高齢者の登山グループに混ざって登る若者「いいことづくめなんです」




こんにちは、寝袋!です。

私は毎年、数多くの登山者と知り合います。

そのなかでもユニークな人というのは時々いるのですが、

「こんな人は初めてだ!」

と感じた、ある若い女性登山者Aさんについてお話しします。

Aさんは言いました。

「私はいつもご年配と一緒に登りますが、いいことづくめなんですよ」

興味本位で理由をたずねたのですが、私も「なるほど」と納得してしまいました。

登山界では、とかく邪魔にされてしまいがちなのが高齢者、とくにグループです。

彼女があえて、高齢者グループに入って山を登る理由、「あり」です。

Aさんはこんな人です

まずはかんたんに、Aさんがどんな人なのか説明しますね。

Aさんは20代後半の女性です。

旅行や登山が趣味で、明るくて活発な人です。

仕事はフリーランスの語学教師で、比較的時間が自由になるらしいです。

Aさんは、登山を始めてからは数年経っていますけれど、休みには旅行に出る場合も多いといいます。

Aさんが入っているグループ

さて、そんなAさんが私のペンションに泊まりに来たのも、じつは登山目的ではなく観光でした。

北海道への一人旅だったのです。

お話していると、

「これから帰ったら、私、登山行くんですよ」

とおっしゃいます。

「へえ、登山も1人?」

と聞くと、

「いえ、私は年配の登山サークルに入れてもらってて、その人達と一緒に行くんですよ」

と答えられました。

「え? ご年配の登山サークルに入ってるの?」

高齢者の中に若者1人

「ええ、私以外はみんな若くても60歳ぐらいで、たぶんほとんど70歳近いと思います」

うーん、不思議です。

どうして、そんなグループに参加することになったのでしょう?

「ちょっと詳しく聞いていいですか?」

私はAさんに、根掘り葉掘り質問攻めにしたのでした。

Aさんいわく、

「年配の方々と登ると、私にはいいことづくめなんです!」

Aさんがおっしゃる理由を、順を追って説明します。

マイペースでちょうどよい

「年配の方々と登ると、のんびりしてて私にはちょうどいいペースなんです。といっても、実は私のほうが遅いくらいですけどね」

Aさんは歩くペースが遅いので、ご年配のゆっくりと歩くのが、合っているのだそうです。

同世代の人と行くと、

「ガッと登ってサッと休憩して、またガッと登る」

のですが、

「マッタリ歩いて休憩もマッタリ、最初から最後までマッタリ」

で、いいんですって。

また、登る山もサークルの方が選ぶのが、

  • 比較的近所の低山
  • ハイキング程度のもの

が多くて、ゼーゼー言って登ることはないんだそうです。

日常の緊張感から解放される

「同世代だと、話す内容がついついリアルな話題になってしまうでしょ? ご年配の話題はそうじゃないので」

Aさんは友達と登ると、せっかく山に来ているのに、話がつまらないのです。

ついつい、近況報告や共通して興味のある話題になってしまうのです。

それが、イヤというわけじゃないけれど、世代の違う人と登ると、

「庭仕事とか、料理とか。サラッと聞き流せる話題が多くて、会話に気を使わない」

んですって。

いつも食べ物がいっぱい

「みなさん、漬物とか果物とか、自分じゃ重くて持っていかないような食べ物、いっぱい持っていくんです」

ですから、

「これ、食べる?」

と言って、差し出されるものがとにかく豊富なんだそうです。

そして、たいてい手作りのものが多いので、美味しいんだとか。

私、ご年配と登る山が大好きなんです。

Aさんも、最初からそういう狙いがあったわけではないそうです。

たまたま山で知り合った人たちと話しているうちに、

「よかったら、今度一緒に行かない? みんな年寄ばかりだけど」

と誘われたのです。

一緒に行ってみたら、思ったよりも楽しくてリラックスできました。

「あ、私はこういうハイキングが合ってるんだな」

と、今では他にももう一つ、年配の登山サークルにも所属しているんだそうです。

年配の方は、ずっとマイペースで登り続けるのがお得意です。

私も山でそれを感じることが多いです。

それは、若者同士で登っていると、案外身につかないもので、勉強になりますね。

  • のんびり登山でリラックスできる
  • 話を合わせる気遣いがいらない
  • 美味しいものを食べられる

そしてじつは、Aさん自身は意識していませんが、

「一定のペースで歩くことも学びながら」

歩いているのです。

登山の初心者にとって、高齢者のグループ登山は、いい入り口かもしれません。

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。