【面白い登山者】山で会った登山者が「山が嫌いだ」と嘆いていた




こんにちは、寝袋!です。

世界的に有名な登山家には、その偉業や個性で魅せられる人が多いです。

でも、わたしたち一般の登山者のなかにも、面白い登山者がたくさんいます。

登山へのアプローチの多様性は、プロの登山家には負けません。

私が2018年春に出会った人も、忘れられない印象を残してくれました。

北海道道東の低山で

初心者でも簡単に登れて、お花や景色がきれいな、ある低山でのお話です。

気持ちの良い快晴の日でした

その日は多少風が強かったものの、ずっと太陽が顔を出していて、とても気持ちの良い日でした。

低山とはいえ、単なるピストンだけではなくて、周回コースなど登山者によっていろいろと選べる山です。

私は周回コースを歩いていました。

半分を過ぎたあたりで休憩していると、1人の男性がたどり着いて挨拶を交わしました。

記念写真撮りましょうか?

お茶を飲みながら眺めていると、その男性Aさんは、山頂の方向をバックに自撮りしています。

角度など苦心して合わせている様子でしたので、

「よかったら、写真撮りましょうか?」

と声をかけました。

すると、Aさんは照れたように笑って言いました。

「いいえ、写りなんてどうでもいいんです。

会社の連中に『お前、ほんとうに登ってきたのか?』と疑われるから、証拠写真撮ってるだけなんで」

ああ、そうなんですか。

それで話は終わるかと思ったのですが、Aさんも休憩体制に入ったものですから、それからも少し会話しました。

「私、じつは」

「私、じつは、山登りなんて嫌いなんですよ~」

え? 山嫌いなのに登ってるんですか?

「だって、苦しいし、疲れるし、道具だってお金かかるし、いいことないですよ~」

まあ、それはたしかに・・・

「ただ、景色はいいし、登ったあとの温泉が気持ちいいし、ビールも美味いでしょ? だからついつい登ってしまうんですけどね」

むむ? なんかおかしいぞ?

「だから、少しでも楽に登れるように、ネットで調べては新しい道具買ったり、簡単で景色のいい山探したりするんですよね~」

私、初対面ですが、思わず笑って言ってしまいました。

「あの~、多分あなた、山が大好きですよ?」

Aさん、驚いていました。

それからAさんが出発して、その後ろを追いかける形になりました。

観てると、ところどころで足を止めては、お花や景色を眺めてるんです。

「あれで山が嫌いなんて、よく言えたもんだ(笑)」

最後に

たくさんの山に登って、いろいろな人と出会いました。

でも、自分で

「山が嫌い」

と言いつつ登っていて、山に対する愛情たっぷりな人は、このAさんだけです。

またいつか、どこかの山で会いたいものです。

「私、じつは山が嫌いで・・・」

と、きっと同じこと言っているような気がします。

その時は、

「あなた、◯年前のあの山でも、同じこといってましたよ!」

と、教えてあげよう。

「あなた、間違いなく山大好きですよ」






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。