【事故分析】小屋で見送った単独登山者が遭難死。なぜ?




こんにちは、寝袋!です。

2015年7月7日、トムラウシ山で単独行の男性が遭難死する事故がありました。

あの2009年のトムラウシ大量遭難事故と同じ状況、同じルートでの遭難事故です。

人数が1名というためなのか、たくさんの山岳遭難事故の1つとして、さほど大きなニュースにもなりませんでした。

その時たまたま、私の知り合い(単独行×2名)が、付近に居合わせました。

  1. ヒサゴ沼避難小屋で同泊し、遭難者を見送った人
  2. 同日、トムラウシ近くの三川台という場所でテント泊で停滞していた人

です。

私はお二人から、詳細な状況を聞くことが出来るという、貴重な経験ができました。

そこで、まとめてお伝えすることで、登山者の教訓になればと考えました。

なぜ、遭難者は嵐の中、強行したのでしょうか?

周りから見た出発前の遭難者の様子は、どうだったのでしょうか?

遭難時の気象状況

2015年7月7日は、日本の南の方に次々と台風が近づいていました。

同時に3つの台風が接近中と、ニュースになっていたのです。

北海道も低気圧に覆われ、天気予報では、5日の時点ですでに、

7日は大荒れ

という予報が出ていたようです。

遭難事故周辺の地図

周辺の事情がわからない人のために、地図を作ってみました。

遭難者は、大雪山方面から縦走してきて、7月6日、ヒサゴ沼避難小屋に宿泊しました。

7日は、トムラウシ山を登頂し、そのまま下山する予定でした。

参考のためにコースタイムを説明しますと、

ヒサゴ沼→トムラウシ 3時間
トムラウシ→トムラウシ温泉 5時間

という感じです。

補足
トムラウシ山頂からトムラウシ温泉までは、下山でも登り返しが多く、しかも長いために時間がかかります。

縦走の場合、通常の登山口である短縮登山口ではだめで、1時間ほど長くなります。

遭難事故の朝、ヒサゴ沼で

7月6日、ヒサゴ沼避難小屋には、8組13名が宿泊していました。

夜半から強い雨と風でした。

強行する組、停滞する組がありましたが、トムラウシ方面への強行組は、4組でした。

4組とは、単独の遭難者1名、中年夫婦2名、若者2名、学生3名、でした。

小屋内は和やかなムードで、遭難者は68歳でしたので、同宿者からは「おじいさん」と呼ばれていたそうです。

遭難者は、宿の予約(おそらくトムラウシ温泉登山口の東大雪荘)と、飛行機の予約を気にしていました。

しかし、天気が悪いために、強行するかどうか決めかねていたようです。

遭難者が強行を決意

ヒサゴ沼から西を見る。西からの風に対して尾根に守られている

しかし、遭難者とよく話していた学生3名が、強行することを決定。

さらに、2組4名も同じく強行することにしたということです。

引っ張られるようにして、遭難者もまた強行することになったのです。

驚くべきことに、半分以上の13名中8名が、トムラウシへ強行するという異常事態です。

停滞することを決めていた知人Aさんは、みんなに停滞を呼びかけていました。

ところが聞き入れられず、

「ヒサゴ沼は西からの風が防がれているのに、この風です。稜線に出て、ひどかったらすぐに引き返したほうがいい」

と最後に忠告をしたのでした。

補足
最後に出発していった若者2名は、稜線に出てあまりの嵐(アラレまじりの暴風)に、即刻引き返しました。

また、中年夫婦2名は、無事にトムラウシ山頂を往復したものの、全身びしょ濡れで帰ってきました。

トムラウシ手前ロックガーデンにて

ロックガーデン

ヒサゴ沼からトムラウシへ向かうと、山頂のある2000m台地の手前に、ロックガーデンがあります。

岩がゴロゴロと積み重なったところで、最後の大きな登りです。

中年夫婦2名は、山頂からの帰りに、ここで遭難者とすれ違ったそうです。

トムラウシ山頂手前、北沼にて

トムラウシ山頂から北沼

私の調査では、さまざまな憶測の情報がありました。

ですから、遭難者がトムラウシ山を登頂した(下山を断念しヒサゴ沼へ引き返す)のか、その手前だったのかは断言できません。

遭難者は、トムラウシ山頂手前の北沼で動けなくなっているところを、トムラウシからヒサゴ沼に向かおうとしていた2人組に発見されました。

動けるかどうか聞いたが動けないと言われ、2人組と遭難者はビバークしたそうです。

ビバーク中、お亡くなりに

このビバークが、テントを使ったものだったのかどうかは不明です。

その方たちのお話が聞ければいいのですが、残念ながら術がありません。

遭難者は朝まで会話も出来たようですが、やがて意識を失い、お亡くなりになったようです。

7月8日の朝

その日のテント。凍ってます

さて、この7月8日という日は、「嵐の後の静けさ」の例えのように、快晴無風の穏やかな日でした。

しかし、明け方までは異様に冷え込んだ日だったのです。

知人Bさんは、トムラウシ山頂から近いテント場(三川台)で、前日から停滞していました。

