【初心者におすすめ】最初に買うべきコッフェルの選び方




こんにちは、寝袋!です。

山登りを始めてしばらくすると、山の上で火を使い、暖かいご飯を食べたくなってきます。

他の人がお湯を沸かしてラーメン作ったり、ウインナーなどを焼いているのを見ると、めちゃくちゃ美味しそうです。

自分が食べているオニギリが、なんだか貧相にみえてしまいます。

「よし、今度は私もお湯を沸かすぞ!」

山の上での料理をしてみたくなったら、ガスストーブはもちろん必要ですが、もうひとつ、

コッフェル(=クッカー、鍋のことです)

も必要になります。

たかが鍋ですが、選ぶのにはいろいろコツが必要です。

大きさ、形、材質、一つ一つ分けて考えていけば、自然にあなたに合ったコッフェルが手元に来るでしょう。

あなたの「愛用のコッフェル」となるわけです。

大きさを決めよう

コッフェルの大きさを決めるには、2つの要素があります。

私のコッフェル群

形も大きさもいろいろ試しました。

使う人数

1人で使うのか、2人以上で使うのか?

それによって、選ぶ大きさが変わってきます。

「大は小を兼ねる」

かというとそうではありません。

大きいものはかさばりますし、例えばラーメンなども食べにくくなってしまいます。

最初に買うのは、せいぜい、2人用までにしておきましょう。

1人用なら500~600ml、2人用なら900~1,200mlがいいと思います。

ガス缶のおさまり

ガス缶すっぽり

コッフェルの中は空洞でデッドスペースなので、持ち運ぶ時は中に何かを詰めるのが便利です。

一般的には、ストーブ・箸・スプーン・ライターなど、調理に関係するものを入れます。

特に、ガス缶はかさばるので、ガス缶が中にすっぽり収まるといいです。

ただし
こだわりすぎる必要はありません。

調理関係の小物をコッフェルの中に入れて、ガス缶は外でも問題はありません。

材質を選ぼう

コッフェルの材質は、アルミ、チタン、ステンレスの3種類があります。

登山で使う場合、アルミかチタンから選びましょう。

ステンレスは重いですから。

アルミの特徴

長所

  • 安い
  • いろいろな調理に使えます
  • 凹むけど、壊れにくい

短所

  • チタンよりは重い

チタンの特徴

長所

  • 軽い
  • 肉薄なのでコンパクト

短所

  • 高い
  • 熱伝導率が悪く、焦げやすい(焼くことに向かない)
  • 薄くて穴があく場合がある
焦げにくい加工
チタンの焦げやすい欠点を補うために、さまざまな表面加工を施したものがあります。

「チタンなのに焦げにくい!」等々。

しかし、メーカーの宣伝文句ほど、現状では欠点は解消されていないので、ご注意を。

チタンのフライパンはすぐに焦げるし、変形します

調理方法で決めよう

ずばり、

『焼く調理もするならアルミ製、お湯沸かすだけならチタン製』

で選びましょう。

お湯を沸かすだけでも、アルミ製を選んでも問題はありません。

深型? 浅型?

コッフェルには、

  • 直径が細めで深いタイプ(深型)
  • 直径が太めで浅いタイプ(浅型)

があります。

長所 短所
深型 細めでコンパクト 箸やスプーンですくいにくい
浅型 食べやすい コンパクト性では劣る

好みで選んでもらって結構です。

私は浅型のほうが使いやすいです。

深型でカレーメシ。手が汚れる~

深型でラーメン。すくいにくい~。

アルミ製コッフェルおすすめ

最初に買うのは1人用がいいと思います。

ここでは、1人用コッフェルのおすすめを書いてみます。

チタン製コッフェルおすすめ3種

同じく、1人用のおすすめです。

ソロセット 極

ソロ専用のミニマムなセットです。昔あったアルミ製(ソロセット焚)はなくなってしまったのかな?

チタンULクッカー1

私は最終的に、これに行き着きました。

600mlの大きさが、ラーメンやカレーメシ、アルファ米、すべてにちょうどよいです。

【ソロ登山に最適な浅型】エバニュー・ウルトラライトチタンクッカー1

2019年3月1日
チタンULクッカー深型

これは上の深型タイプです。容量は同じで約600mlです。

小さい(110)サイズのガス缶がピッタリと収まります。

フライパンも便利です

炒める料理にはフライパン

コッフェルでも(アルミ製ならば)簡単な焼き料理も可能です。

しかし、やはり本職のフライパンには敵いません。

兼用するとお湯も汚れますし。

フライパンなら、絶対アルミ製を選びましょう。

アルミフライパン

最後に

コッフェルは消耗品ではないですし、なかなか壊れません。

むしろ、使い込んでいくにしたがって、焦げや凹みや傷が、いいアクセントになってきます。

性能が大きく進化するわけではないので、買い替えはなかなかしません。

サイズ違いで、買い増しはありますけどね。

ですから、選び方を知って、慎重に選べば、最初で最後のクッカーの可能性もあります。

いいクッカーとは、あなたの用途に合ったものです。

いいクッカーを選んで、ぜひ、山で使ってみてください。

暖かい食べ物は、山の上ではこれ以上ないごちそうですよ!

初心者向け登山ガイド 全記事まとめ

2019年1月1日

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。