金言その9「条件が悪いときには別世界です」いつもの山に登れる?




こんにちは、寝袋!です。

登山経験を積んできて、今では登山のガイドをしている私ですが、

「初心者の頃の自分に、これを教えてあげたい」

と思うことがたくさんあります。

それらを、当時の私の気持ちを振り返りながら、まとめていきます。

今回は金言その9、

「条件の悪いときは、別世界ですよ」

というお話です。

私が初心者の頃

山行前のドキドキ

みなさん、山へ行くときは、お休みの前から楽しみですよね?

仕事をしながらも、頭のどこかで週末の登山のことを考えていませんか?

私はそうでした。

「あの山ってどんなところなのかな?」

「景色良いって聞くし、花もちょうど良さそう」

そんなことばかり考えて、部屋にはもう準備もバッチリ、あとは食料と水を詰め込むだけ!

毎日毎日、それも何度も何度も、週間天気予報をみて一喜一憂していました。

「さっき予報見たばかり」

なのに、

「違う予報サイトではどうかな?」

という、落ち着きのない時間を過ごしていました。

当日の天気は運次第

そうやって迎えた当日、天気は「曇り時々雨」の予報でした。

「とりあえず行ってみる。無理はしないつもりだけど・・・」

と、登山口に向かいました。

当時の私は、

「雨の日に登りたくはないけど、せっかくの休日がパーになるのはもっとイヤ」

と思っていました。

そこは、以前にも2回登ったことのある山で、

「勝手知ったる」

という安心感もありましたしね。

これがあの山?

ところが、登り始めてすぐに、さっきまでの力強さはどこへやら。

  • 最初から着込んでスタートしたレインウェアが気持ち悪い
  • レイングローブ持ってなかったから、手がかじかむ
  • メガネに水滴がつくけど、拭くものがない
  • カメラは防水じゃなくて、撮影できない
  • そもそもそんな気分でもない
  • 装備全体が濡れて重い
  • 登山用のハットが濡れて、頬を垂れた雨で体が濡れる
  • 寒い
  • 地面がグチャグチャで登山靴が汚れる
  • 滑る
  • ビニール袋に入れてた携帯が、ビニールに溜まった水で水没

今でも覚えています。

「登ったことあるし、山頂行かなくていいな」

という捨て台詞(負け惜しみ)を残して、私は途中で帰ったのでした。

「家でゆっくりしてればよかった・・・」

私があとで気付いたこと

ステップアップ

それまでの私は、少しずつ高い山、長いルートへとステップアップしていたと思います。

けっこう「晴れ男」でしたので、雨で登山中止することは、1、2回だったと記憶しています。

「このレインウェア、雨降らないから最強のレインウェアだわ」

などと、登山者には定番のような会話をしていたくらいです。

ステップアップ?

どうやら私は、

「条件の良いときだけ登って、その山を登った気になってた」

だけだったようでした。

山はちょっとずつステップアップしてても、技術も経験もたいして変わっていなかったことに気づいたのです。

「条件の良いときだけ登るなら、1,000mだろうが2,000mだろうが、たいして変わらん!」

そう怒られた気分でした。

同じ山でも、晴れた日もあれば雨の日もあります。

風の強さ、寒さや暑さも違うでしょう。

「自分って、雨の日のこの山も登れない程度だったんだな」

と、悔しかったです。

「あの山なんて、もう登ったけど、簡単だよ」

なんて友達に自慢気に話していたのが、恥ずかしかったですね。

登山ガイドからのアドバイス

「オレ、絶対に晴れた日にしか登らないから、それでもいいけどな」

なんて言う人もいるかもしれません。

でも、予言しますが、いつかは雨や風にさらされる日がやってきます。

「山の天気は変わりやすい」

って言いますが、ほんとうに、そうなんですよ。

そもそも、泊まり登山をするようになったら、そんなこと言ってられませんし。

登山者は、どこかで一度は、条件の悪い登山を経験したほうがいいです。

あまり危険じゃない、低い山で、それを味わうのがオススメ(?)です。

早めがいいんです。

晴れた日にいくつも山を登るより、ずっと多くの経験が出来ますし、そのぶん成長できますよ。

他人事だから言いますが、

「雨の日を選んで、あえて登山してもいいくらい」

ですよ。

一番危険におちいるのは、

良い条件の山しか知らずにステップアップした山で、いきなり悪条件に見舞われる

ことです。

まさにダブルパンチ!

くらったときには辛いですよ~。

まあ、わざわざ雨の日を待つことはしなくても、

「今日は天気悪いけど、ちょっと勉強するつもりで登ってみようかな?」

という気持ちは、持っていたほうがいいかもしれませんね。

こちらもどうぞ

かなりの登山経験を積んだ今になって、初心者の頃を振り返って思います。

「あの頃、これを知っていたら・・・」

登山について、お金も時間も無駄にしてきた私ですが、

「これから誰かの役に立てば、無駄じゃなかった」

と思えます。

初心者・初級者が同じ思いをしないために、恥を捨てて書きまくります。

全記事の目次はこちらです。

最初から読んでみてください。

お役に立てれば幸いです。

【登山ガイドから初心者へ】あなたの登山運命を分けるアドバイス一覧

2019年10月15日






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。