【金言その1】隠しても登山の実力はバレてます!初心者らしくていい




こんにちは、寝袋!です。

登山経験を積んできて、今では登山のガイドをしている私ですが、

「初心者の頃の自分に、これを教えてあげたい」

と思うことがたくさんあります。

それらを、当時の私の気持ちを振り返りながら、まとめていきます。

まずは金言その1、

「どうせバレるし、初心者は初心者らしくてOKですよ」

というお話です。

私が初心者の頃

へんなプライド?

成人になって、初めて山に登ったときのことを思い出します。

子供の頃に、簡単な北アルプスの山をいくつか登った経験がありました。

それが余計なプライドになってしまったのか、どこか、周囲の目を気にして登っていました。

「子供の頃に高い山に登ったことあるんだし、下手なところは見せられない」

「でも、正直言って山のことはよくわからないけどね」

スポーツ店で買い揃えた運動ウェアで身を固めて、

一応はそれっぽい装備

を不器用に背負っていました。

覚えたての知識

入門書で知った知識を思い出しつつ、

「ゆっくりと歩くんだよな?」

「えっと、小股でジグザグに?」

というような感じでした。

きっと頼りなく、フラフラと歩いていたと思います。

それなのに、誰かと出会うと、息も絶え絶えの呼吸を抑えつつ、

「こんにちは!」

と、さも平気そうに挨拶していました。

さらに、例えば、初めて来る山のくせに、

「今日はきれいに見えてますね」

「今日は、◯◯(登山口の名)から入りました。」

などと、

「ここには、何度か来ているんですよ?」

という雰囲気を、装っていました。

恥ずかしい話ですが、ハリボテ野郎です。

誰もお前のことなんか知らんがな!

私があとで気付いたこと

でもですね、当時の私のような初心者が、どれだけ背伸びしても、

周囲から見ればバレバレ

なんですよ。

だって、今の私は、初心者が、

  • どんな格好をしていたって
  • どんなこと言ってたって

「この人は初心者だな」ってすぐにわかりますもの。

ザックの背負い方、歩き方、雰囲気、などなど。

なんとなーくわかるんです。

登山ガイドからのアドバイス

そんなことなら、どうして私は、

「私、山登り初めてなんです」

って言えなかったんだろう?

「素直に初心者らしく、楽しめばよかった・・・」

そう思います。

わからないことは聞いて、教えてもらえばよかったのに。

これは、私の性格にもよりますので、すべての初心者に当てはまることではないと思います。

私と同じことしてる人、いませんか?

あなたがどれだけベテランを装おうとしても、絶対にバレてます!

「初心者が、なんか知らないけど格好つけてる」

「おまえ、絶対知ったかぶりだろ!」

と思われていた自分、なんて恥ずかしいんでしょう。

これはその後、登山用品店で装備を買うときも同じでした。

例えば、

「日帰り用登山には、このザックはどうですか?」

って店員さんに聞けず、一人で、

「ああでもない、こうでもない」

と考えていたようなものです。

バカの考え、休むに似たりです。

初心者は、初心者らしく素直に行動すること。

余計なプライドは持たずに、わからないことは何でも聞くこと。

登山に限りませんが、これが結局、お金と時間を無駄にしない、上達への近道なんです。

こちらもどうぞ

かなりの登山経験を積んだ今になって、初心者の頃を振り返って思います。

「あの頃、これを知っていたら・・・」

登山について、お金も時間も無駄にしてきた私ですが、

「これから誰かの役に立てば、無駄じゃなかった」

と思えます。

初心者・初級者が同じ思いをしないために、恥を捨てて書きまくります。

全記事の目次はこちらです。

最初から読んでみてください。

お役に立てれば幸いです。

【登山ガイドから初心者へ】あなたの登山運命を分けるアドバイス一覧

2019年10月15日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応