【金言その8】汗で濡れてもいいけど雨で濡れるな!「全く違います」




こんにちは、寝袋!です。

登山経験を積んできて、今では登山のガイドをしている私ですが、

「初心者の頃の自分に、これを教えてあげたい」

と思うことがたくさんあります。

それらを、当時の私の気持ちを振り返りながら、まとめていきます。

今回は金言その8、

「雨で濡れるのと、汗で濡れるのは大違い」

というお話です。

私が初心者の頃

雨の日の登山はイヤですよね

濡れるのは一緒

よく登山者の方に、

「レインウェア着ると蒸れて汗で濡れるし、それなら着なくても一緒でしょ?」

「雨で濡れても、汗で濡れても同じ」

と言われます。

「バカヤローッ!」

と叱りつけたいところですが、そんなことしません。

だって、私もそう思っていた時がありましたから。

たしかに、レインウェアって透湿性があるのですが、山を登るとほぼ蒸れます。

蒸し暑く感じて、レインウェアの中は汗でびしょ濡れ。

「濡れるのを防ぐためなのに、意味ないよ!」

と思うのも、仕方がないのかもしれません。

私の経験「ある雨の日にレインウェアを脱いだ」

あの日は汗でびしょ濡れでした

ある初夏の頃、気温も高く風もなく、穏やかな日でした。

ただ1つ、天気は悪かったのです。

最初こそ順調だったのですが、1時間も歩かないうちに、想定より早く雨が降り出しました。

「濡れちゃ嫌だな」

と、早めの判断でレインウェアを着て、登山を続けました。

ところが、暖かいものですから、どんどん汗をかいてしまって、どんどん濡れてしまいました。

しかも、気持ち悪い!

「雨足は弱いし、レインウェア脱いだほうが濡れないな!」

と、バカな私はレインウェアを脱いでしまったのです。

レインウェアを脱いだ瞬間の、汗がスーッと冷えていくのが、とても気持ちよかったです。

「やっぱり!絶対こっちのほうが気持ちいい」

と元気に登っていったのです。

しかし、それは長くは続きませんでした。

大したことのない雨なのに、私の体がどんどん冷えていったのを感じたのです。

「うわっ寒いかも。レインウェア着たほうがいいな」

そう思ってレインウェアを着たのですが、じつはもう遅かったのです。

レインウェアを着ても、冷たく濡れたウェアは冷たいままで、寒気を感じるほどでした。

止まると寒いので、ガツガツ登っていくうちに、寒気はなくなりました。

私は愚かでしたが、体力はまだあったので熱を生み出せて、助かりました。

私があとで気付いたこと

濡れるのは一緒だけど

体験して初めてわかったことがあります。

雨でも汗でも、濡れるのは同じですが、1つ大きく違うことがあるのです。

みなさん、おわかりになりますか?

それは、

『気温は体温より低く、雨は気温よりさらに低い』

ということです。

汗(水蒸気)は自分の体から出るものですから、最初は体温に近いのです。

そのまま濡れたままで、汗が冷えてしまうのはもちろんいけません。

冷たくなった汗で体が冷やされ、ゾクゾクッと寒さを感じてしまいます。

いわゆる「汗冷え」というものですね。

雨はダイレクトに体温を奪います

それに対して、空から降ってくる雨は、最初から冷たいのです。

体にあたった瞬間から、熱を奪っていきます。

ですから、雨に直接当たるのはダメなんですね。

「暖かいシャワーを浴びて、体を拭かず湯冷めする」

のと、

「冷水シャワーを浴び続ける」

のとの違いです。

私たちは、一般生活では当たり前のように知っていることなんです。

それなのに、山ではどうして間違っっちゃうんでしょう?

こういう人がいると説得力がない?

トレイルランナーは?
山岳レースを見たことありますか?

あの人達は、すごい運動量をキープしますから、汗の量も多いです。しかし、雨が降るとみんなレインウェア着てますよね?

そういうことです。

私は比較的短い登山で失敗して、経験できました。

それ以来、雨が降ってレインウェアを着ないことは、絶対にありません。

私はラッキーだったと思います。

登山ガイドからのアドバイス

もし興味があれば、一度登山用のウェアを着て、雨の中で立ってみて下さい。

もちろん、「平地で」ですよ。

雨粒は、信じられないくらい直接的に、肌に当たるのを感じるでしょう。

普通の衣服のように、ジワーッと濡れてくるのではないのです。

雨粒は、登山用の高機能素材のウェアを、素通りしてきます。

「まるで裸で立っているみたい」

で驚くと思います。

蒸し暑いのに、レインウェアを着るのは苦痛です。

誰でもそうです。

みんなその不快さに耐えて、頑張っているんです。

「雨が降ったらレインウェア」

この基本を忘れずにいてください。

私のように失敗した時、もし高い山の上だったら、後悔しても遅いことになりかねません。

夏でも長袖を着るべき理由に繋がります

登山と熱との関係は、この記事でも書いています。

レインウェア着てても、どんどん熱が奪われる場合があるのです。

暑い夏の登山でも長袖がおすすめな理由【半袖?重ね着?】

2019年5月4日

こちらもどうぞ

かなりの登山経験を積んだ今になって、初心者の頃を振り返って思います。

「あの頃、これを知っていたら・・・」

登山について、お金も時間も無駄にしてきた私ですが、

「これから誰かの役に立てば、無駄じゃなかった」

と思えます。

初心者・初級者が同じ思いをしないために、恥を捨てて書きまくります。

全記事の目次はこちらです。

最初から読んでみてください。

お役に立てれば幸いです。

【登山ガイドから初心者へ】あなたの登山運命を分けるアドバイス一覧

2019年10月15日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応