【面白い登山者】「すぐに米が炊けるその鍋、なんですか?」と聞かれた




こんにちは、寝袋!です。

山では、いろいろな面白い登山者に出会います。

これまでも何人かご紹介してきましたが、またもや、出会ってしまいました。

ある山小屋で

そこは、無料で開放されている山小屋でした。

残雪の多い初春で、その山に入っている人は、ベテランさんばかりという季節です。

じっとこちらをうかがっている男

私は、5泊の縦走の途中でした。

小屋につくと、私の他に、単独行の男性が2名いました。

軽く挨拶と情報交換程度の会話を交わし、あとは、それぞれ静かに食事の準備をしていました。

「今日はいいルートだったなあ」

と、感慨にふけりながらお湯を沸かしていると、2名のうちの1名が、どうやらこちらをチラ見している気配です。

私はお湯が沸いたので、アルファ米のなかに投入し、おつまみを食べながら、地図を開いていました。

そこで、突然その男性が近づいてきて、こう言いました。

「ひとつ聞いていいですか?」

「すみません、ひとつ聞いていいですか?」

私は多少身構えました。

いったい、さきほどから何をうかがって、何を言ってくるのだろうと。

「じつは、昨晩も違うテント場でその鍋を見たんですが・・・」

「どうしてそんなに早く、ご飯が炊けるんですか?」

え? 鍋?

「私も今ご飯を炊いているんですけど、まだ出来ません。あなたの鍋は、すぐに炊きあがりましたよね?」

私は、ただお湯を沸かして、アルファ米の中に入れただけなんだけど・・・。

あ、そうか!

「もしかして、これですか?」

私は、アルファ米を指さして聞きました。

「これは、アルファ米といって、乾燥した米です。お湯を注いで15分ほど待つだけなんですよ」

驚くその人。

「え? インスタントみたいなもの? なーんだ、そうだったんですか!」

その人は、かなりのベテランではあるのですが、登山を再開して間もない人でした。

時代は変わって、アルファ米のことを知らなかったのです。

そういえば、鍋でご飯を炊いているし、ザックの形もかなり古いです。

「もう、昨日から気になって気になって(笑) 私以外、みんなそれだったからさあ」

アルファ米について

帰ってから、ふと疑問に思いました。

アルファ米って、いつから使われるようになったんだろう?

そこで、そもそもアルファ米って何なのか?基本から少し調べてみました。

長くなりますので、こちらにまとめました。

興味のある方はぜひどうぞ。

どのご飯が美味しいのか、意外なヒントもわかりました。

【防災・登山】非常食のアルファ米ってなに?【おすすめ?美味しい?】

2019年5月23日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応