【遭難しないために】安全に対する基本的な考えの間違い




こんにちは、寝袋!です。

「登山では安全に気をつけて」

などと言いますが、はたしてどれくらいの登山者が、安全に山に登っていると言えるでしょうか?

私? 私自身は「まだまだ」だと思います。

そして、自分は安全だと自己評価を下している人の大半が、

「安全ではない」

と私は思っています。

登山者が、安全に山を歩けない理由をお教えしましょう。

あなたは安全な登山者ですか?

まず、考えていただきたいのは、

「あなたは、自分を安全な登山者だと思いますか?」

ということです。

私は、さっきも書いたように、

「まだまだ」

だと思っています。

そう考える理由を、具体的に思い出せる例で書いてみます。

例①ある雪渓

高度差150m~200mほどか

春の北海道で、テント場から縦走路に上がるために、雪渓を登り始めました。

前日、同じ雪渓を下ったときは、午後の暖かい空気で雪はザクザクに腐っていました。

高度差と傾斜はありましたが、もし転んでもすぐに止まりそうだったので、プレッシャーもなく、アイゼンも付けずに簡単に降りることができました。

ところが、この早朝の雪渓は、再凍結してツルッツルに固くなっていました。

登りはじめてすぐに、

「おっ、昨日とは違うな!」

と気づきましたが、そのまま登り続けてしまいました。

高さが上がるにつれて、振り返る高度が恐ろしくなりました。

「もし転んだら、一気に下まで滑り落ちる」

と、一歩一歩慎重に歩を進めました。

その時点で、ザックを下ろせばザックが、座れば自分が、滑り落ちてしまうので、アイゼンを付けることも難しい状況に追い込まれていたのです。

写真のように、スプーンカット(デコボコ)があるので、ストックを頼りになんとか登りきりました。

例②剱岳の鎖場

カニのタテバイ

北アルプスの剱岳で、難所として有名なカニのタテバイでのことです。

難所と言っても、鎖やボルトが設置されているので、慎重に進めばさほど難しいことはありません。

私は一応ハーネスを付けていましたが、確保(鎖にカラビナを通す簡易的な確保)もせず、普通に登っていきました。

実際、ここでそういう対応をするのは、山岳ガイドに率いられているツアー客だけでしょう。

一般的には、誰も確保なんてしません。

例③ある雪渓その2

あの人は、止められるだろうか?

ある山で、これから登っていく雪渓を見ると、ちょうど雪渓を誰かが登っているところでした。

写真で伝わるかわかりませんが、写真の人がいる場所はやや緩い傾斜ですが、そこから下は傾斜は増していきます。

下を見ても空しか見えない感じです。

もし滑落してしまえば、300m下の岩稜帯まで止まらないでしょう。

あとでこの人と会いましたが、この人も私も、アイゼンもピッケルも不携行でした。

「雪渓ヤバイですね」

と話しましたが、結論は、

「慎重に降りなければ・・・」

程度でした。

「慎重にいけば大丈夫」

と思っていました。

実際、緊張はしましたが、問題はありませんでした。

例④滝の高巻き(「愛山渓村雨の滝」滑落死亡事故発生)

私が通過した時

大雪山北部、愛山渓上部の滝

まだ雪渓が残る時期、滝を高巻く場所がありました。

進行ルートは、下の赤矢印のようになります。

進行ルート

夏道は雪渓で隠れているうえに、斜面は崩落していて、いやらしい場所でした。

私はアイゼンもピッケルも持っていました。

しかし、下草や木の根を手がかりに、なんとか突破しました。

もし滑ると、横の滝の滝壺にドボンする、緊張する場所でした。

滑落事故発生

じつはその後、ここを通過しようとした夫婦がいらっしゃったようです。

ご主人はなんとか通過したのですが、奥様が滑落し、滝壺に落ちたのです。

ご主人は自分では救助できず、救助を要請したのですが、残念ながら奥様はお亡くなりになっていたということです。

さらに、救助に向かった消防隊員も、滑落してケガをされたそうです。

事故について

報告書

報道

少しネットで調べてみると、この事故のことについて、googleマップなどで地形を見て、

「滑落すると数十m落ちるような滝」などと、知らないで書いてある記事ばかりでした。

実際は、写真のように、ほんの数mのトラバースなのです。

そういうところでこそ、事故は起きるのです。

それを聞いたとき、私は、

「ああ、あそこは行っちゃダメ!」

と思ったと同時に、

「自分も一歩間違えば・・・」

とも思いました。

簡単だから安全?

