私が好きな山の言葉「山々に山がすべてであらねども・・・」




こんにちは、寝袋!です。

みなさんは、どうして山登りを始めましたか?

そして、山登りのどういうところに魅せられますか?

美しい景色、達成感、体力作り、仲間、ひまつぶし・・・理由は人それぞれ、無限にありますよね。

私は、ロマンです。

山にロマンを感じるから、登りたいし、登っている人を知りたいし、山の世界の端くれでありたいんです。

そして、そのロマンを盛り上げてくれる1つが、「言葉」です。

山に関わった人たちが残した言葉が大好きです。

自分の心を奮い立たせ、気持ちよくさせ、支えてくれる言葉を紹介していきたいと思います。

今回は、ある高校生の谷川岳一ノ倉沢遭難事故にまつわる言葉です。

「山々に山がすべてであらねども・・・」

山々に 山がすべてで あらねども

すべてをかけて 悔ゆることなし

来てみれば 聞きしにまさる一ノ倉

若き命を 永遠(とわ)につつみて

この言葉の背景

昔、クライマーの聖地谷川岳で、ある高校生クライマーが滑落死しました。

そのご両親が、現場を訪れて残した詩です。

谷川岳
世界で1番遭難者を出している、ギネスにも載っている魔の山。

すべての8,000m峰の死者数を足しても637人なのに、谷川岳だけで805人というから驚きです。(2012年まで。wikiより)

一般登山、ロッククライミング、スキー、幅広い登山者に愛される山です。

この言葉との出会い

私は山好きの両親の部屋で、この言葉が書かれた置物をみつけました。

山小屋風のお土産品で、そこに書かれていたのですが、当時小学生だった私の心に、なぜか印象に残ったのでした。

書かれていたのは前半の部分だけでしたが、まだ山にも登っていないのに、

「なんだか、山登りって格好いいなあ。燃えるなあ」

と感じたんです。

それからずっと覚えていたのですが、あとになって、この言葉の由来を知ったわけです。

前半部分しか知らないときは、

「世の中には山以外にも、いいものはたくさんある。でも、すべてをかけても、悔いはないくらい素晴らしいものだ」

と理解していました。

そして、この言葉を歌ったのは、登山者だと思っていたのです。

そういうふうに読めますよね?

しかし、後半を知った時、私は大げさでなく衝撃をうけました。

しかも、歌った人は、死んだ登山者の父親だったのです。

「登山者を見守る立場で、しかも親が、息子を奪った山に対してこういう詩を読めるのか!」

ほんとうに心が震えましたね。

とても山を理解し、息子さんを理解されていたのだなと感動しました。

寝袋!
ロマンは感じるけど、山で死んじゃダメですよ






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。