【きれいに完食】登山で便利なシリコンスプーンのおすすめ




こんにちは、寝袋!です。

突然ですが、私は子供の頃から、ツメで黒板を引っかく音が苦手でした。

その性質は、一人前(?)の登山者となった今も、私を苦しめています。

せっかく気分の良い山の上での食事タイムなのに・・・

アルミなどの金属製の食器に、金属製のカトラリー(箸やスプーン)が当たる音がダメなんです。

そのため、箸は天然木の箸を使っていますし、スプーンはこの、

ユニフレーム FDシリコンスプーン

を使っています。

それでは、詳細な解説をどうぞ。

ユニフレーム FDシリコンスプーン

それでは、具体的にFDシリコンスプーンの細部を見ていく。

公式HPより

カラダに優しく、フッ素などのコーティングにも優しいシリコン製折りたたみスプーン

シリコン製のやわらかくしなるスプーン。隅に残った料理もきれいにすくえ、食器洗いの手間も省けます。

  • サイズ
    使用時:約193mm
    収納時:約115mm
  • 材質
    本体:ナイロン・シリコンゴム
    ハンドル:ステンレス鋼
    ケース:ナイロン
  • 重量
    約19g
  • 付属品
    収納ケース

登山に使うものは、当然折りたたむなどして、コンパクトにならなくてはならない。

折りたたんだ姿

ステンレスの持ち手を反転し、金具で固定する。

伸ばした姿

ブルーの芯に半透明なシリコン

やや硬めの樹脂製の芯を、半透明なシリコンが包み込んで、スプーンを形作っている。

シリコンは柔らかい

シリコンの部分は柔らかくて、指で軽く押すと写真のようにしなる。

そして全体も

やや力は必要だが、グイッとしなる

やや硬めの弾力のある樹脂製の芯のしなり

プラス

シリコンの柔らかいしなり

で、スプーン全体が適度に変形してくれる。

そのおかげで、食べ物をすくう時に、クッカーに密着してくれるのだ。

実戦で

このスプーンが1番活躍するのは、カレーを食べる時だと思う。

今日もカレー

明日もカレー

時にはお汁粉

とても美味しいんだけど、クッカーの底だとか隅に、残るんだよね、カレーって。

きれいにしないと道具が収納できないし、テイッシュで拭くと大量に消費するし。

山で水で洗うなんて、もってのほかだし。

そこで、このスプーンだと、本当に、舌でナメたようにきれいに食べきることが出来るのだ。

いい写真がなかったので、少し実験をしたので見てもらいたい。

ケチャップ実験

今回は、ケチャップで実験してみることにした。

お皿にケチャップ

お皿にケチャップを少量出した。

コンビニのプラスプーン

まずは、コンビニなどでもらえるプラスティックのスプーンで、ケチャップをすくってみた。

だいたい、こんなふうに残りますよね。

そこで、FDシリコンスプーンに選手交代する。

FDシリコンスプーン登場

こんな感じ

軽く皿に押さえつけると、シリコンが皿に密着して、チュルリとすくえる。

もっとやれば、さらにキレイにできる。

なるべくキレイにして、最後にはティッシュで仕上げをする。

さすがにどんなに丁寧にやっても、ティッシュで拭くとまだ汚れている。

完璧ではない。

最後に

今回は、カレーやコーンスープなどの、ドロドロとしたものを食べる時に、とても食べやすいスプーンを紹介しました。

  • 嫌な金属音がしない
  • キレイに最後まですくえて掃除が楽
  • 角などの細かい部分もすくえる

という、とても便利なスプーンです。

シリコンの耐久性が心配でしたが、使いはじめて5年ほど経ちます。

細かい傷は付いていますが、まだまだ使えそうです。

もう、クッカーの食べ残しにウンザリすることがなくなりますよ。

些細なことかもしれませんが、山でのストレスが1つ減ります。

ぜひ、一度使ってみてください。

それではみなさん、登山を楽しんでいきましょう。お互いに。

全長が35mm長くて、深型クッカーでも使いやすい「ロング」もあります。

箸はこちらを
今回はスプーンを紹介しましたが、箸はこちらを使ってます。

天然木のアウトドア用箸です。

【改良】ベルモント製 登山・キャンプ用の天然木の箸

2019年1月10日

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応