「通勤とネットしかやってないのでは?」田舎でも一緒ですよ




こんにちは、寝袋!です。

インターネット環境が発達して、世の中は見違えるように変化しました。

ほんの20年前、私達が北海道に移住したときと現在では、信じられないくらい変わっています。

当時の田舎では、手に入らないもの、不便なことがたくさんありました。

家電製品、本、旅行の手続き、などなど。

現在は、よほどの山奥を除けば、4Gの電波が届きますし、私のところでも光通信が整備されました。

こうなってみて思うのは、

「今は移住に関しての難易度が低くなった」

ということです。

「なーんも不便じゃない」(北海道弁)

のです。

そして都会に住んで、田舎暮らしを考えている人に伝えたいのですが、

「通勤の往復とネットしかしてないなら、田舎のほうが幸せですよ」

ということです。

参考になれば幸いです。

私が移住した頃のインターネット事情

私が移住した1990年代後半、インターネットというものはありましたが、まだまだ未発達でした。

正確には、一部の詳しい人だけが使うもので、現在のように、

「誰でも使えるもの」

ではありませんでした。

私も多少は使っていましたが、ISDN回線でテレホーダイとかなんとかでした。

アマゾンなんて知らない

インターネットで買い物をするなんてことは、思いもしませんでした。

「新しいテレビほしいけど、札幌まで行ったほうが安いかな?」

と、わざわざ札幌などの都市部へでかけて、現物を見て買っていました。

地元の店で置いていないものは、都会で買うしかなかったのです。

今なら、なんでもネットで探して「ポチっ」と出来ます。

  • レビューを見て
  • 念入りに検討して
  • 安いところから

全国共通の値段で買えます。

航空券は窓口で

旅行好きですので、出かける時は旅館や飛行機の手配が必要です。

JRや飛行機のチケットは、旅行代理店の窓口へ行って「言い値」で買っていました。

今では考えられないような高いチケットだったなあ。

旅館やホテルは、雑誌を見て電話して予約していました。

そもそもハローワークやアパートも

移住するときには、アパートや仕事を事前に探しに来ました。

今ならば、ハローワークもアパートも、ネットでどれだけでも探せますよね。

私程度の知識でも、グーグルマップで探してストリートビューで見ることすら出来ます。

メールでやり取りも出来ず、すべて電話か対面しての交渉でした。

現在のインターネット事情

現在は、私の住んでいるところは光通信も使えますし、4Gの電波も来ているので、不便はありません。

インターネットに対する知識があれば、都会と田舎の差はほぼないでしょう。

おかげで私もこうやって、好きなブログを書けるわけです。

今、あなたのライフスタイルは?

さて、ここで最近のニュースを見ていて、思うことがあります。

今、あなたはどんな生活を送っていらっしゃいますか?

朝早く会社へ出勤し、夜遅く帰宅して、あとは、シャワー浴びてネットを見て、寝るだけのひとが多いと言います。

休日には時々は出かけるけど、たいていは住んでいるご近所で用事を済ませる。

もし、あなたが田舎暮らしを考えていて、そんな生活をしているのならば、迷うことはありません。

昔ほど田舎と都会の差はありません

「でも、田舎って不利なことがいろいろあるでしょう?」

昔からこう言われて、私は否定できませんでした。

病院などの老後のことは別にしても、たしかにそういう面はありました。

給料水準は低いですし、都会のような刺激はないですし。

でも、今は、違います。

世の中は変わりました。

給料について

以前は、たしかに田舎の給料水準は低かったです。

今も低いです。

変わってきたのは、都会の給料水準が下がってきたのです。

昔も今も、田舎で手取り15万円というのは当たり前でした。

都会では、そんなの大卒の初任給じゃないですか?

「一気に下る所得が、不安でしょうがない」

「でも、それには変えられないものがある」

と、みんな思い切って決断して一歩を踏み出していました。

ところが、慢性的な不景気や、貧富の格差拡大や、不正規雇用などの原因によって、都会の人たちの給料が下がってしまったのです。

うちのペンションに泊まりに来る人たちの話を聞いていて、

「おやっ?もしかして所得の差が少なくなってる?」

と気付きました。

もちろんまだ都会のほうが高いのですが、生活コストのことを考えると「余裕」は同じ程度だと感じます。

もう、田舎への移住を考えるのに、経済的なマイナスは考える時代じゃなくなったのです。

都会の刺激?

「でもさあ、都会ってやっぱりいろいろあるんだよね」

という人もいるでしょう。

どんどん新しいお店ができますし、コンサートやスポーツ等のイベントも豊富ですしね。

でも、それっていつも行くものですか?

私は年に数回、登山や旅行、スポーツ観戦や帰省などで北海道から出ます。

今はLCCのおかげで飛行機のチケットが安くなって、都会との往復は本当に安くなりました。

羽田と新千歳の飛行機は、往復1万円を切る時代ですからね。

平気で日帰りできてしまう距離感なんです。

普段は田舎に住んで、イベントのときだけ都会へ出かけていく。

少なくとも私達にはそれで十分だと感じています。

休日に、あなたが出かけて行く頻度を、考えてみたらいいと思います。

通勤とネットだけなら田舎のほうが幸せです

あなたの現在のライフスタイルが、

  • 毎日通勤で時間がつぶれ
  • 帰ったら平日はネットかテレビだけ
  • 休みに毎回出かけるかといえば、月に何度かだけ

という場合には、あなたは田舎に住んだほうがいいかもしれませんね。

今より給料は下がるけど、生活の余裕はあまり変わらないと思います。

家賃は安い、食べ物は安い、お金が減らない。

以前、東京からのリピーターさんがこう話していました。

「毎日残業したあと、24時間やってるジムで運動不足を解消して帰るんですが、残業代はジム代で消えてるから、いったい何をやっているのかわからない」

と嘆いていました。

田舎なら明るいうちに帰って、外でジョギング出来るのに。

昔と違って、移住によって失うものは減りました。

もはや、ただの選択であって、決断すらいらないレベルじゃないでしょうか。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応