【北海道移住の現実】花粉症やアレルギーが軽減されるというメリット




こんにちは、寝袋!です。

春になると、全国各地で花粉症のニュースを耳にします。

「そういえば・・・北海道に移住すると、花粉症がなくなった!」

という人が多いです。

本州の人が苦しめられる、

スギ花粉がない(少ない)

というのが、大きな要因だと思います。

北海道にはスギがない?

北海道には、自生しているスギはありません。

植林された人工林はありますが、次の図のように、道南のごく一部だけです。

実際にスギの花粉の量について、環境庁が行った調査の資料を見てください。

2007-2016の10年間のスギ花粉量

ケタ違いに少ないですね。

北海道に入った途端花粉症が止まる

北海道に来る旅行者が、よくおっしゃる言葉があります。

「千歳空港におりた途端、花粉症が止まった!」

私は花粉症になったことがないので、よくわかりません。

花粉症とは、そんなに敏感なものなのですね。

北海道にも花粉症はある

しかし、勘違いしないでほしいのは、

北海道にも花粉症はある

ということです。

本州のような、スギやヒノキの花粉症はありません

ですが、北海道の人は、シラカバやイネ科の花粉症になるようです。

道内のテレビでも、花粉症情報をよく放送しています。

北海道の花粉の時期を、表にしてみます。

ハンノキ、イチイ、シラカバ
イネ
ヨモギ

花粉症の人はあまり見かけません

では、実際に生活している実感を、お話します。

私の周りに、花粉症の人は、1人も知りません。

いないわけではないのでしょうが、目立ちません。

また、本州の人がよくおっしゃるような、ひどい症状は聞いたことがありません。

移住すると・・・

花粉症は、スギ花粉やヒノキ花粉に対して発症しても、違う植物に対して発症するとは言えないアレルギーです。

スギにはノックダウン寸前の人でも、シラカバにはまだ元気ハツラツという場合が多いのです。

もし私がずっと本州に住んでいたら、今頃はスギ花粉で花粉症になっていたかもしれません。

でも、その前に北海道に来た結果、スギにもヒノキにも、シラカバにもイネ科にも大丈夫です。

いまのところは、ですが。

まあ、

花粉症から逃げるために移住するような人はいない(?)

とは思います。

しかし、北海道への移住には、そういうメリットがあることを、お伝えしておきます。

北海道の生活にはストレスがあまりないので、花粉症に限らず、アレルギー全体に強いような気もします。

北海道に来て、アトピーが治ったという人もいますしね。

【北海道移住の現実】金なし職なし友もなしで移住した経験のすべて

2018年12月16日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応