「そもそも、濡れるとどうして寒いの?」バカでもわかる登山の疑問




こんにちは、寝袋!です。

登山を始めると、かならず、

「体や衣類を濡らしちゃダメ」

と注意されます。

まあ、濡れて嬉しい人間はいないでしょうから、みなさん素直に納得して、

「わかりました!」

と、レイヤリングとか、速乾素材とか、歩き方とかを学ぼうとします。

でも、

「そもそも、どうして濡れちゃダメなの?」

「濡れると、どうして寒いの?」

と、一歩突っ込んで、小学生のような純粋な質問をされると、私のような学のない人間は困ってしまいます。

「えっと、たしか水のほうが空気より、熱がどうのこうの・・・」

上手く説明できません。

そこで私は、バカでもわかるように、というか、バカでも説明できるように、このように言っています。

熱伝導率? 気化熱?

いや、たぶん、なんとなくは分かっているんですよ。

水のほうが空気より熱を伝えやすいとか、水は気化する時に熱を奪っていくとか、それくらいは。

100点満点は取れないけど、60点くらいは取れそうな自信はあります。

でも、そんな科学的な理由を知っていたって、わかりにくいですし、回り道です。

ずばりこういうことでしょ?

バカな私は、いつもこう答えます。

「30℃の部屋は寒くないけど、30℃の風呂に入ったら寒いでしょ?」

「水ってそういうものなのよ」

「わかったら、濡れないようにちゃんとして下さいね」

どうでしょうか。私はわかりやすいと思っているのですが。

そして、濡れたらいかにダメか、誰でも直感的にわかる説明だと思っているのですが。

みなさん、難しい理論は横において、とにかく登山では決して体や衣類を濡らさないようにしましょう。

登山の基本中の基本、そして同時に、永遠の課題かもしれませんね。

他の質問についてはこちらをどうぞ

他にも、よくされる質問はたくさんあります。

こちらのまとめ記事で、探してみて下さい。

初心者以外でも、きっと知らないことあります。

初心者からの質問に答えるよ!全質問まとめページ

2019年11月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応