【北海道移住の現実】医療過疎・・・病院が少ない




こんにちは、寝袋!です。

今回は、

北海道の田舎の病院

について書きます。

移住することを考える人は、ほとんどがまだ働き盛りで、独身もしくはこれから家庭を作っていく世代が、多いと思います。

私も20代で移住しました。

若いので病気にもならず、幸運にも移住後約20年、時々風邪をひく程度で、病院に行ったのは歯医者だけです。

みなさんも、最初は大丈夫でしょう。

ですが、子供は大人より病気になりますし、自分だって年をとっていくと、病院に行く機会も増えるでしょう。

そうなってからバタバタしないよう、北海道の田舎の病院の実態を知っておいてください。

田舎ではできない診察がある

私の住んでいる地域には、「幸運にも」総合病院が2軒あるし、個人の病院がいくつかあります。

内科、歯医者は毎日病院で診察を受けることができます。

だけど、他の医療に関しては、週に一日だけだったり、月に一日だけだったり、そもそも診療を受けることが出来ない科がたくさんあります。

ちょっと簡単に調べてみました。

総合病院と個人病院をあわせての診療日数です。

内科 ◯毎日 循環器科 △週1日
外科 △月2回 泌尿器科 △週1日
小児科 ◯週5日 整形外科 ◯後述。一応毎日
眼科 ×なし 脳神経外科 △2週に1日
皮膚科 ◯個人病院のみ 歯科 ◯多数あり

こんな感じです。総合病院があるので、そこそこカバーできてはいますが、大変なことがわかっていただけるかと思います。

実際のところ、こんな飛び飛びの診察日ではニーズに合わない病気の方もたくさんいます。

ですから、車で2時間ほどかけて、遠くの市へ通う人も多いです。

産婦人科がないところも多い

私の地域ではすでに産婦人科はありません。

子供ができると遠方へ通院し、状態を見て、いざ出産が近くなると、入院して出産に備えることになります。

お母さんもお父さんも、たいへんな苦労ですね。

これでは、ただでさえ少子化が進む世の中で、田舎では加速度的に進んでしまうのも、うなづけます。

整形外科? 接骨院?

整形外科といっても、接骨院と行われる治療が、たいして変わらない印象です。

レントゲン撮るところまではいいけど、あとは、マッサージをして湿布貼って、はい終わり。

肉体労働者が多い地域ですが、みんなそれならばと、接骨院や鍼灸院のほうを当てにしているのが現状です。

「病院行くより、〇〇先生の針のほうが効くべや」

っていう感じ。

いざ骨折だなんだの大怪我になっても、手術が出来ない病院が多いです。

そういう場合は、最初から都市部の病院へ向かいます。

基本的にレベルが低いと考えておく

私はあまり医療に詳しくないですが、相方(元看護師)に言わせると、

このあたりで信頼できる病院はない

のだそうだ。

田舎あるあるですが、急病で近所の総合病院に運んだはいいが、何も出来ず、そのまま救急車は折返して、遠方の病院まで走ります。

よく見る光景です。

「あ、また◯◯市送りだな」

お医者さんのレベルが低いのか、設備がないからなのか、よくわかりません。

いろいろな問題があるのでしょう。

お医者さんを責めるつもりはありません。

ただ、われわれ利用者の立場からすると、総合的に医療のレベルが低いと考えておくべきでしょう。

もし私が年をとったら

私が年齢を経て、もし病気を患ったらどうするか?

「田舎なんだから仕方がないこと」

と、あきらめる気持ちはあります。

「進みすぎた医療で、いたずらに長生きはしなくてもいい」

そう思っています。

ですが、家族が病気になった時に、同じ気持ちでいれるかというと、難しいですね。

移住を考えるときは、みなさんが描く家庭の未来像と照らし合わせて、考えてみてください。

【北海道移住の現実】金なし職なし友もなしで移住した経験のすべて

2018年12月16日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応