ネパールトレッキングに行くと必ず聞く言葉「ビスターリ」




こんにちは、寝袋!です。

私は日本人ですが、ネパールの人がよく口にする言葉「ビスターリ」が大好きです。

エベレスト街道など、ネパールに行くと必ずといっていいほど耳にするでしょう。

ビスターリの意味はシンプルですが、さすが山とともに行きているネパールの言葉です。

山登りを深く理解した、魂の言葉だと私は思います。

山はビスターリ、ビスターリね

ネパールへトレッキングなどで訪れると、シェルパなどに言われます。

ネパールの挨拶「ナマステ」の次くらいかな? とにかくよく耳にします。

彼らは日本語も少し出来るので、

「○○さん、山はビスターリね」

などと言われます。

ネパール語では、『बिस्तारी』と書きます。

ちなみにナマステは、『नमस्कार』ですが、まったく読めませんね

意味は「ゆっくりと」ですが

「ビスターリ」の意味は、日本語で「ゆっくり・のんびり」です。

つまり、

「山はゆっくりと行きましょう」

という意味ですね。

ネパールでは、ついつい次の景色、山頂、先を急ぎたがる外国人に、ガイドさんが優しく導く言葉です。

ネパール特有の生き様

ところが、日本人が山で「ゆっくり」と言うのと、ネパールの人が「ビスターリ」というのとは、雰囲気が違うんですよ。

そのあたり、私の考えを少し書かせてください。

わたしたち日本人には、「日本人にしかない感覚」、「日本人の生き方や生活様式から来る感覚」ってあるじゃないですか。

たとえば「わび・さび」です。

わび・さび
質素で静かなことのなかに、美を感じる感覚のこと。「わび・さび」を表す外国語はないそうです。

外国の方も、日本独自の「わび・さび」を理解してくれますし、美しい・いいものだと言ってくれます。

でも、外国の方が「this is わび・さび」と言って見せるものって、なんか違いますよね。

「ん? これじゃない」

とね。

同じように、日本人が「ゆっくり行こうよ」と言っても、もともと忙しい生活を送っていますから、なんだか無理があります。

「ゆっくり行くぞ!」と意識しないと、ゆっくりできないというのかなあ?

実際はつねに遅れていないか心配だったり、帰りの電車時間が頭の片隅にあったり・・・そんな感覚はありませんか?

ネパールの「ビスターリ」は、生き様から来る本当の「ゆっくり」なので、耳にする私たちの心に染み込んできますし、響くんですよ。

体から自然に力が抜けて、ホワ~ンとする感じ。

やさしい言葉です。

「ああ、これは『ゆっくり』じゃない、『ビスターリ』なんだな」

シェルパの登山感覚

ネパールの人々は、8000mをこえる山々のふもとで生活しています。

私達が最高でも富士山しかない国で、観光客にも登れそうな山しか知らないのに比べ、彼らは山の偉大さ・自然の偉大さを知っています。

「人間が焦ったって、登れるときは登れるし、登れないときは登れないのが山」

だから、無理しないんです。

「ベストを尽くすことと、結果は別だ」って、根っこの方で生まれつき理解しているかのようです。

「人事を尽くして天命を待つ」

というのでしょうか、泰然自若とした態度です。

日本人が急いだり焦ったりするのは、

「無理すれば登れるかも」

という程度にしか、山を理解していないからだと私は思うんです。

こういう山登りはいかが?

こう書いてきましたが、私も日本人ですし、しかもどちらかというと「せっかち」です。

だからこそ、計画するときから、実際に山を歩くときまで、

「ビスターリ、ビスターリ」

と自分に言い聞かせなければダメなんです。

昔は、コースタイムでなら3日で歩くところを、

「ここをちょっと頑張れば、2日で行けるんじゃない?」

などと、ついつい詰め込んで登山計画を立てていました。

そして、前しか見えず、ただ頑張って歩いて、残るのは達成感のようなものだけ。

「次はもっとゆっくり歩きたいな」

なんて言いますが、それなら最初からゆっくり行けばいいじゃないですか。

もったいないことをしていたと思います。

今、私が登山計画を立てるときは、

「プラス1日」

で計画を立てるようにしています。

4泊5日の縦走コースなら、5泊6日で計画を立てて、そこにさらに予備日を1日加えます。

そうすると、山で好きなところで休めますし、ゆとりが出るんですよ。

「今日はこの先まで行く予定だったけど、すごくキレイだから、ここでテント張っちゃおうかな?」

なんてね。

行けるコースは少なくなりますが、結果的にそのほうが満足感高いものなんですよ。

私は山の先輩に言われたことがあります。

「『あそこまで行かなきゃ』と思って歩いちゃいけないよ。『行きたいところまで歩いて寝ればいい』と思うように」

当時は、

「そんなこと言うけど、無限に日数があるわけじゃないぞ・・・?」

と不満でしたが、今思えば、それこそ「ビスターリ」の精神かもしれません。

「山はビスターリ、ビスターリね」

私は自分に言い聞かせながら、山を楽しんでいます。

いつか、言い聞かせなくても、自然に体に刻みつけたいと思う、そういうリズムです。

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。