【8,000m峰14座】竹内洋岳とはどんな登山家?




こんにちは、寝袋!です。

日本人初の8,000m峰14座登頂

という肩書を持つ登山家、

竹内洋岳(たけうちひろたか)

について紹介します。

8,000m峰14座って、どのくらいすごいのか?

竹内洋岳って、どんな人柄なんだろう?

彼は、雪崩や高度障害で、2度も生死の境をさまよって助かった、珍しい経験もされています。

写真とエピソードを交えながら、彼のひととなりに迫ってみたいと思います。

日本人初の8,000m14座登頂

竹内洋岳は、

日本人で初めての8,000m峰14座登頂

を、成し遂げています。

かつて、日本人最強の登山家と言われた故・山田昇も、14座中9座を登頂するにとどまっています。(デナリで遭難死)

1995年のマカルー登頂から始まり、2012年のダウラギリ登頂で達成しました。

8,000m峰14座とは?

そもそも、8,000m峰14座とはなんでしょうか?

地球には、標高8,000mを越える山が、14座あります。

その全てを登るのが、8,000m峰14座登頂というわけです。

世界7大陸最高峰登頂(地球の7つの大陸それぞれの、最高峰を登ること)と同じように、登山家の1つの目標になっています。

「14座なんて、今さらなんですよ」

最初に達成したラインホルト・メスナー(無酸素)

竹内さん本人が、話しています。

『14座なんて、世界的に見れば「今さら」なんですよ。たくさんの人が達成していますから。

でも、それをいまだに、日本人がやっていないというのが、悔しいんです』

一応補足しておきますと、

「日本人登山家が挑んでいるのに、達成できていない」という意味では、ありません。

おそらく、やろうと思えば、達成出来る人は大勢いたでしょうし、現在もいるでしょう。

ですが、竹内さんは、それを悔しいと感じたし、自分の目標に設定したということです。

例えば山野井泰史であれば、

「日本人がやってないって言われても、べつにいいんじゃない? 出来ないわけじゃないんだし」

と、笑って聞き流すのではないでしょうか。

でも、やろうとして出来なかった人もいるわけで、これはこれで、素晴らしい目標ではあると思います。

竹内洋岳の14座登頂の歴史

写真 標高 備考
1995 マカルー 8,463m。日本山岳会による団体登山。無酸素ではない。
1996 エベレスト 8,848m。立正大学山岳部登山隊。無酸素ではない。
K2 8,611m。日本山岳会青年部登山隊。無酸素ではない。
2001 ナンガパルバット 8,125m。国際公募登山隊。無酸素。
2004 アンナプルナ 8,091m。北面から無酸素アルパインスタイル。
ガッシャブルムⅠ 8,080m。無酸素。国際公募隊
2005 シシャパンマ 8,027m。無酸素アルパインスタイル。
エベレスト無酸素登頂を目指すが、7,700m付近で意識不明
2006 カンチェンジュンガ 8,586m。無酸素。メンバーは4名。
2007 マナスル 8,163m。無酸素。国際公募隊
ガッシャブルムⅡ登頂の途中、雪崩に巻き込まれて重傷
2008 ガッシャブルムⅡ 8,035m。無酸素。ベイカー・グスタフッソン、平出和也
ブロードピーク 8,051m。無酸素。ベイカー・グスタフッソン、平出和也
2009 ローツェ 8,516m。無酸素。他3名。
2011 チョ・オユー 8,201m。無酸素。中島健郎。
2012 ダウラギリ 8,167m。無酸素。中島健郎。

