「そもそも、濡れるとどうして寒いの?」バカな私でもわかる登山の疑問




こんにちは、寝袋!です。

登山を始めると、かならず、

「体や衣類を濡らしちゃダメ」

と注意されます。

まあ、濡れて嬉しい人間はいないでしょうから、みなさん素直に納得して、

「わかりました!」

と、レイヤリングとか、速乾素材とか、歩き方とかを学ぼうとします。

でも、

「そもそも、どうして濡れちゃダメなの?」

「濡れると、どうして寒いの?」

と、一歩突っ込んで、小学生のような純粋な質問をされると、私のような学のない人間は困ってしまいます。

「えっと、たしか水のほうが空気より、熱がどうのこうの・・・」

上手く説明できません。

そこで私は、バカでもわかるように、というか、バカでも説明できるように、このように言っています。

熱伝導率? 気化熱?

いや、たぶん、なんとなくは分かっているんですよ。

水のほうが空気より熱を伝えやすいとか、水は気化する時に熱を奪っていくとか、それくらいは。

100点満点は取れないけど、60点くらいは取れそうな自信はあります。

でも、そんな科学的な理由を知っていたって、わかりにくいですし、回り道です。

ずばりこういうことでしょ?

バカな私は、いつもこう答えます。

「30℃の部屋は寒くないけど、30℃の風呂に入ったら寒いでしょ?」

「水ってそういうものなのよ」

「わかったら、濡れないようにちゃんとして下さいね」

どうでしょうか。私はわかりやすいと思っているのですが。

そして、濡れたらいかにダメか、誰でも直感的にわかる説明だと思っているのですが。

みなさん、難しい理論は横において、とにかく登山では決して体や衣類を濡らさないようにしましょう。

登山の基本中の基本、そして同時に、永遠の課題かもしれませんね。

他の質問についてはこちらをどうぞ

他にも、よくされる質問はたくさんあります。

こちらのまとめ記事で、探してみて下さい。

初心者以外でも、きっと知らないことあります。

初心者からの質問に答えるよ!全質問まとめページ

2019年11月18日

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。