貼り付けました。

うまく縫い付ける自信がなかったですし、生地が平面にならないような気がしたからです。

モンベルの補修用部品

私の補修キット

モンベルは、細かい部品の補修用部品を数多く販売してくれていて、助かります。

海外メーカーだと、どこか一つ壊れただけで、補修用の交換部品が手に入らず、とても苦労するときもありますからね。

山道具に限らずですが、自分の手で修理を繰り返した道具は、とても愛着がわきます。

多少古くなっても、機能が劣っても、手放せなくなります。

そういう物と一緒に山を歩くことは、楽しみが増えると思っています。

最後に最近のレインウェアについて一言

話はそれますが、最近のレインウェアについて、一言書かせてください。

最近のレインウェアは、軽量化のために、強度を下げ過ぎだと思います。

強度のある生地を使っているとメーカーは広告しますが、

薄いものは、しょせん薄い

という弱さがあると感じます。

摩擦に強くても、突き刺しには弱いと思うんだけど・・・。

レインウェアで定評あるモンベルですが、ストームクルーザーやレインダンサーぐらいで最低限です。

さらに軽量化したトレントフライヤーなどは、ウルトラライトを指向する経験者向けの仕様となっています。

初心者が、

「お値段高いから、軽いから」

と買ってしまったら危ないと思うのですが、そういうことはないのでしょうか。

失礼しました。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応