朝になると、前日からの雨でテントがバリバリに凍りつき「ジッパーが開けられなかった」と苦労話を聞かせてくれました。

地面に染み込んだ雨が、5cmほどの高さの霜柱となって立ち上がり、まるで雪が降ったみたいだったそうです。

この日の気温は、前日と比べて15℃以上冷え、平地でも一桁でした。

標高2,000mでは、氷点下に近かっただろうと思われます。

遭難者が、夜の間頑張れたのに、明け方にお亡くなりになったのも、うなづけます。

乾いた衣服で、テント内であれば、寝袋も食糧もあったはずなので、低体温で死ぬまではなかっただろうと思いますが・・・。

いずれかの条件が欠けていたのでしょう。

事後の動きは複雑で追えず

実はこの遭難事故は、あまり大きくは報道されませんでした。

調べても、ほとんど情報が見つけられませんでした。

私が調べてわかった限りでも、

「通報しなければ」

と動いている人が数人いて、一体誰が最初に救助要請したのかすらわかりません。

補足
一緒にビバークして頑張った2人組も、その場では通報できなかったので、その後の時間関係が不明なのです。

南沼でテント泊していた単独登山者の可能性もありますし、ビバークしていた2人組がすれ違った、4人組の可能性もあります。

携帯電波の届く場所に最初にたどり着いた「誰か」が、通報したことになります。

この遭難の考察

あらためて、この遭難がなぜ起きてしまったのか、考えてみます。

宿・飛行機の予約が頭に

遭難者は、宿と飛行機の予約があるからと気にしていました。

宿と飛行機にキャンセル料金を取られても、命には変えられないでしょうに。

また、当然下山したら家族へ連絡入れることになっていたはずです。

ですから、1日遅れることで、心配を掛けることを恐れたのかも知れません。

そもそも、この遭難者の計画には、予備日が存在しないことがわかります。

1日予備日があれば・・・と思わずにはいられません。

他の強行者の存在「みんなが行くなら」

迷っているところに、強行する人たちが出現します。

「自分も行こうかな?」

という気持ちが芽生えても、おかしくないのです。

実際、学生3名は無事に下山できていますし、中年夫婦2名はとりあえずはトムラウシ往復を果たしています。

それらの判断が正しかったのかどうかは別問題として、とりあえず遭難者が間違ったのは、

他人ではなく、自分の実力で行けるのかどうか

という判断です。

おそらくこのコースは初経験で、判断材料もなかったでしょう。

「みんなが行くのなら、自分も頑張れば行けるだろう」

くらいしか、思っていなかったのでしょう。

あと、唯一ヒサゴ沼に引き返した若者2名が、遭難者より先に歩いていたら、遭難者も引き返したかもしれません。

後続の人たちが引き返したことも知らず、遭難者は前に進み続けたのです。

ヤバイと思ったらもうアウト

登山家の竹内洋岳さんが、登山のことを、

「息を止めて、深海に潜るようなもの。山頂でゴールじゃなくて、下山するまで息がもたないとダメ」

と話しています。

ギリギリまで行って、ヤバイと思った時点でもうアウトなのです。

今回、遭難者は、どこの時点で「ヤバイ」と思ったのでしょうか?

「このまま行ったらヤバイな・・・」

と、なるべく早く気づけるかどうかが、運命の分かれ目なのでしょうね。

その点で、強行したものの、稜線ですぐに撤退してきた若者2名は、よい判断が出来たと言えます。

追加情報(2019年11月追記)

現場付近で停滞していた読者の方から、貴重な追加情報を頂きました。

こちらでご紹介させていただきました。

2015年トムラウシ遭難事故の追加情報「私もそこにいました」

最後に

たまたま知人2名が居合わせた関係で、この遭難事故を調べることになりました。

調べるうちにわかってきたことは、2009年のトムラウシ大量遭難事故での教訓が、生かされなかったということです。

まったく同じコース、時期、天候にも関わらず、判断を誤ってしまいました。

ここで、お亡くなりになった遭難者の、間違いを責めることには、意味はありません。

大切なのは、自分が(そしてあなたが)、「同じ状況で果たしてどうするか?」を考えることにあるのです。

予備日がなく、宿と飛行機の予約をしてしまった状態で、同じようにヒサゴ沼に泊まっていたら・・・

一緒に泊まっていた人たちが、次々と強行して出発していったら・・・

ちゃんと停滞できるでしょうか?

稜線に出て状態を確認するまでで、我慢できるでしょうか?

行けるところまで行ってみようと、考えはしないでしょうか?

この遭難者の「おじいさん」が、特別愚かだったわけじゃないのです。

誰でも同じ運命をたどった可能性が、あると思います。

体力、日程、お金、気分・・・

何かがほんの少し違っただけで、だれでも運命は変わってしまうもの。

私達は、それを、強い意志で跳ね除けなくてはいけません。

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。