竹内洋岳の危機①高度障害で意識不明

14座登頂には、長い年月がかかります。

その間、竹内洋岳もまた、いろいろな局面を乗り越えてきました。

彼は、2回、死んでもおかしくない危機を乗り越えています。

竹内洋岳が初めて命の危機に陥ったのが、2005年のエベレスト登山のときです。

2度めのエベレストを、無酸素で登頂しようというチャレンジでした。

しかし、高度7,700m付近で、突然激しい頭痛に襲われたのです。

そして、意識を失ってしまいました。

重度の高度障害です。

しかし運良く、一緒に登っていた仲間の介抱を受け、奇跡的に回復したのです。

この時助けてくれたゲルリンデ・カールセンブラウナーさんは、看護師の資格を持ち、衛星電話で医師の指示を受けながら治療してくれたそうです。

「脈拍40以下だったし、1時間以内に死ぬと思った」

といいますから、本当に危険な状況だったのです。

補足
このゲルリンデ・カールセンブラウナーさんは、女性で唯一の無酸素8,000m峰14座登頂者です。

ちなみに、竹内洋岳は無酸素ではありません。

愛称は「シンデレラ・ブルドーザー」

竹内洋岳の危機②雪崩事故

2007年、次の危機が竹内洋岳を襲いました。

ガッシャブルムⅡ峰に登っている途中、大規模な雪崩に巻き込まれたのです。

数百m流されたのですが、付近にいた各国の登山隊の救助活動により、無事に掘り出されました。

仲間2名がなくなってしまいました。

彼は、腰椎と肋骨の骨折のため、

「もうヒマラヤ登山は無理だろう」

と言われましたが、リハビリで復活したのでした。

彼いわく、

「あそこにいた、誰か1人が欠けてただけでも、私は死んでいた」

と、自身の幸運を感謝しています。

竹内洋岳のひととなり

それでは、彼のエピソードを紹介しながら、ひととなりなどを、書いてみます。

長身ゆえのフォームの美しさ

私が彼の映像を観て、いつも感じるのが、登るフォームの見栄えです。

彼は身長180cmと、日本の登山家の中ではかなり長身です。

日本の登山家は、なぜか背が低い人が多いんですよね。

長い手足を使って登っていくさまは、ダイナミックで、ハッとする格好良さを持っています。

いつでも落ち着いている

前述の「シンデレラ・ブルドーザー」こと、ゲルリンデ・カールセンブラウナーさんが、彼についてこう語っています。

「ヒロ(竹内)は、8,000mにいても、まるで街なかにいるように、落ち着いている。

精神力・体力的にタフで、とても強い」

たしかに、彼の話し方は、つねに落ち着いていて、感情の起伏が少ないように感じます。

悪く言えば、ボサーっとしている感じなのですが、安心感のある人だなと感じます。

ダウラギリでのビバークに入る際にも、とても冷静な声でした。

中島健郎との会話

14座最後のダウラギリ登山では、中島健郎がパートナーでした。

しかし、中島健郎は高度障害のため、体調を崩してしまいました。

スピードの上がらない彼に、即座に下山するように伝えます。

中島健郎は、悔し涙を流しながら、下山していきます。

竹内洋岳は、登頂後、一晩ビバークをして下山してきます。

迎えに出て、責任を感じて謝る中島健郎に、

「中島さんがいないから、苦労しちゃったよ(笑)」

と、優しく声をかけました。

責めるわけでもなく、気を使うわけでもなく、いい雰囲気でした。

優しい兄貴肌の登山家だと思います。

山を哲学的に

「山というのは、ただの地球のでっぱりなんだけど、そこに人が登ろうとして歴史ができる。

そして、山と人が合わさって、山の魅力を増していくんだと思います」

彼は、ただ登るだけの登山家ではなく、哲学的に登山を考える、インテリな一面を感じます。

栗城史多を批判

彼は、栗城史多を批判しています。

ブログにて
「なぜ彼は『単独』『無酸素』という言葉をこうも安易に使ってしまうのだろうか?(中略)恐らく、この栗城さん自身は『単独』とか『無酸素』とかの意味をそこまで深くは考えていなかったのかもね。(中略)たぶん、彼の周りにいる大人がなにか『美味しい都合』で、いろいろ脚色したんじゃないかな? よくわからない一般の人々を、だまそうとしてるみたいな…」

彼自身だけじゃなく、背後にあるものを含めて、批判している感じでしょうか。

後輩との関係

2008年の2つの登山(ガッシャブルムⅡ、ブロードピーク)で、平出和也と一緒に登っています。

竹内洋岳と平出和也は、登山スタイルが違います。

ノーマルルート中心の竹内洋岳に対し、バリエーションルート中心の初登などを狙う平出和也というのが、どうも噛み合わないのです。

平出和也は山岳カメラマンとしての立場もあるので、そういう意味での同行だった可能性もあります。

しかし、私はこう推測します。

のちのち、別の登山スタイルになっていくにしろ、平出和也にとっても、

ヒマラヤのという高所の登山ノウハウを得る

ために必要だったのかな、と。

竹内洋岳に同行することによって高所の経験を得て、そして、独り立ちしていったのではないでしょうか。

同じ日本人登山家同士、そうやってノウハウをつなげているのだと思います。

竹内洋岳とともに登った平出和也、中島健郎の2人が、今は組んで一緒に登っています。

最後に

列をなす登山道

竹内洋岳は、自身の目標を

8,000m峰14座登頂

に掲げて、達成しました。

世間的には有名になりました。

しかしその大半が、団体で、しかも一般ルートでの登頂です。

残念ながら、登山家の間では、レベルがどうこう議論されるような対象ではないでしょう。

しかし、登山家は、強いか強くないかだけで、語るものでもありません。

どのように目標を決めて、どのような登山をして、どのように達成に向かうか?

その生き様すべてが、私たちに、勇気を与えたり、感動を与えたりしてくれるのです。

竹内洋岳は、そういう登山家の1人だと思います。

彼が自身のことを「プロ登山家」と称するのは、そういう意味があると思っています。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応