【面白い登山者】アンパンだけ食べて縦走する人【行動食も食事も】




こんにちは、寝袋!です。

山に登っていると、いろいろな面白い登山者に出会います。

私は、山も好きだけど、山に登っているユニークな人との出会いも楽しみです。

今回は、縦走中の食事がすべてアンパンだけという、面白い人を紹介します。

その人のザックからは、次から次へとアンパンが出てきました。

テントでの食事も、行動食も、全部ですよ!?

2泊3日の縦走コース

私がそのアンパン登山者Aさんと出会ったのは、初夏の縦走コースでした。

2泊3日の予定で、1泊目はテントで、2泊目は無人小屋です。

Aさんもまったく同じコースで、同じ日程だったのです。

休憩で出会いました

道中はほとんど分岐もありませんでしたから、私とAさんは抜きつ抜かれつで歩いていきました。

そのうち、なんとなく言葉を交わすようになったのです。

歩き始めて何時間だったでしょうか?

Aさんが休憩しているところに、私が追いつきました。

ちょうど私も休憩したかったので、横にザックを下ろして一緒に座り込みました。

「なかなかキツいですね~」

なんて、話したと思います。

アンパンが美味しそう

Aさんは、ザックの中からアンパンを取り出して食べていました。

山で食べるアンパンは、甘くて塩分もあっておいしいものです。

「おいしそうだな~」

と思って見ていました。

ところが、Aさんは食べ終わると、もう一つザックからアンパンを取り出したのです。

私は、行動中はあまり食べられない体質なので、

「うわっ、もう一つ食べるんだ!」

と、うらやましく感じたのを覚えています。

「アンパン好きなんですね」

と言うと、

「ええ、『山ではアンパンがいい』って言うじゃないですか。初心者の頃からずっとアンパンに決めてるんですよ」

とおっしゃいました。

え?もしかして

1泊目のテント場で

その縦走コースには、他にはもう1人だけいました。

1泊目も2泊目も、3人で過ごすことになりました。

気持ちの良い人たちで、近すぎず遠すぎず、距離感が心地よい登山でした。

テントの外で食事を作っていると、Aさんはなんと、またアンパンを食べています。

最初は、

「傷む前に、今日中に食べるつもりなんだな?」

と深く考えませんでしたが、それにしては多すぎます。

注目していると、なんと夕食だけでアンパン3つではないですか。

口にしているのは、アンパンと水だけ!

「まさか・・・」

2泊目の無人小屋で

次の日は私が一番出発が早く、しかもそのあと、誰にも追いつかれませんでした。

Aさんと次に一緒になったのは、2泊目の無人小屋でした。

そして、なんとAさん、その日もザックからアンパンを取り出して食べていたのです。

私はとうとう聞いてしまいました。

「あの、もしかしてずっとアンパンだけ食べるんですか?」

Aさんは豪快に笑って答えました。

「だから言ったじゃないですか。全部アンパンだって」

ええ~~~~!?

なんとAさん、行動食も朝晩の食事も、すべてアンパンだけなのです。

「1日あたり8個です」

Aさんは、こともなげにそうおっしゃいました。

じつは効率的?

Aさんは、じつはガスも食器も持ってきていません。

いっさい調理もしなければ、お湯を沸かすことすらしないのです。

だから「アンパンと水」なんです。

Aさんいわく、

  • ガスも鍋もいらないから、軽いしかさばらない
  • 1日8個(Aさんの場合)なので計算しやすい
  • ザックの中でつぶれるので、案外コンパクト
  • どんどん軽くなる

のだそうです。

「アンパンに飽きるのだけが欠点」

とおっしゃっていました。

その場ではAさん含め3人で笑っていましたが、

「もしかして案外効率的なのでは?」

という思いが、数年経った今でも消えません。

試す勇気がないのですが、どうなんでしょうか?

世の中には、教科書には載っていないユニークなことを考える人がいるものですね。

みなさんも、山での面白い人との出会い、楽しんで下さい。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応