【改良】ベルモント製 登山・キャンプ用の天然木の箸




こんにちは、寝袋!です。

私は登山にベルモント社製の

ニューコンパクトスティック

を愛用しています。

しかし、じつはこの製品には重大な欠点があったので、おすすめできませんでした。

ところが、最近、この箸の欠点を改良した

フィールドスティック

という製品が発売されたのです。

これで登山用の箸として、ベストに近くなったのではないかと思います。

変更点などを紹介します。

ニューコンパクトスティックの特徴

登山用の箸は、各社から様々なものが発売されている。

その中で、この「ニューコンパクトスティック」の最大の特徴は、先半分が

天然木で出来ている

ということだ。

樹脂製やチタン製の製品が多い中、これだけでこの箸を選んだ。

かなり使い込んだ

やはり箸は木製がいい!

外食した時に樹脂製の箸を出されただけで、美味しさが半減するような気がする。

口に触れたときの感触が悪いし、山では、アルミやチタンの食器に箸の先が触れたときの

「音」

あのカチャカチャいう金属音が耳触りなのだ。

山でも箸は木製のものを使いたかった。

先端を押し込むと、収納される。

持ち手の端には水抜き穴が空いている

コンパクトになるし、軽いし、とても使いやすかった。

公式HPより

  • 材質:箸/18-8ステンレス、真鍮純金鍍金、天然木ウレタン抗菌塗装、ケース/ポリプロピレン
  • サイズ:最伸寸法/200㎜、仕舞寸法/120㎜
  • 重量:約16g
  • 本体価格:¥2,000

ニューコンパクトスティックの欠点

ところが、ニューコンパクトスティックには欠点があった。

使い始めてしばらくは問題ないのだけど、

どんどん木が痩せてくる

のだ。

天然木が痩せて、ステンレスは当然変化なし。

ということは、そう、

固定がスカスカになっていく

ということだ。

お行儀よく食べているぶんには問題ないのだが、突っついたり刺したりしようとすると、

スルッ

と箸が短くなってしまう。

テントで何度、

「ノーーーッ!」

と、声が出たことか。

新登場フィールドスティック

おそらく、私と同じように思っていた人が多かったに違いない。

とうとうベルモント社も改良に乗り出してくれた。

なぜか名前も変わってしまったが、値段も変わらない。

完全上位互換である。

公式HPより

  • 材質:18-8ステンレス、天然木(ウレタン抗菌加工)、ポリプロピレン
  • サイズ:全長約220㎜、収納時:約125㎜
  • 重量:約18g
  • 本体価格:¥2,000(税抜)

パッと見は同じように見えるが、木製の部分とステンレスの部分が別れている。

木製の部分を引っ張り出して、ステンレスの部分にねじ込む方式になっているのだ。

そう、それでいい! これでベスト!

お金がないものを大切にするので、まだ使えるうちは買い替えはしない。

だけど、これから登山用の箸を買おうという人には、ぜひオススメしたいアイテムとなった。

一つしか無かった欠点が改良されたのだから、使わなくてもわかる。

山の上でも、ちゃんとした天然木の箸を使ってみませんか?

ショボい食事を少しは豊かに。

美味しいものを食べるのではなく、ものを美味しく食べる。

そういう人におすすめしたい箸です。

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応