超汚い帽子を拾ってしまった登山者の話「あなたならどうする?」




こんにちは、寝袋!です。

今回は、ある登山者が、

登山道で超汚い帽子を拾ってしまった

ことから始まる出来事を、お話しましょう。

普通ならば登山道の落とし物は、

  • 登り⇒近くの木などにわかるように置いておく
  • 下り⇒登山口まで持って降りてあげる

のどちらかでしょう。

ところが、この帽子が「超」のつく汚れ方で、触るのも気がひけるものだったのです。

拾った登山者の奮闘と、その帽子の行方の物語です。

まさに「汗と涙の物語」ですよ。

この話の登場人物

まず最初に、この物語に出てくる登場人物をご紹介します。

Aさん(女性) 私のペンションから2泊3日で周回縦走に出かけました。帽子を拾った人です。
Bさん(男性) Aさんと同じ日程で出かけました。帽子を落としてしまった人です。
おふたりが前泊したペンションのオーナーです。

下山時に超汚い帽子を見つけてしまう

Aさんは、3日間の縦走を終えて、登山口へ向けて歩いていました。

すると、前方の登山道のど真ん中に、何かが落ちているのに気付いたのです。

第一印象は、

「ボロ布? それともタヌキの死体?」

だったそうです。

近づくとそれは、ものすごく汚れた帽子でした。

正直、触るのも嫌だったそうなのですが、同時に、

「あ、Bさんの帽子だ!」

と気付いてしまったのだそうです。

3日間一緒に山で過ごして、言葉を交わしたので、そのまま素通りするのは気が引けます。

しかも、この帽子はBさんが、

「長年ずっと使ってきた愛用の帽子」

だと聞いていたからなおさらです。

無視できない・・・よね?

Aさんは、帽子を持ち帰ることにしました。

ただし、ドロドロに汚れていますし、汗でしっとりと濡れていますのから、

「ザックに入れるのはもちろん、外にぶら下げるのも匂いそうでイヤ」

でした。

そこで、顔をしかめながら、木の枝を拾って帽子をつまみ上げました。

そしてコンビニ袋に収納して、口を固くしばってザックに下げることにしました。

ペンションに預けられる

帽子を落としたBさんは、下山後そのままどこかへ移動してしまいました。

Aさんは下山後の後泊も、私のペンションに宿泊することになっていました。

ここでAさん、この「お荷物」を、私に預けることにしたのです。

「私は渡せないので、どうかBさんの住所に送ってあげてください」

ペンションには宿帳がありますから、たしかに私は、Bさんの住所がわかるのです。

Aさんは大笑いしながら、

「絶対触りたくなかったけど、なんとか持ち帰ってきましたよ! ほんと、ゴミかと思いましたから」

と、満足げです。

Aさんは解放されて、さぞ、気分もよかったのでしょう。

縦走後ということもあって、ビールが美味しそうでした。

今度はこの「お荷物」を、私が背負い込む番です。

そのまま送る? それとも・・・

さて、この帽子をBさんに送るのはかんたんな仕事です。

でもここで、1つの迷いが頭に浮かんだのです。

「このまま汚れたまま送るべきか、一回洗濯してから送るべきか?」

このまま送っても問題ないのですが、なんだか少し後ろめたい気持ちです。

「仕方がない、洗ってあげるか・・・」

本当は使いたくないですが、家庭用の洗濯機に帽子を放り込んで、洗濯機にかけました。

洗濯水は、一瞬で真っ黒。

「いったい、いつから洗っていなかったんだろう?」

私の登山用品を洗っても、こんなに汚れないぞ?(笑)

洗い終わったら乾燥させて、それから梱包してBさんに送ってあげました。

その帽子がどうなったかは不明です

Bさんからは返事はありませんでしたし、Aさんもこの帽子のことなんて忘れてるでしょう。

Bさんは、今でもあの帽子を使っているのでしょうか?

それとも「汗と涙の染み込んでいない」帽子には、もう愛着がなくなってしまったでしょうか?

返事がなかったですから、もしかすると、

「私の帽子を洗ってしまって、余計なことしてくれた」

と怒っているかもしれません(笑)

Bさんはとても愉快で楽しい人でしたから、私もAさんも、嫌な思いをしたのに、不思議と怒りは湧きませんでした。

Bさん、今頃どうしていることやら。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応