レインウェアで冬山行ったらダメですか?ハードシェルとの違い解説




こんにちは、寝袋!です。

冬山のシーズン、みなさん楽しんでますか?

冬には厳しさもありますが、他の季節とは違う美しさ、楽しさがあります。

「夏山にはまったから、そのまま冬山へも行くぞ!」

と、これからステップアップを考えている人もいるでしょう。

さて、ときどき、

「冬山にレインウェアで行ったらダメなの?」

とアドバイスを求められることがあります。

私なりの経験と意見を伝えるのですが、一度まとめて書いてみようと思いました。

レインウェアと冬用ハードシェルとの違いを写真で説明していきます。

なぜレインウェアで済ませたいのか?

そもそも、どうして冬用のハードシェルを買わないで、

「レインウェアで代用できないか?」

と考えるのでしょう?

答えは一つ。

「お高いから!」

比較的安価なモンベルでさえ、レインウェアが2万円以下なのに対し、ハードシェルは3万~4万円もします。

ほとんどの人が、夏山シーズンのほうがたくさん山へ行くと思います。

それより少ない機会しかない冬山専用に、

「高い装備を買い足すのは、なんだかもったいない」

と考えるのではないでしょうか?

しかも、冬山を始める時には「アイゼンだピッケルだ」と、いろいろと他の道具にお金がかかります。

ケチりたい気持ちはよくわかります。

なぜなら、私も初めの頃はレインウェアで行ってたからです。

トレースありのハイウェイ

違いを見ていこう

レインウェアの雄 ストームクルーザー

今回は、モンベルのハードシェルとレインウェアを題材に、違いを見ていきます。

ハードシェルはダイナアクションパーカ、レインウェアはストームクルーザーです。

生地の厚み

冬用ハードシェルは、その名の通り分厚くて頑丈な生地を使っています。

冬山ではピッケルやアイゼンなど、尖った金属製の道具を使用します。

私のような間抜けじゃなくても、ぶつけたり擦ったりはよくあることなのです。

ハイマツに引っ掛けただけで破れるような、最近の軽量レインウェアでは、とても耐えられません。

ハードシェルは、触ればわかりますが、とてもゴワゴワしています。

いかにも頑丈な生地です。

ダイナアクションパーカ ストームクルーザー
生地厚さ 40デニール(袖30デニール) 20デニール

(デニールとは生地の厚さの単位です)

滑りの違い

左がハードシェル

両方の生地を、人差し指で擦ってみると違いがわかります。

ハードシェルはシャラシャラ感がなくて、指が滑りにくいです。

これは、雪面でいざ滑落した場合、加速を抑えるようになっているのです。

あと、雪がくっつきにくくなっています。

作りが大きい

冬山では、極力手袋を外さないように行動しなければいけません。

とくに風が吹いているときは、素手をさらした途端にあっという間に、かじかんでしまうのです。

だから、手袋を付けたまま、いろいろな作業をこなす必要があります。

ところが、素手だと簡単なことが、手袋だと難しいことがけっこうあります。

そのため、各部の作りが大きくて、操作しやすいようになっているのです。

袖のベルクロ

フードの調整部

スノースカート

冬用ハードシェルにはスノースカートというものが付いています。

ウェアの内側、裾から少し上に、体をグルリと囲むように付いています。

雪や風が裾から入り込んで、体を冷やしてしまうことを防いでくれます。

体に密着するように調整できる

ほんの少しの幅しか無いんですが

ピットジップ

レインウェアは、雨が降った時に取り出して着ることが多いものです。

対して、ハードシェルは着たまま行動する時間が長いウェアです。

冬山はただでさえ運動量が多くて暑くなるのに、ゴアテックスとはいえ、それではヒートアップしてしまいます。

そこで、すばやく換気できるよう、脇腹にジッパーが付いていて開けることが出来るようになっています。

脇から腰にかけて

一昔前のレインウェアにも付いているものがありましたが、冬用ハードシェルでは今でも現役の機能です。

ハーネス着用

冬山ではハーネスを利用する場合があります。

そこで、ロープの脱着などがしやすいように、ダブルジッパーで下から開けられるようになっています。

そして、間違って開放されないように、ボタンも付いています。

ダブルジッパー

その他

冬用ハードシェルの襟元は高く、口を楽に覆ってしまいます。

これはなるべく顔を冷たい風から守るためです。

ところが、呼吸でサングラスやゴーグルが曇ってしまうこともあります。

そこで、口元に下向きに換気口が設けられているものもあります。

外からの風は防いで中の呼気を出す

まあ、それでもたいてい口元は濡れ、凍ってしまうことが多いのですけれど。

フリース生地

部分的にフリース生地を当ててあるところがあります。

冬は冷たい生地が肌に当たると、寒いですからね。

重い

生地も厚いし、いろいろな付属品が多いとなれば、冬用ハードシェルは当然重いです。

ダイナアクションパーカ ストームクルーザー
重さ 382g 257g

ダイナアクションパーカはかなり軽量なモデルですが、一般的には500~600gほどのものが多い印象です。

ただし、レインウェアと違うのは「着ている時間が長い」ことです。

着ているものの重さって、あまり感じないですよね?

