「雨を感じられる人間」ボブマーリーの言葉は山にも通じる




こんにちは、寝袋!です。

私が好きな山に関する言葉を紹介していますが、今回紹介するのはレゲエ歌手ボブ・マーリーの言葉です。

「ぜんぜんジャンルが違うじゃん」

と思うかもしれません。

でも、レゲエ歌手の感性から生み出されたこの言葉は、山登りにも通じるものがあるのです。

ボブ・マーリーの名言の一つとして有名ですが、登山者には縁遠い言葉なので、ぜひ知って欲しいです。

「山を楽しめる人と、楽しめない人」

私のような凡人が言うと、その程度の表現しかできませんが、彼が言うとこうなるんです。

あなたはどちらの人間ですか?

レゲエ歌手ボブ・マーリーの言葉

Some people feel the rain. Others just get wet. (Bob Marley)

雨を感じられる人間もいれば、ただ濡れるだけの奴らもいる。

ボブ・マーリーについて

レゲエの神さま

ボブ・マーリーはジャマイカの音楽(レゲエ)を世界に広げた先駆者です。

1945年生まれですが、36歳という若さでこの世を去りました。

「世界で一番売れた歌手の1人」として有名で、7,500万枚の売上を記録しています。

この言葉との出会い

私はレゲエ音楽には接する機会がなく、ボブ・マーリーも、

「名前は知ってるけど聴いたことはない」

という感じでした。

しかし、ふとしたきっかけで『ボブ・マーリーのレコード鑑賞会』というイベントに参加してみたのです。

進行役の人が、曲の背景や歌詞の意味などを簡単に解説しながら、初心者向けに紹介してくれました。

私のようなド素人向けのイベントだったのです。

私はこの歌詞を紹介されたとき、

「これは、生活すべてに通じる言葉だ! 山登りにも!」

と一気に好きになってしまったのでした。

『雨を感じられる人間もいれば、ただ濡れるだけの奴らもいる』

山登りで、同じ日に同じコースを歩いているのに、楽しそうな人とつまらなさそうな人がいます。

みなさんもそういう人たちを両方知ってるはずです。

そりゃー誰だって、山に登るときは天気が良くて景色も抜群な日が好きでしょう。

私もそうです。

でも、仕方がなくその雨の中に飛び出していくと、案外その良さに気づくものなんです。

雨に濡れた花やコケの艶っぽさもそうですし、ブナ林なんかは雨のなか、しかも霧が立ち込めたほうが美しいです。

また、下山後に思い出すとき、案外、辛い雨の日の登山がいい思い出として、いつまでも思い出されるものです。

こういう気持ちで山を歩きたい

なにも雨とか晴れとかだけではありません。

たとえば、紅葉の時期の山歩きでもよく聞く言葉があります。

「今年の紅葉はイマイチだね」

「あそこのほうがもっとキレイだったよ」

とかですね。

「ベスト」を求める気持ちしかないと、「それ以外」がつまらなくなってしまう。

「去年とは違う、今年の紅葉を楽しむ」

という気持ちを持っている人は、きっと雨でも楽しそうに景色を見れる人。

雨でも風でもガスってても、いつでも山を楽しみたい。

つい、うつむきがちになる自分の顔を上げて、自分に言い聞かせて歩いています。

「自分は今、雨を感じているか?」

とね。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。