【これが北海道です】天然のクーラーと本物のプラネタリウム




こんにちは、寝袋!です。

北海道に移住するメリットで、とても基本的なことを忘れていました。

今ではもう慣れてしまって、当たり前になってしまっているのです。

北海道で生活すると、

涼しさ・湿度のなさ・美しい星空

が手に入ります。

とくに近年は、本州の暑さが異常ですから、ニュースを見るたびに、

「あんなところで、よく生きてるなあ」

「今本州に帰ったら、きっとすぐに倒れるね」

とよく話しています。

自分たちが忘れてしまっている、ありがたみを思い出す作業をかねて、書いていきます。

冷房が28℃? 暖房じゃないか!

本州では、節電のために、冷房を28℃に設定しているといいます。

家ではともかく、オフィスでのことでしょうか。

北海道では、28℃というと、暖房になることが多いです。

最近は北海道も気温が上がっていますが、それでも、30℃を越えるのは年に1週間ほどでしょうか。

まだ、冷房のない家がほとんどです。

「今日は暑いですね」

ただし、じゃあ北海道に住んでいる人間が暑さに困っていないかというと、そうではありません。

涼しい気候に慣れている体には、25℃ぐらいでも暑く感じるんですね、これが。

私は移住した年の夏は、25℃の夏が涼しくて、汗1つかかずに夏を越しました。

「北海道、涼しくて最高!」

と思っていましたが、一冬越して次の年の夏は、25℃が暑くてたまりませんでした。

人間、あっというまに順応してしまうんですね。

北海道の人にとっての30℃は、本州の人にとって40℃みたいなものです。

夕方、外で涼むということ

スーッと気温が下がっていく

「じゃあ、北海道に移住しても、涼しくはないんだね」

と思われるかもしれません。

ところが、全然違うんです。

空気が乾燥していて湿度が低いものですから、日影に入るととても涼しいのです。

また、北海道の30℃は日中の短い時間だけで、日が陰って夕方になると、途端に涼しくなるのです。

夕方、

「今日は暑かったねえ」

などと立ち話しながら、ゆっくりと時間を過ごします。

20年ほど前、自分が子供の頃は、本州でもそうでした。

クーラーなんて、お金持ちの家にしかありませんでしたからね。

そのころの日本の気候が、今の北海道の気候だと思います。

地域にもよりますが、私の場合は、夜になると長袖を着ないと肌寒いくらい冷え込みます。

これは星空じゃない、宇宙だ

家の前で

北海道の田舎は、街灯が少ないので、夜は真っ暗になることが多いです。

空に雲さえなければ、満天の星空が広がっています。

天の川が見えるのは当たり前。

流れ星は15分も待てば、見えて当たり前。(寒いのでTシャツでは無理)

星が多すぎて星座がわかりづらい。

人工衛星が見えるのは当たり前。(軌道により宇宙ステーションも見えます)

毎晩外に出れば、こんな宇宙ショーが見れるのですから、プラネタリウムにはまったく興味がなくなりました。

夜空をジーッと、ボーッと観ていると、時間を忘れてしまいます。

ペンションに来たお客さんたちと観ていると、みんな無言になります。

「そうでしょう、そうでしょう」

と、暗闇でニンマリするのです。

自然の恩恵をうけて生きる土地

高い建物がない田舎では、昼も夜も視界をさえぎられることがありません。

雨上がりの虹も、両端まで見えるような、そんな土地なのです。

アスファルトより土のほうが多くて、木々が多くて、緑が多い。

暖まった空気は大地に冷やされて、心地よい空気に変わります。

そのなかで、

なにもない大地を舞台に展開されるショーが、北海道の大きな魅力です。

これを贅沢と感じるかどうか、あなたはどうですか?

【北海道移住の現実】金なし職なし友もなしで移住した経験のすべて

2018年12月16日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応