全体的に

私が「軽量化の鬼」だと思っているモンベルでさえ、冬用ハードシェルについては

機能>>軽量化

のスタンスは崩していません。

レインウェア業界が、むやみやたらに軽量化しているのと対象的です。

質実剛健で堅実なものが、冬山のような厳しいシーンでは、信頼されるのです。

「レインウェアで行ってますけど?」

ある店員の言葉

ここで最初の質問に戻ります。

「レインウェアで冬山行ったらダメですか?」

実はこの質問は、私が冬山へ始めて行く頃に、店員さんにぶつけたことがありました。

その店員さん、北海道某大学山岳部出身で、

「あまり大きな声では言いたくないですが、大学山岳部当時、みんなレインウェアで行ってました。お金なかったし」

「ザック背負えば、ウエストベルトを閉めるのでスノースカートもいらないし」

と、自分の経験を教えてくれました。

当時の私は、

「ほらほら、売りたいはずの店員が言うんだから間違いない。冬用ハードシェルって商売のために作ってるんだ!

と、世界の謎を一つ解明したかのように喜びました。

それからずっと、私はレインウェアで冬山を楽しむことになりました。

「店員が言ったあの言葉は絶対真実」

と、素人は信じていたんですね。

美しい岩場

ネットの言葉

今回、ちょっと気になって、この記事を書く前に、いろいろネットで調べてみました。

すると、

「レインウェアでも大丈夫♡ 吹雪かれると厳しいけど」

などという言葉があふれていて、愕然としました。

その人が嘘つきだと言うのではありません。

その人は、その人なりの経験にもとづいて、真実を語っているのでしょう。

(しかし悲しいことに、知ったかぶりで書いているとわかる記事も多かったです)

でも、それを読んだ、昔の私のような素人は、どう思うでしょうか?

私が店員の言葉を、永遠の真実と受け止めたように、

「オレ、吹雪いたらすぐ撤退するし、レインウェアでいいな!」

と考えてしまうのではないでしょうか。

はっきり言って、安易なことを書いているその人は、冬山の怖さを知りません。

一瞬で真っ白に包まれて、暴風で身動きできなくなる変化を、その人は知らないのです。

その程度の人が、自らの浅い経験だけで断言している怖さ。

あの店員が私に言いたかったのは、

「あなたごときが行くという冬山程度では、きっとまだレインウェアで大丈夫です。すぐにヤメたらもったいないし。もし冬山を続けていたら、そのうち必要になる時がきますから、その時買ってください」

という、優しいアドバイスだったのだと思っています。

初心者のころに行った山で

結論

あなたが冬山をずっと続けていくのなら、近い将来、ハードシェルは必要になります。

最初はレインウェアで、冬山歩きの雰囲気を楽しみに行ってもいいでしょう。

ですが、そのうち、経験が教えてくれるはずです。

「これは次の山はこのままじゃヤバイな」

とか、

「もっと高い山へ行きたいから、ハードシェル買ってもいいな」

と。

どんな経験があなたをそう考えさせるかはわかりませんが、きっとそういう時はきます。

あなたが冬山を長い間楽しんでいくつもりならば、最初から買っておくのもいい手だと思います。

ここで書いた通り、頑丈な衣類ですから、長持ちしますし。

誰が書いているかもわからない、ネットの安易な意見を、頭から信じることはしないでください。(これもそうですが)

お互いに、安全に楽しみましょう。

冬山は楽しみもいっぱい

選ぶ時のアドバイス

ハードシェルを買う場合に、一つだけアドバイスをさせていただくと、

「中綿は不要」

です。

ハードシェルは、あくまでもシェルとしての機能だけを持っていてくれたほうが、中の衣類で調整が効くからです。

「温かい必要なんてない」

のです。

ではでは~。

メンズ・トリオレット・ジャケット Classic Navy
山でのあらゆるアクティビティーに対応する機能満載の多用途型シェル。リサイクル表面素材を使用し、吹雪や豪雨や強風のコンディションで防水性/透湿性が持続する3層構造のゴアテックスファブリクスを採用
パタゴニア公式サイト
パタゴニア製品は、公式サイト以外では取り扱いが少なくなっています。

パタゴニア

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応