いくつか例を見てきましたが、みなさんはどう思いましたか?

「いやいや、あれくらいの雪渓なら大丈夫でしょ?」

「タテバイで確保なんて、いらないいらない(笑)」

と思う人が多いのではと思います。

私も、そう思いました。

でも、その時点で、あなた(私も)は、

安全な登山者ではないっ!

ということに、気づくべきなのです。

落ちる人なんてめったにいない・・・けど

登れるかどうかではなく、止められるかどうか

雪渓や難所を、

「登れるかどうか」

で判断しては、いけません。

もし、そこで滑ったり落ちたりしたときに、

「止められるかどうか」

で判断するべきだと、私は思います。

止めるっ!

100発100中?

なぜなら、100回中99回成功するような『上手いあなた』でも、1回は失敗するからです。

失敗していないのは、まだ回数をこなしていないからです。

100回目か、1,000回目かわかりませんが、いつか「そのとき」は来ます。

そのとき、

死なないのが『安全な登山者』であり、

死ぬのが私たち『安全でない登山者』です。

邪魔をする要素

例①では、私はアイゼンを持っていました。

登り始めですぐに戻り、アイゼンを付けてピッケルを持てばよかったのです。

例②では、ハーネスを付けているのだから、自己確保すればよかったのです。

例③では、装備はありませんでしたから、登るのを止めるか、ハイマツ帯を藪こいで行けるか試すべきだったのです。

例④では、ピッケルを使えばよかったのです。

どうして、それが出来ないのでしょう?

考えられる原因はいくつかあります。

みんなが行っている

たとえば誰かが先に行っていた場合です。

その人がアイゼンもピッケルも出していないのだから、なくても行けるはずだという考えです。

恥ずかしい

同じように、他の誰かが居た時に、

「ここでピッケル出したら、下手だと思われる。恥ずかしい」

という考えもありますね。

アイゼン使う人≪アイゼン使わなくても行ける人

という、間違った認識が、誰の心にも多少はあります。

面倒だ

どうすればいいのかわかっているのに、正解がわかっているのに、

「面倒だ!」

と、強行突破してしまうことがよくあります。

(本人が考える)危険度が微妙なラインだったり、短い区間だけだったりすると、とくにこういう考えになります。

反論! 登山には危険はつきものだ!

なかには、

「バカヤロウ! 登山は挑戦なんだよ。安全なだけが全てじゃないだろ!」

と反論する方もいらっしゃるかもしれません。

いや、ごもっともです。

多くのアルピニストが、偉大なチャレンジに命をかけてきました。

安全第一では達成できないことも、たくさんあったでしょう。

でも、あなたは違います。

「あなたがする程度のチャレンジは、登山界ではなんの意味もない」

ことを知るべきです。

安全を無視してやるほどのチャレンジは、あなたの周りにはありません。

(すみません、偉そうに)

最後に・・・上級者ほど慎重で丁寧です

この人は上級者?

どうでしょうか?

私たちは、安全に山を登る装備を持っていて、使いこなす知識と技術も持っています。

それなのに、

なぜか、全力を尽くさない

のです。

ここで使わなくて、いったいどこで使うというのでしょう?

登山者って変わった人種ですね。

私は、

  1. 登れるかどうかで判断せず
  2. 万が一、失敗した時に止められるかどうかで判断し
  3. 準備できることをやったうえで、

山を登っていける人だけが、安全な登山者だと思います。

言い方を変えれば、

「手抜きしないで山に登れる人」

が安全な登山者ではないでしょうか?

(まともな)山岳ガイドは、じつは、そういうレベルに達している人が多いです。

なぜなら、自分より遥かにミスを犯しやすい人を、安全に通過させる技術と、それを淡々とこなしていく油断のない心を持っているからです。

「おいおい、山岳ガイド! こんなところで、モタモタとロープ出してるんじゃねえよ!」

と思うことがありますよね。

私もよく思いますもの(笑)

でも、逆に考えれば、みんながロープを出す安全意識レベルに到達すれば、そんなこと思わないようになるのかもしれませんね。

それはともかく、私は安全な登山者になるべく、頑張っていきます。

あなたもぜひ、頑張ってください。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応