初めて山小屋に泊まるという女の子2人組に癒やされた話




こんにちは、寝袋!です。

北海道のある無人小屋に泊まったときのことです。

突然の荒天になり、テント泊の人も小屋に逃げ込んできて、10人くらい泊まってた夜でした。

私は食事の前に、チビチビとスキットルでウイスキーを飲みながら、その日に撮影した写真を見ていました。

すると突然、女の子2人組に声を掛けられました。

めんこい(北海道弁で「かわいい・微笑ましい」)お願いだったのですが、今でも記憶に残っている出来事だったなあ。

山のベテランさんにも、昔を思い出しながらぜひ読んで欲しいお話です。

写真を撮ってもらえますか?

「すみません、写真を撮ってもらいたいんですけど・・・」

そう声を掛けてきたのは、20代の女の子2人組の1人でした。

チビチビとお酒飲んでた私は、見ていたカメラの液晶画面から顔を上げて返事しました。

「あ、いいですよ。どんなふうに撮ればいいですか?」

すると、

「私たち、今日初めて山の上で泊まるんです。ですから、山小屋にいるぞという感じの写真をお願いします」

とおっしゃる。

それではと、

「2人が寝袋に下半身を突っ込んで、壁にもたれてる姿」

で写真を撮ってあげました。

古ぼけた木の壁をバックに、寝袋とアウトドアジャケットという感じです。

「あ、いいですね。ありがとうございます」

無事に終了です。

2人ともとてもうれしそうで、ボロボロの小屋内をアチコチ目を走らせては、ああだこうだ話し合っています。

「帰ったら◯◯ちゃんに報告しないと・・・」

みたいなことをキャッキャと話してた。

うーん、初々しくて微笑ましい。

今晩のメニューを発表しまーす!

そのうち、周囲の人がみんな食事の準備をはじめました。

私もお湯を沸かして、準備していたような気がします。

すると、先ほどの2人のほうから、声が聞こえてきました。

おそらくリーダーというか「言い出しっぺ」と思われる女の子が、

「じゃじゃーん、では、今晩のメニューを発表します!」

拍手するもうひとり。

そんな大きな声じゃないんですが、狭い小屋なので、どうしても聞こえてしまうんです。

思わず私まで顔を上げて、メニューの発表を待ってしまいました。

「メインはこれで、これに◯◯が付きます! あと、デザートもあります!」

さらに拍手のテンションが上がりました。

他の人達も気づいたらしく、微笑ましく2人を眺め、また自分の食事準備に戻っていきました。

そのあと、2人は、バーナーでお湯を沸かしたり、悪戦苦闘・試行錯誤しながら、食事を楽しんでいるのが、聞こえていました。

初心者から教わることがあります

それから、彼女たちを交え、数人で山や天気の話をしたりしながら過ごしました。

今の自分ではなんとも思わないようなこと、たとえば、

  • はしごの乗り降り自体が面白い
  • 壁の割れ目からすきま風が入ってくる
  • 人の隙間を通ってトイレに行く
  • どっちを頭にして寝るか悩む

というようなことが、ぜんぶ彼女たちにとっては楽しいのです。

「これが山の上で夜を過ごすということ・小屋で寝るということ」

ああ、自分も最初はドキドキしながら、こういう夜を過ごしたんだろうなあ。

すごい冒険をしている気分で、帰ったら自慢気に友達に話したものです。

変な意味ではなく、私は初心者が好きです。

自分が忘れてしまいそうになる山の楽しさを、思い出させてくれるからです。

マナー違反はだめだけど、マナー違反は初心者だから多いというわけではありません。

むしろ、初心者の方がよく勉強して守ってる場合も多いくらいです。

いろいろと、初心を思い出させてくれる初心者さん、あなたたちもベテランに教えてくれていることがあるんですよ。

その夜はとくに、ベテラン風を吹かす困ったおじさんもいない、いい夜でした。

だから、今でも記憶に残っているんだと思います。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。