「登山ではどれがおすすめ?」ヒルバーグの1人用テントの選び方




こんにちは、寝袋!です。

ヒルバーグのテントは、形も大きさも様々で、1人用だけを見ても種類が多いです。

私もいろいろと悩みました。

重さ、広さ、強さ、使い勝手、設営場所、いろいろな要素がからんできます。

はたして自分には、どれが合っているのだろう?

値段が高いだけに、失敗は許されないプレッシャーはありました。

悩んでいる間に、自分なりにいろいろ調べて、考えをまとめていきました。

同じように悩まれている人の参考になればと思いますので、自分がどのように悩み、決断したのかをお話したいと思います。

ヒルバーグ1人用テントの比較表

とある樹林帯のテント場

まず、ヒルバーグの1人用テントだけを抜き出して、表にまとめてみました。

2人用以上の大きいテントは、私は詳しく知りませんので、省きます。

名前 アクト エナン ソウロ ウナ
レーベル レッド イエロー レッド レッド
自立
重さ(kg) 1.7 1.2 2.4 2.2
前室
価格(円) 74,000 82,000 96,000 89,000
ひとこと バランスが良い アクトのオールメッシュ版 重いけど耐候性最強 前室はないが広い

これから、各モデルごとに、私が考える長所・短所を書き出していきます。

結果的に実際に購入し使っているのは、ソウロだけになります。

他のモデルに関しては、たくさんのレビューを読んだ上で、私なりに

「こういう長所(短所)がありそうだな?」

と、購入前に推測したものですので、その点ご容赦ください。

「どのように考えて、推測して、選択肢を絞っていったか」

という点で、参考になればと思います。

レーベルとは?
ヒルバーグのテントは、そのテントがどこまでの強さを持っているかを、レーベルの色で表しています。

いわゆるグレード分けしているわけです。

ブラックが最強で、レッド、イエローと続きます。

イエローは温暖で安定した地域での使用とされています。

ちなみに1人用でブラックレーベルはありません。

アクトの特徴

ヒルバーグ公式サイトより

アクトは長年ベストセラーとして定評あるモデルで、他にはない独特のスタイルをしています。

ポールは1本だけで出来たトンネル型テントです。

アクトの長所

  • ヒルバーグのテントの中では、比較的軽い
  • ベストセラーだけに安心感がある
  • 他にはない格好良いスタイル
  • ちゃんと前室がある

アクトの短所

  • ワンポールの非自立型テント
  • ガイラインが複雑で面倒そう
  • 広めのサイト(とくに長さ)が必要で、しっかりと設営できないと弱そう

エナンの特徴

ヒルバーグ公式サイトより

エナンは比較的新しいモデルで、大人気のアクトを、オールメッシュにしたものです。

基本的にはアクトの長所短所を持った上で、さらに・・・

エナンの長所

  • アクトより軽い。他の軽量テントに負けない
  • 独特のスタイルはアクトゆずり
  • 夏用で探しているならコレ

エナンの短所

  • オールメッシュなので寒い時期には向いていない
  • (私の場合ですが)メッシュの軽量テントは持っているので必要ない

ソウロの特徴

ヒルバーグ公式サイトより

ソウロも長年人気の定番モデルです。

ブラックレーベルの2人用テントスタイカと、ほぼ同じ作りをしています。

ソウロの長所

  • 3本のポールを使っているので耐候性は抜群
  • 広い前室
  • 一体式&吊り下げ式&小屋根付きの、独特のスタイル
  • 自立型

ソウロの短所

  • とにかく重い
  • 完全に1人用で荷物と人でギリギリ(ウナなら2人寝れそう)
  • 暑い時期は厳しそう

ウナの特徴

ヒルバーグ公式サイトより

ウナは、一見ソウロに似ていますが、前室がなくそのぶん室内が広いモデルです。

ウナの長所

  • 広い室内。1人で使うなら余裕たっぷりだし、2人でも寝れそう
  • 自立型
  • ソウロより200g軽い

ウナの短所

  • 前室がない(多少のスペースを作れるノウハウはあり)
  • 吊り下げ式ではないので、私感ですが見た目が普通(良く言えばシンプル)

私の悩んだ経緯⇒そしてソウロに決めた

山の烈風は怖いですよね

私はとにかく悩みました。

第一印象では、「おそらく私にはソウロが合ってる」と思ってはいたのですが、

「いやいや、さすがに重くないか? 高いお金払って、今より重いテント買うのはなんだか抵抗感があるな」

と、アクトに傾きました。

アクトのスタイルが、独特で気に入っていたのもありますし、同じレッドレーベルですから、劣るとも思えなかったのでした。

最強のブラックレーベルで非自立型もありますから、「非自立型=弱い」というわけではありません。

しかし、アクトはどうみてもテント設営に長さが必要です。

本体が細長い上に、さらにガイラインを横方向に張るのです。

つまり、すごく細長いスペースが必要なんですよね。

混雑する人気のサイトや、場所を選べないサイトでは、周囲に迷惑をかけそう。

いや、迷惑だけならともかく、そもそも張れない状況も出てきそうな不安感があります。

「設営できる場所を探してウロウロするのはちょっと不安だな。では、自立型のウナはどうだろう?」

と、自立型でソウロより多少軽い、ウナに心引かれました。

でも、私にとってウナは、どうにも中途半端に感じました。

吊り下げ式じゃないので、今まで通りポールを片側から差し込んでいく(抜き取る)必要があります。

そして、見た目のインパクトが、なんというか大人しい印象でした。

この時点で、かなりソウロの見た目に惚れているので、ウナには失礼な話です。

これで、重さがかなり違うのならば、まだ考える余地はあったんですが、差は200gです。

「たった200gの差なら、妥協することないか。やっぱりポール3本で強いソウロだな」

と、またソウロに戻っていました。

優柔不断で堂々巡りしていましたね。

ちなみに、エナンはなかったです。

メッシュの軽量テントは、すでに持っていた(ルナーソロ)ので、私には必要なかったのです。

結局、

「そうだ、今必要なのは、多少重くてもいいから、とにかく強いテントだ」

「どこにでも設営できる安心感と、悪天候でもビクともしないのが欲しい!」

と、ソウロに決めたのでした。

十分に検討してください

自立型は冬でも楽です

私はソウロに決めましたが、答えは人によって違うでしょう。

決して、ソウロが一番オススメと言うわけではありません。

多少でも軽くという人なら、ウナになるかもしれません。

非自立型でも、自分の行くフィールドなら問題ないという人なら、アクトが魅力的です。

夏の軽量テントで、ヒルバーグを使いたいならエナンしかありません。

ヒルバーグのテントは、どれもかなり個性的な特徴をもっています。

他のメーカーのテントならば、一見すれば、

「はいはい、だいたいこんな感じだろうな」

と、雰囲気はつかめるものが多いと思います。

細かい部分の作りや素材が違うだけで、基本的な作りは同じようなものばかりです。(良いところ?悪いところ?)

しかも厄介なことに、ヒルバーグは、他のテントなら2つ買えそうな高価なテントです。

ご自分の使われる用途をよく考えて、選ばれれば良いと思います。

最後に、ひとことだけ。

ヒルバーグ、いいですよ!

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。