【山と登山道】携帯電波が通じるか詳しく調べる方法【3キャリア別】




こんにちは、寝袋!です。

みなさん、スマホや携帯電話は山に持っていきますか?

今回は、

山で携帯電波が通じる場所を、事前に調べる方法

についてお話します。

やっぱり都市部とは違って、山は大自然の中ですから、

電波がないところがたくさんある

のは忘れてはいけません。

しかも、「槍ヶ岳はOKで、奥穂高岳はNG」など、そんな簡単なものでもありません。

同じ山でも通じる場所と通じない場所がある

からです。

「あれ?さっきまで電波あったのに、ここはダメみたい」

という経験、きっとあるでしょう?

  1. 山へ行く前に
  2. 全国の山の登山道で
  3. 携帯電話各社ごとに
  4. 詳しく

調べる方法があります。

簡単ですから、山へ行く前に調べて、地図にマーカーしておくと便利ですよ。

電波を探してウロウロしなくてよくなります。

山へ行く前に簡単に調べられます

山名だけでは物足りない

上でも書きましたが、

【槍ヶ岳は携帯電波通じます】

なんて書いてあっても、なんにも役には立ちません。

見晴らしの良い山頂では通じても、谷筋に入ると通じない場所はたくさんあるものです。

登山道の部分ごとにわかります

私たち登山者が知りたいのは、

「登山道のどこが通じて、どこが通じないか」

ですよね?

素晴らしいことに、携帯電話3キャリアとも、そういう情報を公開してくれています。

3キャリアすべてOKです

3キャリアとも、各社HPで情報を公開していますが、どこにその情報があるかは違います。

詳しくは後述しますが、会社ごとに情報の細かさも違いますしね。

次に、各社ごとの具体的な調べる手順を書いていきます。

みなさんお使いのキャリアに応じて、見てください。

ドコモ(docomo)の電波状況を調べる方法

まずはドコモのHPを開きましょう。

【商品・サービス】というところにマウスを持っていくと、メニューが開きます。

その中から、【通信・エリア】というのをクリックしましょう。

この画面を下の方へ見ていくと・・・

【登山道でも「つながる」をめざして】というのがあるので、クリックします。

ドコモがいかに山へ取り組んでいるかが説明してあります。

下の方へ行くと・・・

【携帯電話がご利用いただける登山道】というところがありますので、クリックします。

ここで、地域や山の名前を選択すると、詳細な地図が出てきます。

たとえば北海道の大雪山周辺を開いてみました。

「利用可能」「一部利用可能」「利用不可」と色分けされています。

とてもわかりやすいと思います。

ソフトバンク(softbank)の電波状況を調べる方法

ソフトバンクのHPを開いて、【スマートフォン・携帯電話】をクリックします。

4つのメニューのうち【サービスエリア】をクリックします。

ドコモのHPよりもイラストが多くて、直感的にわかりやすい作りです。

いきなり日本地図が出てきて、地域ごとの電波状況を調べることができます。

しかし、ここは平地用ですので、このページの下の方を見ていくと・・・

【登山道マップ】というのがありますので、【詳細をみる】をクリックしましょう。

このようなページが開きますので、下の方に移動します。

ここで、地域と山名を選択すると、横にyahoo地図が開きます。

「利用可能」な場所だけが色付けされています。

ドコモの地図(上記参照・同じ山域です)と比べると、

書いていない登山道が多い

です。

これでは、「電波が通じない」のか、「調査対象外」なのかすらわかりません。

うーん、やはりソフトバンクは山では役に立たないのでしょうか?

すくなくとも、このページを見る限り、やる気は感じられませんね。

auの電波状況を調べる方法

auのHPを開いて、下の方へ移動しましょう。

【スマートフォン・携帯電話】の項目をクリックします。

上部のメニューのなかに、【エリア】とありますので、クリックします。

開いたページの下の方に移動していくと、【登山道】という項目がありますので、クリックしてください。

地域と山名を選択すると、詳細な地図が出ます。

ドコモと同じく、「利用可能」「一部利用可能」「利用不可」で分けられています。

地図も地形図で、3社のなかでは一番見やすい印象です。

同じく北海道大雪山周辺を拡大してみます。

とても細かく書き込んであります。

auとドコモは、情報の細かさは同じレベルですね。

山での携帯電波まとめ

みなさん、お使いのキャリアで試してみましたか?

やや注意する必要があるのは、ソフトバンクです。

ソフトバンクは、「利用可能」なところだけ書かれているので、

「電波が通じないのか、調査対象でないのかがわからない」

という重大な欠点があります。

「利用可能」ではないところは「利用不可」と考えておくべきでしょう。

今回サンプルにした北海道大雪山系だけを見ると、電波の広さは、

ドコモ>au>ソフトバンク

でした。

ただ、これは地域や山によって違うかもしれませんし、比較することはこの記事の目的ではありません。

ただ「登山道での携帯電波の状況を調べる」という意味で、HPの出来の良さを比較するならば、

au>ドコモ>>ソフトバンク

ということはお伝えしておきましょう。

大切なのは、

  • あなたが使っている携帯電話が
  • 登山道のどこで使えて
  • どこで使えないか
  • 事前に調べて知っておく

ことです。

緊急時の連絡はもちろん、天気予報などの情報も

「電波があってこそ」

です。

電波を探してウロウロするようなハメに、ならないようにしてください。

いざという時、そこから一番近い場所がすぐわかると、どこへ向かえばいいか判断できますよ。

各社の登山道電波情報リンク

面倒な人は、直接こちらのリンクでどうぞ。

一度ページの場所を探ったほうが、いいと思いますが。

 

 






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応